なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


101

画家  柳原 良平(やなぎはら りょうへい)

< b.1931 - d.2015 >   
PgUp 予 告 『柳原良平のデザインと船のギャラリー』 
2018(平成30)年2月24日[土] 〜 2018(平成30)年5月13日[]
会場:フェルケール博物館
地域:静岡・静岡市
柳原良平氏は東京に生まれ、小学生の時から船の画を好んで描き、紙で模型を作っていたといいます。後に自らを“船キチ”と呼ぶことになることを、遺されたスケッチブックからもうかがい知ることができます。京都市立美術大学(図案専攻)を1954年に卒業し、洋酒の寿屋(現サントリー)に入社しました。この時期に開高健のコピーとともに柳原氏のイラストレーションで毎月広告を打ち出していきました。平面的で、ハーフトーンとシャープな線は柳原良平のイラストレーションの特徴となりました。「アンクルトリス」はデザイナーの柳原良平氏を有名にしました。その一方で、柳原=アンクルトリスのイメージを固定化していきました。そのような時に柳原氏の助けになったのは、やはり「船」でした。1968年に出版した『柳原良平 船の本』は、その後の柳原氏の仕事を象徴しているかのようです。イラストレーターでデザイナー、海洋画家、漫画家、エッセイストなど様々な肩書をもつ柳原良平氏の仕事の根底にあった一番大きなものは「船」であったことが遺された作品群から納得させられます。柳原氏のイラストレーターやデザイナーとしての作品は表紙絵や装丁、様々な立体的なグッズデザイン、お菓子とそのパッケージ、船体のカラーリングなど多岐にわたっています。1983年に描かれた清水インター横の貯水タンク絵も柳原良平氏が静岡に残した代表作のひとつといえるでしょう。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.suzuyo.co.jp/suzuyo/verkehr/





- 画家 柳原良平  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.2m  To Home- on