なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


1

彫刻家  宮本 隆(みやもと たかし)

< b.1917 - d.2014 >   
PgUp 開催中 『生誕100年 宮本隆』 − 岡山彫刻界のパイオニア −
2019(令和1)年10月12日[土] 〜 2020(令和2)年1月20日[月]
会場:高梁市歴史美術館
地域:岡山・高梁市
宮本隆は幼い頃から彫刻に親しみ、15歳で上京して、高梁市成羽町出身の彫刻家 児島矩一のもとで彫刻の基礎を習得しました。1937年(昭和12)には、東京美術学校(現東京藝術大学)彫刻科木彫部に進学し、関野聖雲・平櫛田中などに学びました。同校卒業後は、岡山県を中心に活動し、日本美術展覧会(日展)で23回連続入選するなど輝かしい功績を残しています。そのほか、第17回国民体育大会の記念像「友情」(岡山県総合グラウンド)などの屋外彫刻や肖像彫刻を数多く手がけています。また宮本は、1953年(昭和28)に岡山大学に新設された教育学部特設美術科助教授に着任し、彫刻を志す若者を指導しました。岡山大学退職後は岡山彫刻会を設立し、後進の育成に尽力するなど岡山彫刻界発展の礎を築きました。今展では、宮本隆の生誕100年を記念して、最初期から晩年に至るまでの作品等、約60点を展覧いたします。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.city.takahashi.lg.jp/site/takahashi-historical-museum/





- 彫刻家 宮本隆  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on