なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


3

王族  愛新覚羅 顕g(あいしんかくら けんき)

< b.1918 - d.2014 >        
PgUp 『清朝の王女に生れて』
副題名:日中のはざまで
著者名:愛新覚羅顕g
出版社:中央公論社
発行年:1986(昭和61)年11月
言語:日本語
清朝最後の王族といわれる粛親王の王女として生まれた愛新覚羅顕gの感動的自伝。故郷旅順や実姉の「女スパイ」川島芳子の思い出、女子学習院への留学から文革下二十数年の獄中生活・強制労働など、数奇な半生を綴る回想記。
ハードカバー: 241ページ
ISBN-10: 4120015424
ISBN-13: 978-4120015427
清朝の王女に生れて―日中のはざまで
 
PgUp 『清朝の王女に生れて』
副題名:中公文庫
著者名:愛新覚羅顕g
出版社:中央公論社
発行年:1990(平成2)年04月
言語:日本語
故郷・旅順や実姉の「女スパイ」川島芳子の思い出、女子学習院への留学から戦後北京での生活、そして文革下二十数年の獄中生活・強制労働など、さすらいの王女が自らの劇的な半生をつづる感動的な自伝。
文庫: 288ページ
寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
ISBN-10: 4122017041
ISBN-13: 978-4122017047
清朝の王女に生れて―日中のはざまで (中公文庫)
 
PgUp 『清朝の王女に生れて』
副題名:日中のはざまで 改版
著者名:愛新覚羅顕g
出版社:中央公論新社
発行年:2002(平成14)年12月
言語:日本語
故郷・旅順や実姉の「女スパイ」川島芳子の思い出、女子学習院への留学から戦後の北京での生活、そして文革下二十数年の獄中生活・強制労働など、さすらいの王女が自らの劇的な半生をつづる感動的な自伝。
文庫: 288ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
ISBN-10: 4122041392
ISBN-13: 978-4122041394
清朝の王女に生れて―日中のはざまで (中公文庫BIBLIO)

▲PageTop 




-  その他 愛新覚羅顕g  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on