なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


3

文学家  戸板 康二(といた やすじ)

< b.1915 - d.1993 >        
PgUp 『あの人この人』
副題名:昭和人物誌
著者名:戸板康二
出版社:文藝春秋
発行年:1996(平成8)年11月
言語:日本語
江戸川乱歩、小泉信三、三島由紀夫、徳川夢声、有吉佐和子など昭和を彩った文化人34人の素顔。これらの人々と親交深かった著者だけが知り得た珍しいエピソードや新事実で鮮やかに人間性を描出している。「ちょっといい話」に通じる知的面白さと、滋味あふれるエッセイの楽しさを兼ね備えた稀有な評伝集。
文庫: 413ページ
寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
あの人この人―昭和人物誌 (文春文庫)
 
PgUp 『思い出す顔』
副題名:戸板康二メモワール選
著者名:戸板康二
出版社:講談社
発行年:2008(平成20)年05月09日
言語:日本語
昭和を代表する演評家、推理作家、俳人の戸板康二はまた、歌舞伎、映画、雑誌など、幅広い世界で蒐集した「ちょっといい話」を絶妙な筆待で描く無類のユーモリストだった。数多の著書から六十代に書かれた『回想の戦中戦後』『思い出す顔』の二作品二十三篇を抄録。師折口信夫も市井の無名の人も同じあたたかい目線で捉えたエスプリ溢れる文章は、読む者に幸福感を与えてやまない。時代と人への芳醇なメモワール。
単行本: 352ページ
寸法: 15.2 x 10.8 x 1.2 cm
思い出す顔 戸板康二メモワール選 (講談社文芸文庫)
 
PgUp 『戸板康二の歳月』
副題名:ちくま文庫
著者名:矢野誠一
出版社:筑摩書房
発行年:2008(平成20)年09月10日
言語:日本語
都会的なエスプリを身上とし、演劇評論、推理小説、随筆など多ジャンルで活躍した文筆家・戸板康二。豊かな才能の傍らには、多くの文人たちとの交流があった。久保田万太郎、折口信夫、福田恆存、芥川比呂志ら昭和を代表する文人たち、また演劇、歌舞伎人たち。彼らとの交わりと、「東京人」戸板康二の感性を、彼を師と仰いだ著者が深い哀惜をもって描く、渾身の評伝。
文庫: 365ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
戸板康二の歳月 (ちくま文庫)

▲PageTop 




-  文学家 戸板康二  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.6m  To Home- on