なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/3/22(月)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止または、入場制限などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


51

画家  榊原 紫峰(さかきばら しほう)

< b.1887 - d.1971 >   
PgUp 開催中 『没後50年 榊原紫峰』 − 花鳥の美に魅せられた日本画家 −
2021(令和3)年3月1日[月] 〜 2021(令和3)年5月1日[土]
会場:足立美術館
地域:島根・安来市
榊原紫峰(1887〜1971)は、花や鳥に深い愛情を注ぎながら、一途に花鳥画を描き続けた画家です。京都に生まれ、京都市立絵画専門学校などで学んだ紫峰は、大正7年(1918)に自由な制作の場を求めて国画創作協会(国展)を結成。国展を舞台に革新的な作品を発表し、画壇に新風を吹き込みました。昭和3年(1928)の国展解散後は、画壇から離れ、孤高の生活の中で自身の芸術を追求しています。長い画業の中で、初期には鮮やかさと強さを持ち合わせた色彩豊かな作品を描き、そこから徐々に色彩から離れ、清らかな透明感を備えた画風へと変化しています。晩年の静寂に包まれる水墨画の世界は、紫峰がたどり着いた境地といえるでしょう。一貫して厳しい制作姿勢を取った紫峰は、まるで自然のすべてを掴もうとするかのように、真摯に制作に向き合いました。本展は、紫峰の没後50年を記念し、初期から晩年に至る作品をご紹介します。清澄なる紫峰の花鳥画をご堪能ください。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://www.adachi-museum.or.jp/





- 画家 榊原紫峰  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2021 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.3m  To Home- on