なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/1/15(金)
緊急事態宣言・新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


6

文学家  Robert Parker(ロバート パーカー)

< b.1932 - d.2010 >        
PgUp 『Early Autumn』
著者名:Robert B. Parker
出版社:Dell
発行年:1992年04月05日
言語:英語
離婚した夫が連れ去った息子を取り戻してほしい。―スペンサーにとっては簡単な仕事だった。が、問題の少年、ポールは彼の心にわだかまりを残した。対立する両親の間で駆け引きの材料に使われ、固く心を閉ざして何事にも関心を示さない少年。スペンサーは決心する。ポールを自立させるためには、一からすべてを学ばせるしかない。スペンサー流のトレーニングが始まる。―人生の生き方を何も知らぬ少年と、彼を見守るスペンサーの交流を描き、ハードボイルドの心を新たな局面で感動的に謳い上げた傑作。
マスマーケット: 224ページ
寸法: 17 x 10.4 x 1.5 cm
Early Autumn
 
PgUp 『冷たい銃声』
副題名:ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-49 スペンサー・シリーズ
著者名:ロバート・B・パーカー 菊池光
出版社:早川書房
発行年:2009(平成21)年05月05日
言語:日本語
背中から銃撃され、ホークが瀕死の重傷を負った。彼が護衛していた賭け屋一家も殺され、ホークは静かに復讐を誓う。しかし事件の背後には、襲撃の実行犯であるウクライナ・ギャングだけでなく、旧知のギャング、トニイ・マーカスをはじめ、様々な人物の思惑が絡み合っていた…スペンサーの協力のもと、ホークは真相を追い、復讐計画を練り上げていく。砕かれた誇りを取り戻す、ホークがホークであるための闘いが始まる。
文庫: 384ページ
寸法: 15.8 x 10.6 x 1.8 cm
冷たい銃声 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-49 スペンサー・シリーズ)
 
PgUp 『灰色の嵐』
副題名:ハヤカワ・ノヴェルズ
著者名:ロバート・B・パーカー 加賀山卓朗
出版社:早川書房
発行年:2009(平成21)年06月10日
言語:日本語
大金持ちの有名人、ハイディ・ブラッドショーがスペンサーを訪れ、娘の結婚式で自分のそばについていてほしいと頼んできた。奇妙で曖昧な依頼を怪しみつつも、スペンサーはスーザンとともにマサチューセッツ沖のハイディ所有の孤島へと赴く。豪華な顔ぶれの招待客が島に集まってくるなか、スペンサーは思いがけない人物を見かける。かつてスペンサーを殺しかけ、のちに協力しあったこともある因縁のガンマン、“灰色の男”であった。華やかな結婚式にはそぐわない殺し屋の存在に不吉な予感がみなぎる。ハリケーン級の嵐が荒れ狂うなかで式は強行されたが…。式がクライマックスにさしかかったそのとき、招かれざる客・灰色の男はマシンガンで武装した部下を率いて現れた。銃撃、誘拐そしてスーザンを守ることを最優先したスペンサーを残し、灰色の男は大型ヘリコプターで逃走する。灰色の男の彼らしからぬ劇的な犯行。また、依頼人ハイディは非常事態に取り乱した様子もない。灰色の男が現われる場所にスペンサーが呼ばれていたのは本当に偶然なのか。不審を抱いたスペンサーは、独自に調査を開始した。死闘を演じた過去にもかかわらずお互いを理解し合ったかに思われたスペンサーと灰色の男。やはり相容れぬ敵同士でしかありえないのか―。謎の男の核心へ分け入るスペンサーの調査は、意外な真実へとたどり着く。
単行本: 304ページ
寸法: 19 x 12.8 x 2.4 cm
灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

▲PageTop 
PgUp 『ブリムストーンの激突』
副題名:ハヤカワ・ノヴェルズ
著者名:ロバート・B・パーカー 山本博
出版社:早川書房
発行年:2009(平成21)年10月08日
言語:日本語
レゾリューションでの闘いから一年。ヴァージル・コールとその長年の相棒エヴェレット・ヒッチは、一人の女の捜してニューメキシコからテキサスを南下するはるかな旅の途上にあった…。彼らはリオ・グランデ川に近いうらぶれた町で女を見つける。アリー・フレンチ、アパルーサでヴァージルと愛し合いながらも次々とほかの男に身をゆだね、彼を捨てて逃げていた女だ。彼女は最低の娼婦に身を落としていた。ヴァージルとエヴェレットは彼女が立ち直るまで、ブリムストーンという繁栄しつつある町に保安官助手として腰を落ち着けることを決める。ブリムストーンの有力者は、元ギャングの酒場の主人パイクと狂信的キリスト教団を率いる伝道師ブラザー・パーシヴァルの二人。酒場を経営するパイクと、酒場を罪悪として糾弾するパーシヴァルとのあいだには不穏な気配が漂っている。そんな中、町の周辺で同じ犯人によると思われる牛馬泥棒・殺人・誘拐事件が頻発し始めた。現場にはいつも奇妙なインディアンの矢が残されていたが…。男たちの欲望渦巻く西部の町で、かよわき者たちを守るヴァージルとエヴェレットの正義の銃が火を噴く!『アパルーサの決闘』『レゾリューションの対決』に続いてミステリ界の巨匠パーカーが贈る白熱のハードボイルド・ウェスタン。
単行本: 320ページ
寸法: 19.2 x 13.8 x 2.8 cm
ブリムストーンの激突 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
 
PgUp 『スクール・デイズ』
副題名:ハヤカワ・ミステリ文庫
著者名:ロバート・B.パーカー 加賀山卓朗
出版社:早川書房
発行年:2009(平成21)年10月10日
言語:日本語
ボストン郊外のハイスクールでスキーマスクをした二人組による銃乱射事件が発生、生徒の少年二人が逮捕された。容疑者の一人、ジェレドの祖母がスペンサーを訪れ、孫の濡れ衣を晴らしてほしいと言う。スペンサーは調査を始めるが、警察をはじめ関係者は皆、事件に早く幕を引きたがっている様子だ。背後にはいったい何が隠されているのか?スーザンもホークも不在のなか、孤高の騎士スペンサーが少年の心の奥に潜む真実を探る。
新書: 379ページ
寸法: 15.8 x 10.6 x 2 cm
スクール・デイズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

▲PageTop 
PgUp 『プロフェッショナル』
副題名:ハヤカワ・ノヴェルズ
著者名:ロバート・B.パーカー 加賀山卓朗
出版社:早川書房
発行年:2009(平成21)年11月09日
言語:日本語
スペンサー、強請屋を追う―情欲と金に目のくらんだ女たち。流儀を曲げぬ男たち。破局へと突き進む男と女をスペンサーは救えるか?シリーズ最新作。
単行本: 320ページ
寸法: 19.2 x 14 x 2.8 cm
プロフェッショナル (ハヤカワ・ノヴェルズ)
 




-  文学家 ロバート・パーカー  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.1m  To Home- on