なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


111

彫刻家  長 重之(ちょう しげゆき)

< b.1935 -     >   
PgUp 開催中 『長重之展』 − 渡良瀬川、福猿橋の土手 −
2018(平成30)年9月15日[土] 〜 2018(平成30)年11月4日[]
会場:足利市立美術館
地域:栃木・足利市
長重之(1935- )は東京・日暮里に生まれ、9歳の時に父親の実家である足利・梁田に疎開、以来ここを拠点に活躍する美術家です。長は約70年に及ぶその美術制作を「地図を描いてきた」と総括します。「渡良瀬川、福猿橋の土手」とは、長のアトリエ付近を示し、彼の地図の起点であり、水準点でもあります。足利に戻った翌年、図案家・工芸家の父・長安右衛門が病没、わずか10歳の長が家督を相続、さらに敗戦・新憲法下、農地解放によって広大な土地の滅失という衝撃的な体験をします。高校入学、美術部に入り油絵を描き始めますが、同時に地元の前衛絵画グループ「VAN」に加わり大いに美術の刺激を受け、モダンアートに開眼しました。卒業後、ガス会社で働き、過酷な労働環境の中、左翼運動や実存主義などの西洋哲学にも触れ、肉体を通して自らの内的世界を探求、その頃の自画像が《火夫》の連作です。その後精神科病院の作業療法士助手として働き、人間の精神の神秘に惹かれ「異常と正常、その境界」を体験的に学び、思索もより先鋭化し後の作品に昇華されることになります。33歳、巨大化した綿布製の《ピック・ポケット》を東京の画廊で発表、鮮烈な画壇デビューを果たしました。その翌年、美術家として生きていく決意表明でもある記念すべきイベント「ロードワーク〈 KO,KO〉」を実施、測量し記録する行為を美術表現に加えます。築250年という自宅母屋の解体を記録《原野》、その廃材をインスタレーションする「点展」「複合展」。そして43歳、代表作となる《視床》を発表、「視る、計る、記す」長の地図制作手法を集大成したといえる同シリーズによって評価を確立しました。本展は、1章 渡良瀬川 美術家の誕生、2章 福猿橋 反絵画の起点、3章 土手の向こう側 時空の旅、として、長の初期から最新作まで約90点と、父・長安右衛門の作品をはじめ地元の師友の作品約20点で長重之の「方法の地図」を旅することとなります。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/



彫刻家 長重之 登録数  
プロフィール経歴  1文献  0作品  0資料  0展覧会  1


- 彫刻家 長重之  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on