なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


11

画家  青柳 喜兵衛(あおやぎ きひょうえ)

< b.1904 - d.1938 >   
PgUp 開催中 『没後80年 青柳喜兵衛とその時代』 
2018(平成30)年9月15日[土] 〜 2018(平成30)年11月11日[]
会場:北九州市立美術館 本館
地域:福岡・北九州市
青柳喜兵衛(1904-38)は博多に生まれ、大正末期から昭和初期にかけて活躍した洋画家です。帝展をはじめ槐樹社、旺玄社で作品を発表し、その画風は牧野虎雄、吉村芳松ら官展系作家の影響が見られますが、一方で、玉葱や蓮根などの野菜や郷土玩具などをモチーフにした作品には、軽妙酒脱ともいうべき青柳の個性が早くから表れています。第1回新文展で無鑑査となるなど、若くして高い評価を受けましたが、1938年、34歳で早世しました。洋画のほか、夢野久作の新聞小説『犬神博士』挿絵をはじめ、火野葦平、劉寒吉、原田種夫ら九州の文士たちとの交流から生まれた多くの装丁・挿絵は、青柳の画業の大きな一角を占めています。代表作《天翔ける神々》(1937年、北九州市立美術館蔵)をはじめ、挿絵なども含む、青柳の多彩な画業の全容が明らかとなるのは本展が初となります。青柳と、彼と交流した作家たちの作品をあわせた約200点から、戦前の九州で芸術、文学を横断して花開いた文化の一端をご紹介します。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://kmma.jp/





- 画家 青柳喜兵衛  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on