なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


572

画家  横山 大観(よこやま たいかん)

< b.1868 - d.1958 >   
PgUp 予 告 『生誕150年 横山大観展』 − 画は人なり −
2018(平成30)年4月13日[金] 〜 2018(平成30)年5月27日[]
会場:東京国立近代美術館
地域:東京・竹橋
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものや情報が押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型をかるがると脱してみせました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。本展では、40メートル超で、日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめとする代表作や、数々の初公開作品、習作などの資料をあわせて展示し、制作の過程から彼の芸術の本質を改めて探ります。総出品数約100点。本画約90点、習作ほか資料約10点を展観する大回顧展です。
巡回
2018/04/13 〜 2018/05/27 東京国立近代美術館
2018/06/08 〜 2018/07/22 京都国立近代美術館
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.momat.go.jp/

PgUp 開催中 『横山大観』 − 東京画壇の精鋭 −
2018(平成30)年1月3日[水] 〜 2018(平成30)年2月25日[]
会場:山種美術館
地域:東京・広尾
近代日本画の第一人者、横山大観(1868-1958)。生誕150年と没後60年にあたる本年、当館所蔵の大観作品全点を一挙公開するとともに、東京画壇で活躍した画家たちの作品を紹介する展覧会を開催します。常陸国(茨城)水戸藩士の家に生まれた大観は、1889年、東京美術学校に第1期生として入学し、下村観山、西郷孤月、菱田春草とともに、岡倉天心の薫陶のもと、橋本雅邦らの指導を受けました。1898年には、校長を辞した天心に従って東京美術学校を離れ、日本美術院の創設に参加します。1906年、茨城県五浦に移住し、観山、春草、木村武山と同地で研鑽をつみ、天心没後の1914年には日本美術院を再興しました。天心の遺志をついで、生涯にわたり新たな日本画の創造につとめ、国民的画家としての評価を確立した大観。その画業の足跡は、日本・東洋と西洋の文化がせめぎあうなかで、明治以降の日本画が発展していく過程と重なるものであり、大観その人が近代日本画を象徴する存在であるといっても過言ではありません。大観は当館の創立者・山ア種二が最も親しく交流した日本画家のひとりでもありました。本展では、初めて挑んだ水墨画巻《楚水の巻》と《燕山の巻》、《作右衛門の家》をはじめとする代表作や、種二との親交を通じて蒐集された作品などを含む、当館所蔵の大観作品全40点をご紹介します。当館の大観コレクションを一堂にご覧いただくのは、本展覧会が開館以来初の機会となります。さらに、再興院展で活躍した小林古径、安田靫彦、前田青邨や、東京美術学校で学び日展で活躍した山口蓬春、東山魁夷など、大観と同様に種二と交流をもった、当館ゆかりの画家たちの作品もあわせてご覧いただきます。近代日本画の発展をリードした大観の芸術を、東京画壇の精鋭たちの優品とともにご堪能いただければ幸いです。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.yamatane-museum.jp/





- 画家 横山大観  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.2m  To Home- on