なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


19

大名  松平 不昧(まつだいら ふまい)

< b.1751 - d.1818 >        
PgUp 『松平不昧』
著者名:内藤正中 島田成矩
出版社:松江今井書店
発行年:1998(平成10)年04月
言語:日本語
松江藩中興の祖、あるいは茶を愛した風流大名として有名な松平不昧を、経済史と文化史の両面から捉え直す。不昧流茶道史料の註釈を加えた増補版。
単行本: 228ページ
松平不昧
 
PgUp 『不昧公と茶の湯』
著者名:安部鶴造
出版社:松江今井書店
発行年:1998(平成10)年08月
言語:日本語
江戸時代の松江を代表する人物・松平不昧公。不昧公と、その流儀を今に伝える不昧流を語る上で欠かせない名著。1965年刊の改訂版。
単行本: 186ページ
寸法: 18 x 12.8 x 1.4 cm
不昧公と茶の湯
 
PgUp 『松平不昧伝』
副題名:増補復刊版
著者名:松平家編輯部
出版社:原書房
発行年:1999(平成11)年12月
言語:日本語
大正六年、松平家編輯部の名をもって刊行された限定本で、上・中・下三巻からなる和装本である。本書ほど広範な史料を駆使して、不昧のあらゆる面に目配りしたものはない。
寸法: 22.6 x 16.6 x 5.2 cm
松平不昧伝

▲PageTop 
PgUp 『松江藩・出入捷覧』
副題名:松平不昧伝・別冊
著者名:安沢秀一
出版社:原書房
発行年:1999(平成11)年12月
言語:日本語
松平不昧が家督を継いだ明和4年(1767年/17歳)から、壊滅状態にあった藩財政を建て直し、さらに彼の没後、天保11年(1840年)には、年来の借財約50万両を完済するまでの松江藩74年間の推移を記念すべく、年次別に整理したもので、藩政時代の財政記録としても第一級史料のもの。
単行本: 180ページ
寸法: 22.4 x 17.2 x 2.4 cm
松江藩・出入捷覧―松平不昧伝・別冊
 
PgUp 『真説 松平不昧』
副題名:江戸中期を生きた見事な大名の生涯
著者名:長尾遼
出版社:原書房
発行年:2001(平成13)年01月
言語:日本語
その積極性と開明性で幾多の難関を越え、治水や殖産に大きな成果をあげて、有数の富裕藩を実現した松平不昧。従来と切り口を変え、不昧をとりまく人々の活躍を描くことによって、「顔の見える不昧」を描く。
単行本: 331ページ
寸法: 19.2 x 13.2 x 3.4 cm
真説松平不昧―江戸中期を生きた見事な大名の生涯

▲PageTop 
PgUp 『週刊名城をゆく15 松江城』
副題名:出雲の茶人大名 松平不昧
著者名:大山邦興
出版社:小学館
発行年:2004(平成16)年05月11日
言語:日本語
寸法: 29.2 x 22.2 x 0.2 cm
ASIN: B009LY1KOQ
週刊 名城をゆく 15 松江城 −出雲の茶人大名 松平不昧-
 
PgUp 『古今名物類聚 上』
副題名:覆刻日本古典全集
著者名:松平不昧 正宗敦夫
出版社:現代思潮新社
発行年:2007(平成19)年01月
言語:日本語
茶器・名蹟等を類聚記載した松平不昧公の撰と昔から云はれる著名なる一書。十七・八卷には、名物切之部として緞子・金襴・間道その他の織物の多色刷板畫を多數收載し、卷尾に品名索引を附す。不昧公は出雲藩七世の主、茶事の名手として不昧流を開き、書は定家流。茶道の名器はその擁護を受けて世に殘つたものが多く、古く東山の義政と併稱される美術品の愛護者である。本書は寛政三年日本橋須原屋板行、正宗敦夫校訂の翻刻である。
単行本: 374ページ
サイズ: 15.4 x 11.6 x 2.6 cm
ISBN-10: 4329006057
ISBN-13: 978-4329006059
古今名物類聚 上

▲PageTop 
PgUp 『古今名物類聚 下』
副題名:覆刻日本古典全集
著者名:松平不昧 正宗敦夫
出版社:現代思潮新社
発行年:2007(平成19)年01月
言語:日本語
茶器・名蹟等を類聚記載した松平不昧公の撰と昔から云はれる著名なる一書。十七・八卷には、名物切之部として緞子・金襴・間道その他の織物の多色刷板畫を多數收載し、卷尾に品名索引を附す。不昧公は出雲藩七世の主、茶事の名手として不昧流を開き、書は定家流。茶道の名器はその擁護を受けて世に殘つたものが多く、古く東山の義政と併稱される美術品の愛護者である。本書は寛政三年日本橋須原屋板行、正宗敦夫校訂の翻刻である。
サイズ: 15.4 x 11.4 x 2.6 cm
ISBN-10: 4329006065
ISBN-13: 978-4329006066
古今名物類聚 下
 
PgUp 『復活! 不昧公大圓祭』
副題名:小林一三が愛した大名茶人・松平不昧
著者名:阪急文化財団逸翁美術館
出版社:阪急文化財団
発行年:2013(平成25)年05月
言語:日本語
2013年4月6日(土)〜6月2日(日)の日程で逸翁美術館で開催の「復活!不昧公大圓祭」の展覧会図録。逸翁が愛した大名茶人・松平不昧。かって、阪急百貨店の古美術街で名品茶道具を集結し開催された「不昧公大圓祭」が今蘇る。
大型本: 82ページ
寸法: 29.4 x 20.8 x 1 cm
ISBN-10: 4784216855
ISBN-13: 978-4784216857
復活!不昧公大圓祭―小林一三が愛した大名茶人・松平不昧

▲PageTop 
PgUp 『松平不昧公茶会記二題』
著者名:米澤義光
出版社:能登印刷出版部
発行年:2014(平成26)年11月07日
言語:日本語
金沢市在住・米澤義光氏による松平不昧公の茶会を研究した書籍。 金澤茶道会を引っ張った第一人者、亀田是庵所蔵の「大圓庵大崎御茶会誌」と島根県立図書館所蔵の文献をまとめております。
単行本(ソフトカバー): 82ページ
サイズ: 29.2 x 20.8 x 1.4 cm
ISBN-10: 4890106472
ISBN-13: 978-4890106479
松平不昧公茶会記二題
 
PgUp 『『大圓菴様御一代御茶事記』翻刻』
副題名:出雲国大社町・手錢記念館所蔵 (松平不昧公茶会記翻刻)
著者名:米澤義光
出版社:能登印刷出版部
発行年:2015(平成27)年12月10日
言語:日本語
出雲松江藩7代藩主で、江戸時代の代表的茶人のひとりである大名茶人・松平治郷(不昧公)の最新茶会記研究。出雲国大社町にある手錢記念館所蔵資料を翻刻し、高橋義雄、高橋龍雄、小林一三ら茶会記の先行研究をもとに、前著(『松平不昧公茶会記二題』)ではできなかった茶道具類の注記を行った渾身の労作。松平不昧公茶会記翻刻第二弾。 ◎手錢家本茶事記の翻刻と詳細解説 ◎茶道具類、使用懸物、御客名、御菓子等の注記および詳細比較 ◎加藤義一郎、小林一三、高橋義雄氏ら、茶会記先行研究の整理と比較 ◎新発掘!! 小堀遠州、松平不昧公が揮毫した墨跡を4点収録
単行本: 152ページ
サイズ: 29.2 x 21 x 1.2 cm
ISBN-10: 4890106588
ISBN-13: 978-4890106585
『大圓菴様御一代御茶事記』翻刻

▲PageTop 
PgUp 『松平不昧』
副題名:茶の湯と美術
著者名:松江歴史館
出版社:山陰中央新報社
発行年:2016(平成28)年04月22日
言語:日本語
大名茶人・松平治郷(不昧)にまつわる茶の湯の一端を紹介する松江歴史館企画展「松平不昧 茶の湯と美術展」に合わせ、出版する図録。江戸・大崎茶苑の概要、不昧直筆の墨跡、茶道具、出雲の工芸品、松江に遺る美術工芸品を通して、不昧の茶の湯や美の遺産を紹介。近年、同館が寄贈を受けた初公開の品々が多く、郷土の歴史文化再考する機会となる。松江歴史館の藤間寛学芸専門監が執筆。
大型本: 71ページ
寸法: 1 x 21 x 26 cm
ISBN-10: 487903195X
ISBN-13: 978-4879031952
松平不昧 茶の湯と美術
 
PgUp 『『不昧公名物茶會記・不昧侯茶會記・大圓庵茶器扣』 翻刻』
副題名:慶應義塾図書館所蔵
著者名:米澤義光
出版社:能登印刷出版部
発行年:2017(平成29)年02月23日
言語:日本語
出雲松江藩7代藩主で、江戸時代の代表的茶人のひとりである大名茶人・松平不昧公没二百回忌記念の茶会記翻刻第三集。不昧公先行研究に新知見を提示、安永四年(1775)から文化十四年(1817)までの茶会記録を網羅。加藤義一郎氏の先行研究に付け加える形で「茶会記年表」を収録した貴重な研究資料。茶会の内容、御客名、使用道具、構成などの変遷を検証する。
単行本: 166ページ
寸法: 29.7 x 21 x 1.1 cm
ISBN-10: 4890107061
ISBN-13: 978-4890107063
『不昧公名物茶會記・不昧侯茶會記・大圓庵茶器扣』 翻刻

▲PageTop 
PgUp 『松平不昧』
副題名:淡交別冊73
出版社:淡交社
発行年:2018(平成30)年04月20日
言語:日本語
松平不昧公没後200年の節目の年にあたり、その人物及び事績を改めて知るとともに、茶人としての功績を顕彰する一冊。
三井記念美術館、島根県立美術館で巡回開催される「大名茶人・松平不昧──お殿様の審美眼」から巻頭に松平不昧の茶道具を特集します。また松江藩の歴史をたどり、不昧の茶室や茶会、不昧の育てた美術工芸、不昧をめぐる人々についてなど幅広く解説。さらに松江のお茶・お菓子文化について知るとともに、松江を中心に催される不昧公200年祭を紹介するガイドも。
サイズ: 28.4 x 20.8 x 0.8 cm
ASIN: B079ZVM8B2
淡交別冊73 松平不昧
 
PgUp 『今に生きる不昧』
副題名:没後200年記念
著者名:山陰中央新報社
出版社:山陰中央新報社
発行年:2018(平成30)年04月20日
言語:日本語
大名茶人として知られる松平不昧公没後200年を記念し、山陰中央新報紙上で2017年に連載企画を単行本化。
大型本: 80ページ
寸法: 30 x 21 x 1 cm
ISBN-10: 4879032123
ISBN-13: 978-4879032126
今に生きる不昧 没後200年記念

▲PageTop 
PgUp 『松平不昧』
副題名:名物に懸けた大名茶人 (茶人叢書)
著者名:木塚久仁子
出版社:宮帯出版社
発行年:2018(平成30)年05月02日
言語:日本語
茶器を集大成した生涯。松江藩19万石の藩主となった若き不昧(治郷)の茶書から、膨大なコレクションを分類・格付けした『古今名物類聚』に至るまでを考察し、その実像に迫る。
単行本: 280ページ
サイズ: 18.8 x 13.4 x 2.6 cm
ISBN-10: 4801601448
ISBN-13: 978-4801601444
松平不昧―名物に懸けた大名茶人 (茶人叢書)
 
PgUp 『お茶の殿様 松平不昧公』
副題名:山陰文化ライブラリー14
著者名:石井悠
出版社:ハーベスト出版
発行年:2018(平成30)年06月26日
言語:日本語
松江を愛し、お茶を愛した松平不昧公の生涯。藩主時代の功績に焦点をあて、生涯にわたって松江のために尽くした姿を明らかにしていく。
単行本(ソフトカバー): 202ページ
サイズ: 18.2 x 12.8 x 1.2 cm
ISBN-10: 4864562687
ISBN-13: 978-4864562683
お茶の殿様 松平不昧公 (山陰文化ライブラリー14)

▲PageTop 
PgUp 『松平不昧公(大圓菴)』
副題名:二百回忌記念茶會記集成
著者名:米澤義光
出版社:能登印刷出版部
発行年:2018(平成30)年07月04日
言語:日本語
松江出雲藩7代藩主で、江戸時代の代表的茶人の一人である松平治郷の茶会記翻刻第四弾(史料集)。過去三冊の翻刻集を再編集し、伝来する各茶会記の系統と流れを分析。2018年は松平不昧公没二百回忌を迎え、松江市、東京、京都等で記念行事が行われている。
単行本: 354ページ
寸法: 29.7 x 21 x 2.2 cm
ISBN-10: 4890107320
ISBN-13: 978-4890107322
松平不昧公(大圓菴)二百回忌記念茶會記集成
 
PgUp 『松平不昧―茶のこころ』
著者名:松江歴史館
出版社:松江歴史館
発行年:2018(平成30)年08月01日
言語:日本語
松江歴史館が主催する「松平不昧―茶のこころ」展(2018年7月13日(金)〜8月26日(日))の解説図録。
大型本: 71ページ
サイズ: 27 x 21 x 0.7 cm
ISBN-10: 4866111194
ISBN-13: 978-4866111193
松平不昧―茶のこころ

▲PageTop 




-  大名 松平不昧  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on