なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


811

画家  初代広重 (1ひろしげ )

< b.1797 - d.1858 >   
PgUp 開催中 『生誕220年 広重展』 − 雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく −
2018(平成30)年7月27日[金] 〜 2018(平成30)年8月26日[]
会場:石川県立美術館
地域:石川・金沢市
歌川広重(1797〜1858)は、葛飾北斎とともに風景版画家として幕末浮世絵を支えました。37歳頃に刊行した保永堂版「東海道五拾三次之内」が大人気となり、その後は生涯を通じて風景版画を描き続けました。居ながらにして旅の気分を味わうことのできる街道絵、各地の名所を描く名所絵と、彼の描き出す風景は多岐にわたります。しかし、広重の場合は、単に名所絵を描くのではなく、季節、天候、時間帯などさまざまに組み合わせた設定をすることによって、行ったことのない場所の魅力が倍増されます。「雪の蒲原」「雨の庄野」などはその典型的な作例です。今回の展覧会は、広重の生誕220年にあたり、代表作の保永堂版「東海道五拾三次」全作品のほか、江戸や全国各地の名所絵など、主要な版画約150点を展示します。また、ゴッホが模写したことでも有名な『江戸名所百景』の「亀戸梅屋敷」や「大橋あたけの夕立」など西洋絵画にも影響を与えた4点や、『六十余州名所図会』から北陸地方を描いた作品4点も特別に展示し、繊細な自然描写やユーモラスな人物描写など、なつかしい日本の原風景の情趣を描き出してやまない広重作品の魅力を紹介します。
巡回
2017/10/07 〜 2017/11/26 芦屋市立美術博物館
2018/07/27 〜 2018/08/26 石川県立美術館
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/





- 画家 初代広重  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on