なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


181

宗教家  覚猷 (かくゆう )

< b.1053 - d.1140 >   
PgUp 開催中 『国宝 鳥獣戯画のすべて』 
2020(令和2)年7月14日[火] 〜 2020(令和2)年8月30日[]
会場:東京国立博物館
地域:東京・上野公園
誰もが一度は目にしたことがあるであろう国宝《鳥獣戯画》。その全4巻が、2020年7月14日から東京国立博物館で行われる特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」で一挙公開される。国宝《鳥獣戯画》は、擬人化した動物たちや人々との営みを、墨の線のみで躍動的に描いた、日本絵画史上、もっとも重要な作品のひとつ。近年では、2014から16年にかけて京都、東京、九州の国立博物館でそれぞれ公開され、多くの来場者を集めた。本展では、これまでの展覧会では実現し得なかった、国宝4巻の全場面を一挙公開するとともに、かつて国宝4巻から分かれた断簡5幅と、原本ではすでに失われた場面を留める模本の数々も展示される。また本展は、《鳥獣戯画》が伝わる高山寺中興の祖・明恵上人の魅力に迫るものともなっており、山内の開山堂に安置されている「秘仏」の重要文化財《明恵上人坐像》も特別出品。寺外での公開は、27年ぶりとなる。 なお会期中は一部作品の展示替え、および場面替えあり。ただし国宝《鳥獣戯画》4巻は会期を通じて、場面替えなしで全場面展示される。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://chojugiga2020.exhibit.jp/





- 宗教家 覚猷  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on