なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


191

画家  浅井 忠(あさい ちゅう)

< b.1856 - d.1907 >   
PgUp 開催中 『浅井忠と近代デザイン』 − アール・ヌーヴォーの伝道師 −
2018(平成30)年11月17日[土] 〜 2019(平成31)年2月17日[]
会場:ヤマザキマザック美術館
地域:愛知・名古屋市
佐倉藩士の長男として江戸木挽町に生まれた浅井忠は、1876(明治9)年、国澤新九郎の画塾彰技堂に学んだ後、日本初の西洋美術学校である工部省工部美術学校に入学して、バルビゾン派の影響を受けたイタリア人画家アントニオ・フォンタネージの指導を受けます。1900-02(明治33-35)年、フランスに「西洋画研究」のため留学した浅井は、当時のヨーロッパを席巻していた芸術運動「アール・ヌーヴォー」に圧倒されます。その後、日本に帰国した浅井は、陶芸・漆芸など工芸作品にアール・ヌーヴォーの要素を取り入れ、新たなデザインを生み出していきます。本展では、第一部〔浅井忠が滞欧期および帰国後に制作した油彩画・水彩画〕、第二部〔浅井忠、建築家武田五一が、京都高等工芸学校の教材としてフランスで蒐集した作品をはじめとする19世紀末から20世紀初頭のポスター・工芸作品〕、第三部〔浅井忠絵付陶芸作品、浅井忠の工芸図案、それをもとに制作された工芸作品〕という三部構成によって浅井忠の制作とアール・ヌーヴォーのデザインとの関わりを探ります。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.mazak-art.com/





- 画家 浅井忠  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on