なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


25

画家  河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい)

< b.1831 - d.1889 >        
PgUp 『暁斎傑作画集』
副題名:附・貞秀
著者名:河鍋暁斎 坂戸弥一郎 井上和雄
出版社:大鳳閣書房
発行年:1933(昭和8)年
言語:日本語
寸法:26cm 図版54図内カラー13図 和綴じ本
暁斎傑作画集―附・貞秀 (昭和8年)
 
PgUp 『河鍋暁斎翁伝』
副題名:日本芸術名著選〈3〉
著者名:飯島虚心
出版社:ぺりかん社
発行年:1984(昭和59)年12月
言語:日本語
狩野派の伝統を主体に、浮世絵・狂画・戯画に至るまであらゆる作風を駆使し、幕末〜明治の動乱期に多大な作品を残して世を去った知られざる絵師・河鍋暁斎。
寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm 290ページ
河鍋暁斎翁伝 (1984年) (日本芸術名著選〈3〉)
 
PgUp 『デザイナー・河鍋暁斎』
副題名:双書美術の泉 54
著者名:長谷川栄 河鍋暁斎
出版社:岩崎美術社
発行年:1986(昭和61)年12月01日
言語:日本語
単行本: 144ページ
デザイナー・河鍋暁斎   双書美術の泉 54

▲PageTop 
PgUp 『河鍋暁斎戯画集』
著者名:河鍋暁斎 山口静一 及川茂 偏
出版社:岩波文庫
発行年:1988(昭和63)年08月
言語:日本語
葛飾北斎を師と仰ぎ、幕末から明治中期にかけて活躍した反骨の絵師、河鍋暁斎(1831‐89)の戯画集。頑固な旧弊と皮相な文明開化を痛烈に諷刺した暁斎の戯画には、健康な笑いと新時代の息吹があふれ、当時、東京名物の一つとして人気を博した。代表作を満載。
文庫: 324ページ
寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
河鍋暁斎戯画集 (岩波文庫)
 
PgUp 『河鍋暁斎展』
副題名:没後100年記念特别展
著者名:河鍋暁斎
出版社:太田記念美術館
発行年:1989(昭和64平成1)年
言語:日本語
図録(会期:1989.04.01-1989.05.27)太田記念美術館/河鍋暁斎記念美術館
河鍋暁斎展 (1981年)

▲PageTop 
PgUp 『暁斎の戯画』
著者名:及川茂 山口静一
出版社:東京書籍
発行年:1992(平成4)年06月
言語:日本語
本書は、幕末明治期に活躍した画家・河鍋暁斎の戯画を、肉筆画、版画、挿絵、絵本などのなかから抜粋し編集したものである。
大型本: 179ページ
寸法: 30.6 x 22.4 x 2.8 cm
ISBN-10: 4487790735
ISBN-13: 978-4487790739
暁斎の戯画
 
PgUp 『河鍋暁斎 逸話と生涯』
著者名:大野七三
出版社:日本図書刊行会
発行年:1994(平成6)年10月
言語:日本語
幕末から明治の日本美術凋落衰頽の時期に悠然と生きぬいた日本絵画界の異端者、河鍋暁斎。「暁斎画談」「河鍋暁斎翁伝」などの伝記を通して、幕末から明治初めの時代背景と絵画の全貌を明らかにしていく。
単行本: 243ページ
寸法: 19.6 x 13.8 x 1.8 cm
河鍋暁斎―逸話と生涯

▲PageTop 
PgUp 『河鍋暁斎画集』
副題名:全3巻
著者名:河鍋暁斎 芳賀徹
出版社:六耀社
発行年:1994(平成6)年11月
言語:日本語
忽然と消された天才絵師暁斎。迫力ある筆使いと多面的魅力を満載。内外で喝采を浴び、今、華々しく蘇る。美術の既成概念を突き抜けた画家、河鍋暁斎(1831-1889)。その画業を多角的に捉える未曾有夕の集大成。豪華な装幀・造本で、美術研究者・美術愛好家にとって、まれに見る素晴らしい蔵書。江戸時代末期から明治時代、揺れ動く時代の中で大活躍した暁斎。狩野派の画法を基礎にあらゆる画を研究し、習得し、そして画の中に自分の意志を力強く表現した暁斎独自の世界を作り上げた。その暁斎の幅広く奥深い画業を初めて体系的に捉え、全3冊にまとめた画期的出版物。四年有余の歳月をかけて、その多面的魅力をあますところなく集大成。
1.本画・画稿 336頁
2.版画・版本・挿絵 228頁
3.絵日記・資料 152頁
サイズ 37 x 26.5cm
河鍋暁斎画集
 
PgUp 『河鍋暁斎』
副題名:新潮日本美術文庫
著者名:日本アートセンター 木下直之
出版社:新潮社
発行年:1996(平成8)年11月
言語:日本語
江戸の残り香を強くただよわせながら文明開化の世に人気を博した異端の画家。パフォーマンスにとんだ制作をし、画集におさまりきらないその画業の面目を示す。
単行本: 93ページ
寸法: 19.8 x 13 x 1 cm
河鍋暁斎 (新潮日本美術文庫)

▲PageTop 
PgUp 『芸術新潮 1998年 06月号』
副題名:特集 河鍋暁斎の逆襲 デーモンなくして何が絵か!
著者名:福富太郎 吉田漱 河鍋楠美 及川茂
出版社:新潮社
発行年:1998(平成10)年06月01日
言語:日本語
絵筆を握るデーモン河鍋暁斎の力量/本画も凄いが下絵も凄い/絵画の愉快、ここに極まる! /対談・暁斎おっかけ30年(福富×吉田) 酒呑みの自己弁護?〈朝比奈三郎絵巻〉/黙阿弥&暁斎の〈ウェスタン歌舞伎〉 /暁斎の春画のトコトンこだわり/或る画鬼の一生−自画伝と同時代の証言より他
寸法: 28 x 20.4 x 1 cm
ASIN: B00ADK738O
芸術新潮 1998年 06月号 特集 河鍋暁斎の逆襲 デーモンなくして何が絵か!
 
PgUp 『暁斎妖怪百景』
著者名:京極夏彦 多田克己
出版社:国書刊行会
発行年:1998(平成10)年08月
言語:日本語
幕末明治の天才絵師、河鍋暁斎の多彩な画業の中から、妖怪画・幽霊画を約百点、オールカラーで収録。遺作「暁斎百鬼画談」の全容から戯画、地獄図など、暁斎の偉業を明らかにする。
単行本: 147ページ
寸法: 24.8 x 18.8 x 2.2 cm
暁斎妖怪百景

▲PageTop 
PgUp 『最後の浮世絵師』
副題名:河鍋暁斎と反骨の美学
著者名:及川 茂
出版社:日本放送出版協会
発行年:1998(平成10)年12月
言語:日本語
時代の激動期に生きた最後の大物絵師がいた。国芳に美人画を学び、狩野派を僅か19歳で卒業した天才絵師、暁斎である。骸骨や動物を人間の如く描きだす筆致にお雇い外国人も驚嘆した。徳川・明治と時の政府を笑い飛ばし、文明開化に右往左往する世情を面白おかしく描き常に庶民に温かい目を向けた。まさに時代の寵児と言える画狂人の生涯を変転する時代とともに鮮やかに描きだす。
単行本: 214ページ
寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
最後の浮世絵師―河鍋暁斎と反骨の美学 (NHKブックス)
 
PgUp 『河鍋暁斎』
著者名:ジョサイア・コンドル 山口静一 訳
出版社:岩波書店
発行年:2006(平成18)年04月
言語:日本語
幕末明治期の天才画家河鍋暁斎。その群を抜いた画力に惹かれた弟子の中には、かの鹿鳴館の設計者コンドルがいた。「暁英」の画号を持つ愛弟子が、親しく接した師の姿と、文明開化の中で廃絶した日本画の技法を克明に記し、暁斎の名を海外にまで広めた貴重な記録。
原書:Josiah Conder「Paintings and Studies by Kawanabe Kyosai」
文庫: 324ページ
寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
河鍋暁斎

▲PageTop 
PgUp 『百鬼物語スターターパック』
副題名:初版
著者名:朱理万図 畠山憲司 河鍋暁斎
出版社:3manz
発行年:2008(平成20)年01月01日
言語:日本語
初版限定豪華朱印帖仕上げの書籍と越前和紙使用の妖界カードのセットです! 狩野派の天才絵師・河鍋暁斎の傑作『百鬼画談』の妖怪たちを、越前和紙のカードに一体ずつ呼び出しました。
単行本: 44ページ
法: 36.6 x 12.8 x 2.4 cm
百鬼物語スターターパック
 
PgUp 『河鍋暁斎』
副題名:奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手
出版社:平凡社
発行年:2008(平成20)年04月
言語:日本語
大型本: 171ページ
寸法: 28.6 x 22 x 3 cm
河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手 (別冊太陽)

▲PageTop 
PgUp 『酔うて候』
副題名:河鍋暁斎と幕末明治の書画会
著者名:成田山書道美術館 河鍋暁斎記念美術館
出版社:思文閣出版
発行年:2008(平成20)年04月
言語:日本語
大型本: 157ページ
寸法: 29.6 x 21.2 x 2.4 cm
酔うて候―河鍋暁斎と幕末明治の書画会
 
PgUp 『河鍋暁斎 暁斎百鬼画談』
副題名:ちくま学芸文庫
著者名:安村敏信
出版社:筑摩書房
発行年:2009(平成21)年07月08日
言語:日本語
幕末明治の天才画家・河鍋暁斎。狩野派仕込みの卓抜した腕前、明治の大物建築家ジョサイア・コンドルを弟子にとり、新し物好きで諷刺・茶化しが大好き、肉筆美人画から浮世絵、戯画、春画まで何でもござれの幅広い仕事ぶりだが、なかでも妖怪画・化物画は有名だ。本書はいにしえの「百鬼夜行絵巻」を踏まえて描いた遺作の版本、『暁斎百鬼画談』を全ページカラーで収録、奇にして怪、滑稽と愛嬌に満ちた妖怪たちの魅力を余すところなく再現する。近年再評価の機運著しい暁斎の、多彩な画業を俯瞰する、充実した解説を収録。暁斎の妖怪ワールドへようこそ。
文庫: 157ページ
寸法: 14.4 x 10.6 x 1 cm
河鍋暁斎 暁斎百鬼画談 (ちくま学芸文庫)

▲PageTop 
PgUp 『反骨の画家 河鍋暁斎』
副題名:とんぼの本
著者名:狩野博幸 河鍋楠美
出版社:新潮社
発行年:2010(平成22)年07月
言語:日本語
幕末から明治にかけての激動の時代を生き抜いた「画鬼」の波乱万丈の人生と、仏画から戯画まで何でもござれの多彩なる作品世界を、余すところなく紹介する。
単行本: 126ページ
寸法: 21.4 x 15.1 x 1.5 cm
反骨の画家 河鍋暁斎 (とんぼの本)
 
PgUp 『暁斎漫画』
著者名:河鍋暁斎
出版社:芸艸堂
発行年:2013(平成25)年04月18日
言語:日本語
妖怪に異体・奇態の人物群像・・・密度ある描写と上質のユーモアと風刺。狩野派の正統と浮世絵の庶民性を生きた絵師の魅惑の絵本を豆本で再現!
11.6×8.3p 46ページ
ISBN-10: 475380268X
ISBN-13: 978-4753802685
暁斎漫画

▲PageTop 
PgUp 『もっと知りたい河鍋暁斎』
副題名:アート・ビギナーズ・コレクション
著者名:狩野博幸
出版社:東京美術
発行年:2013(平成25)年04月19日
言語:日本語
作品だけでなく、その人物像にも江戸っ子丸出しの面白さがある狩野派の鬼才・河鍋暁斎。その生涯と、各年代を特徴づける名作などを紹介する。見返しに作品索引あり。
単行本: 95ページ 26cm
もっと知りたい河鍋暁斎(きょうさい) (アート・ビギナーズ・コレクション)
 
PgUp 『河鍋暁斎絵日記』
副題名:江戸っ子絵師の活写生活
著者名:河鍋暁斎記念美術館
出版社:平凡社
発行年:2013(平成25)年07月05日
言語:日本語
幕末から明治期前半に活躍した狩野派絵師・河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい/1831~89)は終生、絵日記をつけつづけた。しかしながら、発見されているものはわずか4年分ほど。それでも1200余日分の記録から、“画鬼”とも“画狂”ともよばれた男の、描いて、描いて、描きまくった姿が生き生きと浮かび上がる。それはそれは、うますぎて、マメすぎて、面白い。
単行本: 126ページ
寸法: 21.6 x 16.6 x 1.2 cm
ISBN-10: 458263480X
ISBN-13: 978-4582634808
河鍋暁斎絵日記: 江戸っ子絵師の活写生活 (コロナ・ブックス)

▲PageTop 
PgUp 『河鍋暁斎 戯画と笑いの天才絵師』
副題名:傑作浮世絵コレクション
著者名:河出書房新社編集部
出版社:河出書房新社
発行年:2014(平成26)年06月27日
言語:日本語
ほとばしる奇想、比類なき技巧―骸骨、幽霊、閻魔から、蛙に猫に、百鬼夜行…武者絵、美人画、風俗画まで。正統狩野派にして人気浮世絵師。どんな画題も縦横無尽、強烈なユーモアで世の中を笑い飛ばし、奇抜な着想で観る者の度肝をぬく「狂斎」ワールド!オールカラー収録作品100点超。
単行本: 127ページ
寸法: 25.6 x 18.2 x 1.4 cm
ISBN-10: 4309623220
ISBN-13: 978-4309623221
河鍋暁斎: 戯画と笑いの天才絵師 (傑作浮世絵コレクション)
 
PgUp 『美術手帖 2015年 07月号』
著者名:美術手帖編集部
出版社:美術出版社
発行年:2015(平成27)年06月17日
言語:日本語
特集:河鍋暁斎 この絵描き、天下無双。
江戸から明治へと時代が大きく転換する頃、伝統技術を駆使した仏画や美人画、妖怪や骸骨が踊るユーモラスな戯画、春画まであらゆるものを描ける人気絵師がいた。自己表現を超えて、庶民に寄り添い絵師として生きた河鍋暁斎は、いかにして時代の変化と名声の浮き沈みを乗り越えて再び評価されるに至ったのか?多才が故にとらえがたい、その実態に迫る。
寸法: 20.8 x 14.4 x 1.4 cm
ASIN: B00YHXRM7U
美術手帖 2015年 07月号

▲PageTop 
PgUp 『芸術新潮 2015年 07 月号』
出版社:新潮社
発行年:2015(平成27)年06月25日
言語:日本語
特集:とてつもない絵師 河鍋暁斎
寸法: 28.2 x 20.8 x 1.4 cm
ASIN: B00YNJZXOW
芸術新潮 2015年 07 月号 [雑誌]
 
PgUp 『百鬼夢幻』
副題名:河鍋暁斎 妖怪日誌
著者名:橋本純
出版社:書苑新社
発行年:2015(平成27)年06月29日
言語:日本語
“江戸が、おれの世界が またひとつ 行っちまう!”
異能の絵師・河鍋暁斎と妖怪たちとの奇妙な交流と冒険を描いた、幻想時代小説!江戸末期から明治にかけて活躍した天才絵師、河鍋暁斎。こと妖怪画で名を馳せた彼は、実はその妖怪たちが見えていた?絵の中から蝶を舞わせ、河童と酒を飲み、天井画のために龍を写生し、弟子コンデルとともに旅先で狐火の行方を追う――。幕末から文明開化へ、江戸の大変動を背景にした異能の絵師の冒険!
単行本(ソフトカバー): 256ページ
寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4883752054
ISBN-13: 978-4883752058
百鬼夢幻〜河鍋暁斎 妖怪日誌 (TH Literature Series)

▲PageTop 




-  画家 河鍋暁斎  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on