なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


11

画家  土方 稲嶺(ひじかた とうれい)

< b.1741 - d.1807 >   
PgUp 開催中 『鳥取画壇の祖 土方稲嶺』 − 明月来タリテ相照ラス −
2018(平成30)年10月6日[土] 〜 2018(平成30)年11月11日[]
会場:鳥取県立博物館
地域:鳥取・鳥取市
江戸時代中期に鳥取に生まれた土方稲嶺(1741〜 1807)。彼は鳥取藩の家老である荒尾家の家臣の家に生まれましたが、職を辞し、江戸に出て画を宋紫石(そうしせき)に学びました。のちに円山応挙(まるやまおうきょ)や伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)ら多くの画家がひしめく京都に活動の場を移し、南蘋(なんぴん)派の画家として活躍。晩年には鳥取藩絵師として召し抱えられ、鳥取と江戸を行き来しながら鳥取藩の画事に携わりました。細緻で濃密な花鳥画はもとより、大画面構成を得意とした稲嶺は、多数の屏風のほか京都や和歌山、兵庫の寺社の襖絵を手がけています。また、西洋的な陰影を取り入れた人物図や水中表現には、稲嶺の真に迫ろうとする努力の痕跡がうかがわれ、その迫真的かつ奇妙な描写は、現代のわたしたちの眼にも大変新鮮に映ります。本展では、稲嶺の名品とともに、2016年度に御寄贈いただき修復を終えたばかりの和歌山県興国寺伝米の障壁画38面を、書院の空間を再現して初公開いたします。書を読むのを好み、作画にあたっては部屋を閉め切り香を焚いて臨んだという逸話や、唐の詩人・王維の漢詩から「深林人不知明月来相照」の一節を取った遊印からもうかがえるように、文人気質であった稲嶺。彼の作品に通底する、燻し銀のような奥深い魅力を、どうぞごゆっくりとご堪能ください。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://www.pref.tottori.lg.jp/museum/





- 画家 土方稲嶺  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on