なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/7/12(月)
緊急事態宣言・新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止または、入場制限などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


41

画家  小早川 秋聲(こばやかわ しゅうせい)

< b.1885 - d.1974 >        
PgUp 『蝦夷地の旅から』
著者名:小早川秋聲
出版社:青谷文聖堂
発行年:1920(大正9)年
言語:日本語
作品図版35点収録、巻頭写真4点(著者肖像)、自序、附録(著者稿)
蝦夷地の旅から
 
PgUp 『画家たちの「戦争」』
副題名:とんぼの本
著者名:神坂次郎 河田明久 丹尾安典 福富太郎
出版社:新潮社
発行年:2010(平成22)年07月01日
言語:日本語
「戦争画」とは、どのようなものだったのか?敗戦後65年、十五年戦争開戦80周年を前にして、いまだタブー視されている戦争画の名作をじっくり鑑賞し、様々な意見にふれながら、もう一度、考えてみよう。そこからは「過去」しか見えてこないか?「未来」は…。
単行本: 125ページ
サイズ: 21.3 x 15.1 x 1.5 cm
ISBN-10: 4106022060
ISBN-13: 978-4106022067
画家たちの「戦争」
 
PgUp 『画家と戦争』
副題名:別冊太陽 日本のこころ 220
著者名:河田明久
出版社:平凡社
発行年:2014(平成26)年07月28日
言語:日本語
これまでタブー視されてきた感がある「戦争画」。本書では約190点を紹介。所在不明作品を織り交ぜた「誌上戦争美術展」開催。
ムック: 159ページ
サイズ: 28.8 x 21.8 x 1.2 cm
ISBN-10: 4582922201
ISBN-13: 978-4582922202
画家と戦争

▲PageTop 
PgUp 『小早川秋聲』
副題名:旅する画家の鎮魂歌
著者名:京都府京都文化博物館 東京ステーションギャラリー 鳥取県立博物館 山崎兼慈
出版社:求龍堂
発行年:2021(令和3)年08月16日
言語:日本語
今、最も注目が集まる近代京都日本画家、小早川秋聲の全貌が明らかになる。近年、東京都内での展覧会もあり注目度が上昇している。代表作の戦争画《國之楯》がひときわ目を引くが、その作品の多くはほとんど知られてこなかった。本書は秋聲の初の大規模回顧展となる「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」の公式図録兼書籍で、約110点の作品とともにその画業を追う。幼い頃に寺に衆徒として入り、複数回にわたり兵士として、画家として従軍した異質な経歴と、国内外を問わず旅行を繰り返した生涯から生まれた、清新で抒情的な作品と特異な戦争画を一堂に紹介する。多数の初公開作品を新撮し掲載、その作品の魅力を存分に伝える。最新の調査結果を反映した詳細な年譜・文献目録に加え、研究者・遺族による多くのコラムも所収し、作品だけでなく、人間・小早川秋聲の素顔も明らかにする。今後の秋聲研究の基礎となる充実の一冊。
単行本 ‏ : ‎ 232ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4763021249
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4763021243
小早川秋聲 図録
 




-  画家 小早川秋聲  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2021 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.6m  To Home- on