なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


221

画家  Jerome Bosch(ヒエロニムス ボッシュ)

< b.1450 - d.1516 >   
PgUp 開催中 『ベルギー奇想の系譜展』 − ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで −
2017(平成29)年7月15日[土] 〜 2017(平成29)年9月24日[]
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
地域:東京・渋谷
現在のベルギー・フランドル地方とその周辺地域では、中世末期から発達してきた写実的描写の伝統の上に、幻想絵画(Fantastic Painting)というカテゴリーの絵画が発展してきました。空想でしかありえなかった事物を視覚化した想像画(Imaginary Painting)でもあり、フランドルの画家たちが描いた悪魔や怪物といった異形のものの姿は写実的であっただけに「本物」と感じさせる迫真性に満ちていました。18世紀にかけて自然科学の発達とともに啓蒙思想がヨーロッパを席巻するなか、不可解なものは解明されてゆき、心の闇には光が当てられるようになります。美術の世界では、理想的な古代風景を合成するものや、実景に架空の要素を加えたカプリッチョ(奇想画)といった風景画が描かれるようになりました。かつての幻想絵画の伝統が引き継がれるのは、産業革命後の19世紀、近代化・都市化が進み、人間疎外や逃避願望を背景として形成された象徴主義においてでした。画家たちは心の中の世界を、あるいは心の闇を、自らの作品として表現し、個性と独自性を追求する取り組みの中で数多くの秀作を生み出しました。本展では、ベルギー・フランドル地域において幻想的な世界を作り出した一連の流れを、15、16世紀のフランドル絵画から、現代のコンテンポラリー・アートにいたるまで国内外の作品約120点によって紹介します。およそ500年にわたる「奇想」の系譜をお楽しみください。
巡回
2017/03/19 〜 2017/05/07 宇都宮美術館
2017/05/20 〜 2017/07/09 兵庫県立美術館
2017/07/15 〜 2017/09/24 Bunkamuraザ・ミュージアム
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.bunkamura.co.jp/museum/





- 画家 ヒエロニムス・ボッシュ  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2017 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.1m  To Home- on