なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/3/22(月)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止または、入場制限などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


451

陶芸家  北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)

< b.1883 - d.1959 >   
PgUp 開催中 『北大路魯山人−美と食の芸術家』 
2021(令和3)年4月1日[木] 〜 2021(令和3)年6月30日[水]
会場:足立美術館
地域:島根・安来市
非凡な美的感覚をもって美食を追求し、食の空間を芸術へと高めた北大路魯山人(1883〜1959)。「食器は料理の着物」であると断言し、大胆で個性あふれる食の器を生み出した魯山人は、豪快な生き方も相まって、現在も多くの人を惹きつけています。魯山人は京都に生まれ、独学で習得した書や篆刻が評判となり、食客として各地に滞在しました。その中で美食への関心を深めていき、料理を盛るための器も作り始めます。最高の料理を最高の器に盛る、さらに花器や絵画なども制作し、食の空間すべてに美を追求しました。魯山人は生涯に20〜30万点もの作品を遺したとされますが、当館では開館当初より特に優れた作品を求めて収集を行っており、現在約400点の名品を所蔵しています。本展は、2020年4月1日に開館した「魯山人館」の開館1周年を記念し、当館の魯山人コレクションの中から、約120点の作品をご紹介します。魯山人の代表作の数々のほか、当館で初めて公開する新収蔵品もあわせて展示します。多彩な陶芸作品、書、篆刻、絵画など、魯山人の美と食の世界をご堪能ください。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://www.adachi-museum.or.jp/





- 陶芸家 北大路魯山人  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2021 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.3m  To Home- on