なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


121

画家  狩野 芳崖(かのう ほうがい)

< b.1828 - d.1888 >        
PgUp 『芳崖と雅邦』
著者名:梅沢精一
出版社:純正美術社
発行年:1920(大正9)年01月
言語:日本語
ASIN: B008YSTOZ2
芳崖と雅邦
 
PgUp 『狩野芳崖』
副題名:民族教養新書
著者名:古川北華
出版社:元々社
発行年:1955(昭和30)年
言語:日本語
新書: 119ページ
サイズ: 17.4 x 11.2 x 1 cm
ASIN: B000JB4M4K
狩野芳崖
 
PgUp 『狩野芳崖』
副題名:水上勉戯曲集
著者名:水上勉
出版社:中央公論社
発行年:1969(昭和44)年11月04日
言語:日本語
13.3x20.3cm : 157ページ
ASIN: B000J952IC
狩野芳崖―水上勉戯曲集

▲PageTop 
PgUp 『幕末の絵師』
副題名:若き日の狩野芳崖
著者名:桂英澄
出版社:新人物往来社
発行年:1972(昭和47)年
言語:日本語
ASIN: B000J93CZC
幕末の絵師―若き日の狩野芳崖
 
PgUp 『近代の美術 17』
副題名:フェノロサと芳崖
著者名:細野正信 佐藤泰三
出版社:至文堂
発行年:1973(昭和48)年7月1日
言語:日本語
雑誌: 106ページ
サイズ: 23 x 18.4 x 0.8 cm
ASIN: B00NPQ0Q9G
近代の美術 17

▲PageTop 
PgUp 『日本の美術〈52〉』
副題名:江戸狩野と芳崖 ブック・オブ・ブックス
著者名:細野正信
出版社:小学館
発行年:1978(昭和53)年06月
言語:日本語
図版96点、参考図版76点の資料写真を掲載しながら、江戸時代の狩野派と幕末明治期の狩野芳崖の動向について解説しています。
サイズ: 20.2 x 15.8 x 2.2 cm : 209ページ
ASIN: B000J8OR7U
日本の美術〈52〉江戸狩野と芳崖(ブック・オブ・ブックス)
 
PgUp 『カンヴァス日本の名画1』
副題名:狩野芳崖
著者名:狩野芳崖 水上勉 細野正信
出版社:中央公論新社
発行年:1979(昭和54)年08月
言語:日本語
単行本: 103ページ
サイズ: 32.6 x 25.6 x 1.2 cm
ISBN-10: 4124008511
ISBN-13: 978-4124008517
カンヴァス日本の名画1

▲PageTop 
PgUp 『週刊アーティスト・ジャパン no.23』
副題名:狩野芳崖
著者名:新集社
出版社:同朋舎出版
発行年:1992(平成4)年07月21日
言語:日本語
サイズ: 28.8 x 22.2 x 0.4 cm
ASIN: B00DEXOXFS
週刊アーティスト・ジャパン no.23
 
PgUp 『森銑三著作集 続編 第6巻 人物篇6』
副題名:狩野芳崖遺聞 ほか
著者名:森銑三
出版社:中央公論社
発行年:1993(平成5)年08月
言語:日本語
単行本: 550ページ
サイズ: 21 x 15.2 x 3.6 cm
ISBN-10: 4124030797
ISBN-13: 978-4124030792
森銑三著作集 続編 第6巻 人物篇6 狩野芳崖遺聞 ほか

▲PageTop 
PgUp 『狩野芳崖・高橋由一』
副題名:日本画も西洋画も帰する処は同一の処
著者名:古田 亮
出版社:ミネルヴァ書房
発行年:2006(平成18)年02月
言語:日本語
同じ文政11年生まれの狩野芳崖と高橋由一は、幕末明治の動乱を生き抜き、かたや近代日本画、かたや近代洋画の基礎をつくった画家である。この対照的な2人の人生と画業を通じて、「近代美術」が形成されていく様を描く。
単行本: 325ページ
寸法: 19 x 12.8 x 3 cm
狩野芳崖・高橋由一―日本画も西洋画も帰する処は同一の処 (ミネルヴァ日本評伝選)
 
PgUp 『狩野芳崖 受胎観音への軌跡』
著者名:中村愿
出版社:山川出版社
発行年:2013(平成25)年05月01日
言語:日本語
狩野芳崖と岡倉覚三との運命的な出遇いが悲母観音を生み、九鬼初子の真摯な心が、受胎観音創作への想いを募らせた。日本美術を護ったのは誰か。文部官僚の苦悩、フェノロサ伝説の真相など、近代美術史の常識を根底から覆す労作。
単行本: 399ページ
サイズ: 19 x 13.4 x 2.8 cm
ISBN-10: 4634150298
ISBN-13: 978-4634150294
狩野芳崖 受胎観音への軌跡

▲PageTop 
PgUp 『狩野芳崖と四天王』
著者名:野地耕一郎 平林彰 椎野晃史
出版社:求龍堂
発行年:2017(平成29)年09月21日
言語:日本語
400年続いた狩野派の最後を飾る狩野芳崖には、4人の高弟がいました。岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城の4人です。彼らは芳崖の最後の弟子として、近代日本画の原点といわれる芳崖の絶筆《悲母観音》の制作を間近で目撃し、「芳崖四天王」と称され、一目置かれる存在でした。しかし、東京美術学校開校前に芳崖が没すると、彼らはなぜか表舞台から消え、忘れ去られた存在となってしまいました。その「芳崖四天王」にスポットを当てたのが本書です。彼らはじつは、近代日本画の本筋とは異なる「もうひとつの水脈」を形成し、狩野派のその後を伝えた重要な存在だったのです。その知られざる画業を紹介するとともに、芳崖とともに生きた橋本雅邦、木村立嶽、狩野友信の作品や、芳崖亡きあとを牽引した岡倉天心の日本美術院に属する横山大観、下村観山、菱田春草、西郷孤月、木村武山の作品を紹介します。時代に翻弄されて変容し消えゆく狩野派の残光と、近代化を克服してキラ星のごとく日本画の歴史に燦然と輝く大家たちの代表作(重要文化財3点含む)を、図版満載で堪能できる一冊です。
大型本: 240ページ
サイズ: 26 x 19 x 2.2 cm
ISBN-10: 4763017233
ISBN-13: 978-4763017239
狩野芳崖と四天王
 




-  画家 狩野芳崖  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2017 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.1m  To Home- on