なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


322

画家  Georges Rouault(ジョルジュ ルオー)

< b.1871 - d.1958 >   
PgUp 予 告 『ルオーと日本展』 − 響き合う芸術と魂 交流の百年 −
2020(令和2)年4月11日[土] 〜 2020(令和2)年6月23日[火]
会場:パナソニック汐留美術館
地域:東京・汐留
20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。およそ100年前、パリでルオーの作品に衝撃を受けた梅原龍三郎は、1921年にルオーの《裸婦》を購入して帰国します。以後、ルオーの作品はたて続けに日本に紹介され、その力強い線や輝くような絵肌は、日本の洋画界に少なからず影響を与えました。一方ルオーは、1929年にコレクター福島繁太郎のパリの家を自ら訪問し、福島の家で制作に励むなど、日本の芸術家らと親交を結びました。本展は、こうしたルオーと日本との物語性豊かな接点に注目しつつ、日本で称賛されてきたルオーの油彩画、水彩画、版画と梅原龍三郎や松本竣介、三岸好太郎など近代洋画を代表する画家による選りすぐりの作品を展覧しながら、ルオーが日本の洋画史に果たした役割や我が国におけるルオーの評価の特異性を浮き彫りにします。さらに、白隠慧鶴や富岡鉄斎の書画、そしてルオーの後の世代の作家や現代作家の作品も展示し、そうした作品との共鳴に、時代や芸術ジャンルを越えるルオーの芸術の普遍性を考えます。日本をキーワードに、国内外から出品される約80点の作品と関連資料を通して、ルオー芸術の新たな側面に迫ります。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://panasonic.co.jp/ls/museum/

PgUp 開催中 『ルオーとシャガール』 − めくるめく挿絵本の旅へ −
2020(令和2)年1月5日[] 〜 2020(令和2)年3月1日[]
会場:国際版画美術館
地域:東京・町田市
ルオーは、聖書や文学作品、市井の貧しい人々をテーマとした画家です。カトリックの信仰に根ざした彼の作品は力強く重厚なマチエールが特徴的で、内省的な雰囲気を帯びています。一方、帝政ロシア領ヴィテブスク(現ベラルーシ)出身のシャガールの作品は、外国人画家としてのアイデンティティを感じさせます。作中にはしばしば故郷の風景が描かれ、時にはイディッシュ語(東欧のユダヤ人が使用する言語)の慣用表現もひそかに取り入れられています。ふたりの境遇は全く異なりますが、ともに版画では、心の中にあった世界を表現しているようです。本展に出品されている版画の多くは、画商で出版者のアンブロワーズ・ヴォラール(1866-1939)のもとで制作されています。1917年に彼と専属契約を結んだルオーは、『ミセレーレ』、『流れる星のサーカス』をはじめとする本の挿絵を数多く制作します。また1920年代前半、政治的動乱に巻き込まれフランスを長く離れていたシャガールを見いだし、『死せる魂』の刊行を手がけたのもヴォラールでした。本展では、シャガールの『死せる魂』、ルオーの『流れる星のサーカス』を中心に、約40点の挿絵を展示します。エッチングの細やかな線刻やアクアチントの味わいぶかい色調で表されたバリエーション豊かな版画を通じて、ふたりの画家が作品に込めた思いを読み取っていただければ幸いです。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://hanga-museum.jp/





- 画家 ジョルジュ・ルオー  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on