なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


6

文学家  Ray Bradbury(レイ ブラッドベリ)

< b.1920 - d.2012 >        
PgUp 『たんぽぽのお酒』
副題名:文学のおくりもの 1
著者名:レイ・ブラッドベリ 北山克彦
出版社:晶文社
発行年:1971(昭和46)年06月
言語:日本語
輝く夏の陽ざしのなか、12歳の少年ダグラスはそよ風にのって走る。その多感な心にきざまれる数々の不思議な事件と黄金の夢…。夏のはじめに仕込んだタンポポのお酒一壜一壜にこめられた、少年の愛と孤独と夢と成長の物語。「イメージの魔術師」ブラッドベリがおくる少年ファンタジーの永遠の名作。
単行本: 351ページ
寸法: 19.6 x 13.8 x 2.2 cm
たんぽぽのお酒 (文学のおくりもの 1)
 
PgUp 『ブラッドベリがやってくる』
副題名:小説の愉快
著者名:レイ・ブラッドベリ 小川高義
出版社:晶文社
発行年:1996(平成8)年06月
言語:日本語
SF・ファンタジー文学の巨星。自転車に乗った思索者。クリスマス・プレゼントにおもちゃを熱望する永遠の少年。―すなわちブラッドベリ。12歳でおもちゃのタイプライターを叩きはじめてから、1日1000語ずつ、30万語書きあげたころ、処女作『みずうみ』が生まれでた。ブラッドベリ、22歳。世界中の読者を魅了した『華氏451度』や『たんぽぽのお酒』は、いかにして書かれたか。少年時代という創作の源泉から、作品に命をあたえる一滴のエッセンスを抽出するには。愉快で真剣な小説作法を惜しげもなくあかし、書くことの喜びをうたいあげるファン必読の一冊。魅惑のエッセイに詩8編を付して、待望の初邦訳。
単行本: 190ページ
寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
ブラッドベリがやってくる―小説の愉快
 
PgUp 『ブラッドベリはどこへゆく』
副題名:未来の回廊
著者名:レイ・ブラッドベリ 小川高義
出版社:晶文社
発行年:1996(平成8)年06月
言語:日本語
SFとは何か。いまだ建たない都市について、その歴史を書くこと―。アート。建築。科学。街づくり。ブラッドベリは、時間と空間、現実と空想のはざまを自在に飛びはねながら、未来へのコンセプトをさまざまな語りつづけてきた。科学技術とは、人間の願いをかたちづくる手の延長だ。ならば、とこんなお楽しみがひねりだされる。本好きなら卒倒しそうな魅惑の未来型書店。蝶番やトンカチに目がない人のための、最先端DIY店。ぞんぶんに迷子気分を楽しめる、電気式大時間迷路…。天駆ける心を生涯もちつづけたディズニーや、ルネサンス美術の老大家ベレンソンらとの親しい交わりについても。少年の快活さとへこたれることのない夢が炸裂する、ダイナミックなエッセイ。およそ40年の集成を、大望の初邦訳。
単行本: 299ページ
寸法: 18.8 x 13.6 x 2.6 cm
ブラッドベリはどこへゆく―未来の回廊

▲PageTop 
PgUp 『死ぬときはひとりぼっち』
著者名:レイ・ブラッドベリ 小笠原豊樹
出版社:文藝春秋
発行年:2005(平成17)年09月25日
言語:日本語
夜霧に沈む港町。住民が怪死を遂げてゆく。その謎を追う男は迷宮に迷いこむ…。名匠の静かな叙情が冴え渡る幻想探偵小説。「黄泉からの旅人」「さよなら、コンスタンス」へと続く、ハードボイルド三部作の第一作。
単行本: 400ページ
寸法: 19 x 13.4 x 2.8 cm
死ぬときはひとりぼっち
 
PgUp 『ブラッドベリ年代記』
著者名:サム・ウェラー 中村融
出版社:河出書房新社
発行年:2011(平成23)年03月16日
言語:日本語
本人や関係者への徹底的なインタビューに基づいて、誕生から現在にいたる足跡を丹念にたどる。偉大なる「宇宙時代の抒情詩人」―その記憶の全貌。レイ・ブラッドベリ初の伝記。
単行本: 432ページ
寸法: 19.4 x 13.4 x 3.6 cm
ブラッドベリ年代記

▲PageTop 
PgUp 『ブラッドベリ、自作を語る』
著者名:レイ・ブラッドベリ サム・ウェラー 小川高義
出版社:晶文社
発行年:2012(平成24)年06月02日
言語:日本語
「華氏451度」「火星年代記」「たんぽぽのお酒」などの傑作を生み出し、SFを文学の領域にまで高めた巨匠レイ・ブラッドベリ。政治家のゴルバチョフから映画監督のヒッチコック、ミュージシャンのデビッド・ボウイまで、愛読者は幅広く、現代の文化・社会に与えた影響ははかりしれない。本書は、ブラッドベリとその研究の第一人者サム・ウェラーの、10年以上にわたる対話から生まれた。創作秘話、著名人との交遊、愛、信仰、未来予測……、ときに愉快で、熱くて、頑固で、人を驚かせ、愛にあふれる、ブラッドベリの生の姿が記録されている。
単行本(ソフトカバー): 404ページ
寸法: 18.6 x 13 x 3.4 cm
ブラッドベリ、自作を語る
 




-  文学家 レイ・ブラッドベリ  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on