なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


19

画家  鏑木 清方(かぶらぎ きよかた)

< b.1878 - d.1972 >        
PgUp 『講談社版 日本近代絵画全集〈第21集〉』
副題名:鏑木清方・平福百穂
出版社:講談社
発行年:1962(昭和37)年
言語:日本語
寸法: 29.8 x 23.8 x 2.8 cm 71ページ
ASIN: B000JB30NE
講談社版日本近代絵画全集〈第21集〉鏑木清方・平福百穂 (1962年)
 
PgUp 『現代日本の美術〈5〉』
副題名:鏑木清方,山口蓬春
著者名:座右宝刊行会
出版社:集英社
発行年:1976(昭和51)年
言語:日本語
寸法: 29 x 22.2 x 3 cm 147ページ
ASIN: B000J91KP6
現代日本の美術〈5〉鏑木清方,山口蓬春 (1976年)
 
PgUp 『こしかたの記』
副題名:中公文庫 M 40
著者名:鏑木清方
出版社:中央公論新社
発行年:1977(昭和52)年01月10日
言語:日本語
傑作「築地明石町」の清方は、美術界にあって、ついに流派を立てなかった。新奇に流れず、保守に留まらず、しかも親しまれ愛される清雅な芸術と生涯を自らつづる回想記。幼少期より文展開設の明治末年まで。
文庫: 261ページ
寸法: 15.2 x 10.8 x 1.2 cm
ISBN-10: 412200408X
ISBN-13: 978-4122004085
こしかたの記 (中公文庫 M 40)

▲PageTop 
PgUp 『こしかたの記〈続〉』
副題名:中公文庫
著者名:鏑木清方
出版社:中央公論社
発行年:1977(昭和52)年02月01日
言語:日本語
文庫: 306ページ
寸法: 15 x 11.4 x 1.4 cm
ASIN: B000J8VR3C
こしかたの記〈続〉 (1977年) (中公文庫)
 
PgUp 『現代日本美人画全集〈第2巻〉』
副題名:鏑木清方
著者名:鏑木清方
出版社:集英社
発行年:1979(昭和54)年05月
言語:日本語
寸法: 28.8 x 21.8 x 2.8 cm 127ページ
ASIN: B000J8H4NY
現代日本美人画全集〈第2巻〉鏑木清方 (1979年)

▲PageTop 
PgUp 『鏑木清方随筆集』
副題名:岩波文庫
著者名:鏑木清方 山田肇
出版社:岩波書店
発行年:1987(昭和62)年08月17日
言語:日本語
近代日本を代表する日本画家の1人であり、エッセイストとしても声価の高い鏑木清方(1878‐1972)の珠玉の随筆集。下町の風俗と文学をこよなく愛した清方が、元旦から大晦日まで春夏秋冬四季折々の風物への想いをつづる59篇を精選。自筆のスケッチを多数収録。
文庫: 293ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
ISBN-10: 4003111613
ISBN-13: 978-4003111611
鏑木清方随筆集 (岩波文庫)
 
PgUp 『随筆集 明治の東京』
副題名:岩波文庫
著者名:鏑木清方 山田肇
出版社:岩波書店
発行年:1989(平成1)年04月
言語:日本語
代表作「築地明石町」などにみられるように、鏑木清方(1878‐1972)の画は、明治の東京の庶民生活を描いて他に類がないといわれるが、彼のエッセイもまた、江戸や明治への郷愁を誘う美しい小品として忘れられない。「銀座回想」「明治の東京語」など38篇を精選。
ペーパーバック: 223ページ
寸法: 14.6 x 10.6 x 1 cm
随筆集 明治の東京 (岩波文庫)

▲PageTop 
PgUp 『市井の文人 鏑木清方』
著者名:塩川京子
出版社:大日本絵画
発行年:1991(平成3)年07月
言語:日本語
市井に生きた文人画家、鏑木清方。有名、無名を問わず清方と交わった人々を通して清方その人の人間性を浮彫りにしたエッセイ。
単行本: 207ページ
市井の文人 鏑木清方
 
PgUp 『週刊アーティスト・ジャパン no.26』
副題名:鏑木清方
著者名:新集社
出版社:同朋舎出版
発行年:1992(平成4)年
言語:日本語
寸法: 30 x 23 x 0.1 cm
ASIN: B00DEXT06U
週刊アーティスト・ジャパン no.26 (鏑木清方)

▲PageTop 
PgUp 『アサヒグラフ別冊 第45号』
副題名:美術特集:鏑木清方
出版社:朝日新聞社出版局
発行年:1993(平成5)年05月
言語:日本語
単行本: 98ページ
寸法: 32.8 x 25.2 x 0.6 cm
ISBN-10: 4022700459
ISBN-13: 978-4022700452
アサヒグラフ別冊 第45号 美術特集:鏑木清方
 
PgUp 『鏑木清方』
副題名:新潮日本美術文庫
著者名:日本アートセンター 編集
出版社:新潮社
発行年:1997(平成9)年3月
言語:日本語
単行本: 93ページ
寸法: 20 x 13 x 1 cm
鏑木清方 (新潮日本美術文庫)

▲PageTop 
PgUp 『鏑木清方画集』
著者名:鏑木清方
出版社:ビジョン企画出版社
発行年:1998(平成10)年08月01日
言語:日本語
明治から昭和中頃まで、美人画・挿し絵にかけて大家の名にふさわしい画業を展開した鏑木清方の豪華完全画集。色・艶やかさを最大限に現出せしめ、あらゆる資料で画家の生涯を記録した品格高い愛蔵の書。
寸法: 48.2 x 35 x 11.4 cm
ISBN-10: 4938249839
ISBN-13: 978-4938249830
鏑木清方画集
 
PgUp 『芸術新潮 1999年 04月号』
副題名:特集 鏑木清方
著者名:新潮社
出版社:新潮社
発行年:1999(平成11)年
言語:日本語
特集 鏑木清方が描き、語る、私の東京ものがたり
鏑木清方の背骨に一本通っていたのは、失われゆく古き東京への痛切な思いだった。もはやわれわれは、清方が遺した画文にすがって、そんな時代を偲ぶしかない。画家みずからの案内で、仇っぽくも凛とした美女たちの闊歩した懐かしき東京へ
雑誌: 144ページ
寸法: 28 x 20.6 x 0.8 cm
ASIN: B00HIZB0VS
芸術新潮 1999年 04月号 [特集 鏑木清方]

▲PageTop 
PgUp 『鏑木清方と金沢八景』
副題名:横浜美術館叢書
著者名:八柳サエ
出版社:有隣堂
発行年:2000(平成12)年12月15日
言語:日本語
大正9年、江戸の名残をとどめる金沢に別荘を求め、風景画に傾倒しながら独自の世界を確立した鏑木清方。大正期の画業を跡づけ、新たな女性美の創造を育んだ金沢での日々を追う。情感豊かな「游心庵絵日記」を収録。
寸法: 21.2 x 15.6 x 2.4 cm 209ページ
鏑木清方と金沢八景 (横浜美術館叢書)
 
PgUp 『鏑木清方』
副題名:巨匠の日本画<復刻版>
著者名:鏑木清方
出版社:学習研究社
発行年:2004(平成16)年10月20日
言語:日本語
失われゆく人情世態に哀惜をこめて描く明治の下町情緒あふれる風俗画。平山郁夫画伯が語る明治庶民派の画家論と鑑賞ガイド。
大型本: 125ページ
寸法: 29.8 x 23.4 x 2 cm
鏑木清方 (巨匠の日本画)

▲PageTop 
PgUp 『こしかたの記』
副題名:中公文庫 改版
著者名:鏑木清方
出版社:中央公論新社
発行年:2008(平成20)年05月
言語:日本語
傑作「築地明石町」の清方は、美術界にあって、ついに流派を立てなかった。新奇に流れず、保守に留まらず、しかも親しまれ愛される清雅な芸術と生涯を自らつづる回想記。幼少期より文展開設の明治末年まで。
文庫: 301ページ
寸法: 15.2 x 10.8 x 1 cm
こしかたの記 (中公文庫)
 
PgUp 『鏑木清方』
副題名:逝きし明治のおもかげ 別冊太陽 日本のこころ 152
著者名:倉田公裕 監修
出版社:平凡社
発行年:2008(平成20)年3月
言語:日本語
江戸の残り香をたたえた美人画と、明治の下町を写した風俗画に東京人の郷愁がにじむ鏑木清方の芸術。その全貌と、清方の生粋の東京人としての生涯を明らかにする。
大型本: 153ページ
寸法: 28.6 x 22 x 0.4 cm
鏑木清方―逝きし明治のおもかげ (別冊太陽 日本のこころ 152)

▲PageTop 
PgUp 『美人画の系譜』
副題名:鏑木清方と東西の名作百選
出版社:青幻舎
発行年:2009(平成21)年1月15日
言語:日本語
近代日本画の歴史において重要な位置を占める美人画は、いずれの時代においても社会の変化や流行を鋭敏に捉え、洗練された美意識により、数多くの名作を生み出してきました。本書では、美人画の収集として名高い福富太郎コレクションより東西の優品100点を収載しました。明治・大正・昭和における時代の変容を見定めつつ多くの人々を魅了してやまない美人画の魅力を紹介します。
解説=内山武夫、島田康寛、福井文夫。
東の美人画
鏑木清方、伊藤深水、竹久夢二、菊池容斎、尾形月耕、富岡永洗、水野年方、梶田半古、池田輝方、渡辺省亭、小林永濯、富岡永洗、池田蕉園、山村耕花、尾竹竹坡、矢沢弦月、山川秀峰、小早川清、横尾芳月、鰭崎英朋、石井鼎湖、寺崎広業、小村雪岱、鳥居言人
西の美人画
上村松園、菊池契月、北野恒富、土田麦倦、堂本印象、岡本神草、島成園、甲斐庄楠音、梶原緋佐子、松浦舞雪、松本華羊、寺島紫明、伊藤小坡、秦テルヲ
単行本: 160ページ B5版
美人画の系譜―鏑木清方と東西の名作百選 (鏑木清方と東西の名作百選)
 
PgUp 『鏑木清方 江戸東京めぐり』
著者名:宮崎徹
出版社:求龍堂
発行年:2014(平成26)年08月
言語:日本語
“神田祭”“築地明石町”“築地川”“御濠端”“向島の花”“墨田河舟遊”…名画の舞台となった場所の写真・地図付。
単行本: 110ページ
寸法: 21.4 x 16.6 x 1.4 cm
ISBN-10: 4763014374
ISBN-13: 978-4763014375
鏑木清方 江戸東京めぐり

▲PageTop 




-  画家 鏑木清方  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on