なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


31

画家  児島 虎次郎(こじま とらじろう)

< b.1881 - d.1929 >   
PgUp 開催中 『児島虎次郎』 − ふるさとに愛されて −
2018(平成30)年4月28日[土] 〜 2018(平成30)年7月8日[]
会場:高梁市成羽美術館
地域:岡山・高梁市
洋画家 児島虎次郎(高梁市成羽町出身・1881−1929)は、欧州留学を経て色彩画家として開花、日本に印象派の画風をもたらしました。彼は、大原孫三郎の支援により世界各国で研鑽を積み、主にパリのサロンで活躍しましたが、倉敷を活動拠点とし生涯岡山の地を離れることはありませんでした。そんな児島虎次郎の遺作絵画の一部は、現在岡山の企業・団体・個人の所有となり、大切に守られ今も人々に愛され続けています。本展覧会では、邸宅の欄間として制作された総計約15mの大作《奈良公園》や可憐な女性像など、これまで公開機会の少なかった児島虎次郎作品を展観し、その作品世界を改めて紹介します。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 https://nariwa-museum.or.jp/





- 画家 児島虎次郎  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on