なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


51

画家  松尾 敏男(まつお としお)

< b.1926 - d.2016 >   
PgUp 開催中 『松尾敏男展』 
2018(平成30)年9月7日[金] 〜 2018(平成30)年10月14日[]
会場:そごう美術館
地域:神奈川・横浜市
長崎出身の日本画家・松尾敏男(1926-2016)の没後初の回顧展を開催します。松尾は大正15年に長崎市今籠町(現・鍛冶屋町)に生まれ、3歳まで長崎で過ごしました。上京後、17歳のときに日本美術院の同人であった堅山南風に入門し、戦後新進気鋭の日本画家として画業をスタートさせます。以後亡くなるまで実に70年の長きに渡り、院展を主な舞台として活躍しました。40代半ばまでは、新しい日本画の創出を目指すべく、自らの戦争体験に基づく厳しい生活感情を反映させた内省的な絵画を追求します。その後伝統的な日本画の素晴らしさを再認識した松尾は、写生を重要視した素直な画風へと転換しました。特に馥郁(ふくいく)とした香り高い牡丹のシリーズは松尾芸術の白眉といえるでしょう。松尾の大きな特徴の一つは、様々なテーマを設定し多様な制作を生涯にわたって追求したことでしょう。花鳥画以外にも、インド、中国、ヨーロッパなど海外に取材したものや、肖像画、動物画など、自らを限定することなく幅広い画業を展開しました。つまり自らの心情に照らし合わせて感動したものをその都度描いていくという制作方法を採用したのです。そのため一つ一つの作品は自己を映す鏡のように主観性に満ちています。本展は院展初出品(落選)となった20歳の時の作品から、実質上の絶筆である《玄皎想》に至るまで、長きにわたる松尾芸術の粋を約50点の作品によって紹介するものです。なお本展は松尾が生前、自らの最後の展覧会と位置付けていたもので、すでに自身によってリストアップされていた作品を中心に構成されています。
巡回
2018/01/16 〜 2018/03/11 長崎県美術館
2018/03/24 〜 2018/05/06 さくら市ミュージアム
2018/05/12 〜 2018/06/10 須賀川市立博物館
2018/09/07 〜 2018/10/14 そごう美術館
2018/10/27 〜 2018/12/02 砺波市美術館
2018/12/08 〜 2018/12/24 松坂屋美術館
2019/02/02 〜 2019/03/24 高崎市タワー美術館
2019/04/27 〜 2019/06/23 佐久市立近代美術館
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/





- 画家 松尾敏男  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on