なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


11

陶芸家  小森 忍(こもり しのぶ)

< b.1889 - d.1962 >   
PgUp 開催中 『京都市陶磁器試験場の釉薬研究と小森忍』 − 寄贈・堀田毅コレクションを中心に −
2018(平成30)年1月20日[土] 〜 2018(平成30)年3月21日[水・祝]
会場:愛知県陶磁美術館
地域:愛知・瀬戸市
京都市陶磁器試験場(1896-1919)は京都の陶磁業界の発展に寄与するため、釉薬をはじめとする技術的・デザイン的改良に取り組みました。同試験場の釉薬研究の中心的存在が、同試験場の技師で後に陶芸家として活躍した、小森忍(こもり しのぶ1889-1962)でした。小森が在籍した期間(1911-1917)には、古今東西の様々な釉薬研究がなされ、その成果は京都に限らず全国へと広がり、また輸出向け制作のみならず、美術的な制作にも広く影響を及ぼしました。小森在籍期間の主な成果発表としては、大正の御大典記念(1915年)に献上した青磁花瓶と盃があります。また、試験場には小森の後輩として河井寛次郎、濱田庄司なども集結しており、後に陶芸界を牽引する人々が若き日に基礎研究を行った重要な場でありました。やがて、小森は試験場を離れ、中国にて独自に中国陶磁の研究に没頭し、さらには独自の陶磁器研究所を愛知県瀬戸や北海道の江別などに開設し活動を続けました。本展では、国立研究開発法人産業技術研究所中部センターから寄託を受けている京都市陶磁器試験場時代の釉薬研究の試作品や、堀田毅氏より寄贈を受けた小森忍の貴重な作品を通じて近代の陶磁器制作の画期を紹介いたします。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.pref.aichi.jp/touji/





- 陶芸家 小森忍  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.2m  To Home- on