なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


331

陶芸家  河井 寛次郎(かわい かんじろう)

< b.1890 - d.1966 >   
PgUp 開催中 『陶工・河井ェ次郎』 − 川勝コレクション 鐘溪窯 −
2019(令和1)年8月24日[土] 〜 2019(令和1)年10月20日[]
会場:愛知県陶磁美術館
地域:愛知・瀬戸市
近代日本を代表する陶工・河井ェ次郎(1890〜1966)は、1921年の最初の個展において中国・朝鮮陶磁を手本とした作風で華々しいデビューを飾りました。その後、民藝運動に参画することで、暮らしと創作が密接に関係した作風へと大きく変化していきます。河井の意欲的な造形は最晩年にいたるまで展開され、「生命」の喜びに溢れたものとなりました。京都国立近代美術館は、質、量ともに最も充実した河井ェ次郎作品のパブリック・コレクション(川勝コレクション)を所蔵しています。計425点にも上る川勝コレクションは、河井の代表的な作品を網羅しており、その仕事の全貌を物語る「年代作品字引」とも呼ばれています。コレクションを形成した故・川勝堅一氏(1892〜1979)は、島屋東京支店の宣伝部長、島屋の総支配人、横浜島屋専務取締役などを務めた人物です。コレクションについて川勝は「河井・川勝二人の友情の結晶」であると述べています。本展では、川勝コレクションの中から初期から晩年にいたる河井ェ次郎作品と河井と交遊関係のあった濱田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉の作品を通じて河井の創作活動を振り返ります。
巡回
2019/04/26 〜 2019/06/02 京都国立近代美術館
2019/08/24 〜 2019/10/20 愛知県陶磁美術館
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.pref.aichi.jp/touji/





- 陶芸家 河井寛次郎  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on