なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


4

工芸家  早川 謙之輔(はやかわ けんのすけ)

< b.1938 - d.2005 >        
PgUp 『木工の世界』
副題名:新潮選書
著者名:早川謙之輔
出版社:新潮社
発行年:1996(平成8)年11月
言語:日本語
家具・調度のたぐいにインテリア、日常手にする小物まで、身の回りの木工を現代の匠が描くエッセー集。製作のうら話から楽しい暮らしへの実用のアイデアまで、木工の面白さを伝える。
単行本: 237ページ
サイズ: 19 x 12.8 x 2 cm
ISBN-10: 4106005085
ISBN-13: 978-4106005084
木工の世界 (新潮選書)
 
PgUp 『黒田辰秋 木工の先達に学ぶ』
著者名:早川謙之輔
出版社:新潮社
発行年:2000(平成12)年05月01日
言語:日本語
木について、道具について、漆について、現代の名工は偉大な先達から何を学んだのか。近代木工における傑出した存在・黒田辰秋の世界を、20年余りの熱い交流から描く。
単行本: 188ページ
サイズ: 20 x 14 x 2.4 cm
ISBN-10: 4103926023
ISBN-13: 978-4103926023
黒田辰秋 木工の先達に学ぶ
 
PgUp 『木工のはなし』
副題名:新潮文庫
著者名:早川謙之輔
出版社:新潮社
発行年:2002(平成14)年05月
言語:日本語
木はしっかりした意志があるものであって、筋の通った注文しか受けつけない―。山に囲まれた裏木曾の小さな村で、日常生活に用いられる家具や道具を一つ一つ手仕事で製作し続けて四十余年。素材としての木に真剣に取り組み、新しい形を与えることで、その魂を蘇らせてきた名匠が、さまざまな木、工具、製作現場、師と仰ぐ人物との出会いを綴った、木の香りが立ち昇るエッセイ集。
文庫: 317ページ
サイズ: 15 x 10.6 x 1.2 cm
ISBN-10: 4101380317
ISBN-13: 978-4101380315
木工のはなし

▲PageTop 
PgUp 『木に学ぶ』
副題名:新潮新書
著者名:早川謙之輔
出版社:新潮社
発行年:2005(平成17)年02月
言語:日本語
木の文化は今も生きている―。木曽桧はなぜ特別なのか。針葉樹と広葉樹はどこが違う。木目はいかにしてできるのか。縄文時代の技術レベルは。鋸の普及していない奈良時代に板はどうして作ったのか。「木挽き」や「剥ぎ師」のすごさとは。伊勢神宮の御木とは。奈良の寺の古材から何がわかるか。音と木の関係とは。…木工四十余年、現代の名匠が木と人の長い歴史を考える。
新書: 183ページ
サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
ISBN-10: 4106101068
ISBN-13: 978-4106101069
木に学ぶ (新潮新書)
 




-  工芸家 早川謙之輔  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on