なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/1/15(金)
緊急事態宣言・新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


6

文学家  Paula Fox(ポーラ フォックス)

< b.1923 - d.2017 >        
PgUp 『どれい船にのって』
著者名:ポーラ・フォックス 和栗賢一 ホゥゴー政子
出版社:福武書店
発行年:1989(平成1)年06月30日
言語:日本語
かあさんにたのまれてお使いにでかけたぼくは、裏通りで2人のあらくれ男につかまってしまった。つれていかれたのは恐ろしいどれい船の上だった。これからアフリカにどれいを買いに行くのだという。男たちはぼくに、おまえには特別な仕事がある、というのだが…。19世紀の海を舞台に、13歳の少年が目にした悲惨な現実を、深い人間洞察をまじえて描く波瀾にとんだ物語。アメリカ・ニューベリー賞受賞作!小学校高学年から。
単行本: 230ページ
ISBN-10: 4828813594
ISBN-13: 978-4828813592
どれい船にのって
 
PgUp 『片目のねこ』
副題名:心の児童文学館シリーズ
著者名:ポーラ・フォックス 須賀崇子 坂崎麻子
出版社:ぬぷん児童図書出版
発行年:1990(平成2)年06月05日
言語:日本語
ネッドは11歳になろうとしていた。11歳の誕生日は大切な日だとだれもがいう。ヒラリーおじさんは、誕生日に空気銃を贈ってくれた。パパは、銃を使うのは、まだはやいから、屋根裏部屋にしまっておくようにという。だが、その夜、空気銃をもちだしたネッドは撃つ気もなしに、闇の中で銃をかまえ、黒い影が動いた瞬間、引金をひいてしまう。秋から冬へかけ、ネッドは悩む、自分が傷つけたかも知れない片目になったねこと、ママとパパの信頼を裏切ったこと。そして、ネッドは老人のスカリーさんの家に手伝いにいく。片目のねこがスカリーさんとの結び付きをいっそうふかめていく。長い冬の苦しみを越え、春とともに、ネッドのなかに生きるために一番大切なものが育っていく。
単行本: 246ページ
寸法: 21.6 x 15.2 x 2 cm
ISBN-10: 4889751432
ISBN-13: 978-4889751437
片目のねこ (心の児童文学館シリーズ)
 
PgUp 『十一歳の誕生日』
副題名:心の児童文学館シリーズ
著者名:ポーラ・フォックス 坂崎麻子
出版社:ぬぷん児童図書出版
発行年:1998(平成10)年05月05日
言語:日本語
十一歳の誕生日にもらった空気銃を、その夜ネッドは持ち出して、闇の中で引き金をひいてしまう。自分が誰かを傷つけたかもしれないこと、ママとパパの信頼を裏切ったことをネッドは悩む…。90年刊「片目のねこ」の改題改訂。
単行本: 246ページ
寸法: 21.8 x 15.4 x 2 cm
ISBN-10: 4889751408
ISBN-13: 978-4889751406
十一歳の誕生日 (心の児童文学館シリーズ)

▲PageTop 
PgUp 『西風がふくとき』
副題名:おばあちゃんとの日々
著者名:ポーラ・フォックス 村田収 清水奈緒子
出版社:文研出版
発行年:1999(平成11)年06月
言語:日本語
夏休みを、祖母の住む小島で過ごすことになったエリザベスは、生まれたばかりの弟のせいだと思い、かたくなな態度をとる。夏の終わり、祖母と心が通いあうようになったころ、自分が島で過ごすことになった本当の理由を知る。
単行本: 191ページ
寸法: 22 x 14.8 x 1.8 cm
ISBN-10: 4580812387
ISBN-13: 978-4580812383
西風がふくとき―おばあちゃんとの日々
 
PgUp 『フグは海に住む』
副題名:ベンの旅立ち
著者名:ポーラ・フォックス 吉川聡子 森恵子
出版社:さえら書房
発行年:2000(平成12)年04月
言語:日本語
「フグは海に住む」と、ところかまわず書きちらかす主人公のベンは十八歳。祖父の死を境にすっかり変わってしまい、無気力で学校へも行かず、きたないかっこうをして、のばした髪の毛には革バンドをしています。物語の語り手であるキャリーは十二歳、ベンの父親ちがいの妹です。いまの家族のだれもが、ベンを愛し心配していますが、ベンは殻にとじこまるばかり。そんなある日、ベンの実の父親から手紙が届き、兄妹は父親に会いにボストンへ出向くことになります。ボストンで一日すごした後、ベンが選んだ道は…。
単行本: 127ページ
寸法: 20.8 x 15.4 x 1.8 cm
ISBN-10: 4378007592
ISBN-13: 978-4378007595
フグは海に住む―ベンの旅立ち

▲PageTop 
PgUp 『光の子がおりてきた』
著者名:ポーラ・フォックス 平野卿子
出版社:金の星社
発行年:2000(平成12)年12月
言語:日本語
ポールの親は、ダウン症の弟にかかりきり。嫉妬とさびしさから弟を無視するポール。でも、いつしか弟への愛情がめばえていく。少年がとまどいつつ、障害児の弟を受けいれるまでを描く感動作。小学校高学年〜中学生向き。
単行本: 189ページ
寸法: 19.2 x 13.6 x 1.6 cm
ISBN-10: 4323063121
ISBN-13: 978-4323063126
光の子がおりてきた
 




-  文学家 ポーラ・フォックス  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.1m  To Home- on