なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


1

画家  小林 恒岳(こばやし こうがく)

< b.1932 - d.2017 >   
PgUp 開催中 『追悼 小林恒岳展』 
2018(平成30)年12月13日[木] 〜 2019(平成31)年2月11日[月・祝]
会場:茨城県天心記念五浦美術館
地域:茨城・北茨城市
小林恒岳(本名恒吉つねきち。1932-2017)は、茨城県を代表する日本画家小林巣居人そうきょじんを父に東京で生まれ、戦後茨城に疎開してからは、一時期上京したものの、長く石岡市高浜や吾国山中腹(旧八郷町)で暮らしました。画業初期に抽象表現など模索を続けた小林は、1970年代に身近な自然が破壊されていく姿に警鐘を鳴らした具象的な作品を発表、次いで1980年代には水と山に囲まれた茨城の豊かな自然とそこに生きる生き物に温かな眼差しを向けた作品を描くようになります。これらの作品は、小林が自然から感じ取った生命のかがやきとぬくもりを、写実と装飾性を融合させた平明で親しみやすい表現に昇華させ、誰もが共感できる生命讃歌として描きあげたものでした。本展では、小林が主な活動の舞台とした新興美術院展に出品された大作を中心とする59点により、その芸術の全貌と魅力を紹介します。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/





- 画家 小林恒岳  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on