なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


521

画家  Marc Chagall(マルク シャガール)

< b.1887 - d.1985 >   
PgUp 予 告 『シャガール展』 − ”愛の画家”珠玉の版画コレクション −
2018(平成30)年9月22日[土] 〜 2018(平成30)年11月11日[]
会場:呉市立美術館
地域:広島・呉市
帝政ロシアの町ヴィテプスクで、ユダヤ人家庭の長男として生まれたマルク・シャガール(Marc Chagall, 1887-1985)は、1910年にパリへ渡り、キュビスムや未来派など当時の前衛芸術運動に影響されながら、ユダヤ文化を源泉とした独自の作風を創出しました。二度の世界大戦を乗り越え、ニューヨークや南仏に制作の拠点を求めたシャガールは、97歳で亡くなるまで旺盛な制作活動を続けました。シャガールは絵画のほか陶器やステンドグラス、舞台芸術など幅広く手がけましたが、版画についても多くの傑作を遺しています。1922年のベルリン滞在時に、シャガールは銅版画制作の基礎を学ぶ機会を得ました。エッチングによる版画集『母性』(1926)の発表など、版画ははじめ、シャガールの不安定な画家生活を支える手段のひとつでした。しかしその後も、銅版画、木版画、リトグラフなど多岐に渡る技法を用いて、生涯で約2,000点にも及ぶ版画作品を発表し、版画は彼のライフ・ワークとなりました。本展では『母性』のほか、古代ギリシャの作家ロンゴスが著した物語をリトグラフで色彩豊かに表現した『ダフニスとクロエ』(1961)など、版画作品約280点をご紹介します。色彩の魔術師シャガールが創造した、詩情と慈愛に満ちた魅力あふれる芸術世界をご堪能ください。
展覧会関連サイトへ外部リンク:(別ブラウザが開きます)
 http://www.kure-bi.jp/





- 画家 マルク・シャガール  展覧会 -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on