なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


211

画家  棟方 志功(むなかた しこう)

< b.1903 - d.1975 >   
PgUp 開催中 『棟方志功展』 − わだば、ゴッホになる −
2018(平成30)年2月3日[土] 〜 2018(平成30)年3月25日[]
会場:北海道立近代美術館
地域:北海道・札幌市
棟方志功は明治36年(1903年)に青森市の鍛冶職人の三男として生まれました。同43年には青森市立長崎尋常小学校に入学、この頃から絵を描くことに熱中するようになり小学校を卒業してすぐに家業の鍛冶屋を手伝いましたが、ほどなく鍛冶屋は廃業。棟方は青森地方裁判所弁護士控所の給仕となります。この仕事は比較的時間に余裕があったため、近くの風景などをスケッチしていましたが、当時の棟方志功にとって絵の世界とは凧絵であり、ネブタであり、映画の看板でした。ところが、18歳の時、雑誌の口絵に掲載されていたゴッホの「向日葵」(ひまわり)と出会ったことで、その圧倒的な存在感に心を鷲掴みにされ、「わだば、ゴッホになる。」と油絵を描くようになりました。大正13年、21歳のとき棟方は油絵画家となって帝展に入選することを目標に上京しますがなかなか念願は果たせず、ようやく初入選したのは昭和3年のことでした。しかし、油絵画家を目ざしていたにもかかわらず、この頃から“油絵は結局は西洋のものではないか”と思い始め「日本人としての自分は何をするべきか」を考えた結果、日本には古くから浮世絵の伝統があり、その浮世絵はゴッホも賛美していた、ということもあって、木版画に着目し、板画を始めるようになりました。独自の板画を目指し、墨一色の表現や、彩色によるものなど、模索していた棟方ですが「わだば、ゴッホになる。」と叫んだ青年はやがて「世界のムナカタ」となり、日本が誇る板画家となったのでした。本展覧会では、北海道を題材にした作品や北海道初展示となる作品も含み、棟方志功がゴッホを目指していた青年期から、数々の代表作を生み出した壮年期、そして、故郷回帰とも言うべき晩年までの板画、倭画、油絵、書などを展示いたします。世界のムナカタの自在な発想と幅広い画業を是非お楽しみください。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/





- 画家 棟方志功  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.2m  To Home- on