なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


1101

写真家  柳 美和(やなぎ みわ)

< b.1967 -     >   
PgUp 開催中 『やなぎみわ展』 − 神話機械 −
2019(平成31)年4月19日[金] 〜 2019(令和1)年6月23日[]
会場:アーツ前橋
地域:群馬・前橋市
1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967〜)の、最新作を含めた10年ぶりの個展「やなぎみわ展 神話機械」を開催いたします。《エレベーター・ガール》で最初に注目を浴びたやなぎは、《マイ・グランドマザーズ》や《フェアリー・テール》といった一連の写真作品で高い評価を受け、2009年には「第53回ヴェネチア・ビエンナーレ」日本館代表となりました。こうした世界的に注目を集める中、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作が評判を呼び、また2014年台湾で製造したステージ・トレーラーをステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えました。本展では、やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介いたします。これは『古事記』に登場するイザナギとイザナミの物語に由来するもので、生と死の国の境に植えられていた桃の木をモチーフに、人間の運命について思考の深める新たなシリーズです。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界が生み出されます。美術と舞台を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待ち望まれた10年ぶりの本個展は、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫りながら、全国5会場(高松、前橋、福島、神奈川、静岡)をめぐります。
巡回
2019/02/02 〜 2019/03/24 高松市美術館
2019/04/19 〜 2019/06/23 アーツ前橋
福島県立美術館
神奈川県民ホールギャラリー
静岡県立美術館
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://artsmaebashi.jp/



写真家 柳美和 登録数  
プロフィール経歴  0文献  10作品  0資料  0展覧会  1


- 写真家 柳美和  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.6m  To Home- on