なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


181

美術家  鴻池 朋子(こうのいけ ともこ)

< b.1960 -     >        
PgUp 『みみお』
著者名:鴻池朋子 スタイナー翻訳ビューロー
出版社:青幻舎
発行年:2001(平成13)年12月
言語:日本語
「世界はいつも密やかで、すばらしく、謎に満ちている」懐かしいのに誰も見たことのない絵本。常闇から生まれてきた"みみお"が春夏秋冬の中、五感を巡る旅をする。細密な鉛筆画が描きだす魂の冒険。
寸法: 30.8 x 21.4 x 1.8 cm
みみお
 
PgUp 『狐媚記』
副題名:ホラー・ドラコニア少女小説集成
著者名:澁澤龍彦 鴻池朋子
出版社:平凡社
発行年:2004(平成16)年03月20日
言語:日本語
体をください…。ダキニの呪いが悪霊を呼ぶ! 左少将の屋敷内のものはことごとく呆然自失して、発すべきことばもなかった。それはそうだろう。北の方が狐の子を産みおとしてしまったというのだから…。暗黒オカルト小説。
単行本: 123ページ
寸法: 18.6 x 13.6 x 2 cm
狐媚記 (ホラー・ドラコニア少女小説集成)
 
PgUp 『美術手帖 2008年 07月号』
副題名:アーティストによるアーティスト論
出版社:美術出版社
発行年:2008(平成20)年06月18日
言語:日本語
『美術手帖』創刊60周年リニューアル第3弾!世界中が注目する「日本のアーティスト」特集が、満を持しての登場です。特集では、総勢30名の日本を代表するアーティストが「アーティストとしての自分自身を語る」という手法で、日本の現代アートのリアリティを浮き彫りにします。
第2特集ではアート界のカリスマ、デミアン・ハーストの最新インタビューを独占掲載。日本と海外のアートの「現在」をフィーチャーした、見逃せない一冊です。
寸法: 20.8 x 14.4 x 1.6 cm
美術手帖 2008年 07月号 [雑誌]

▲PageTop 
PgUp 『ネオテニー・ジャパン』
副題名:高橋コレクション
著者名:内田真由、児島やよい
出版社:美術出版社
発行年:2008(平成20)年08月22日
言語:日本語
奈良美智、村上隆から最新アーティストまで、日本が世界に誇る33人が顔を揃えた、奇跡のコンピレーション・ブック。
単行本: 160ページ
寸法: 24.8 x 18.2 x 1.4 cm
ネオテニー・ジャパン──高橋コレクション
 
PgUp 『インタートラベラー 死者と遊ぶ人』
著者名:鴻池朋子
出版社:羽鳥書店
発行年:2009(平成21)年09月09日
言語:日本語
読者は、インタートラベラーという旅人に。そして地球の中心―6371kmへの旅が始まる。壮大な世界観がいま最も注目を集めるアーティスト鴻池朋子の本格的作品集。
単行本: 117ページ
寸法: 25.8 x 18.4 x 2 cm
ISBN-10: 4904702034
ISBN-13: 978-4904702031
インタートラベラー 死者と遊ぶ人

▲PageTop 
PgUp 『焚書 World of Wonder』
著者名:鴻池朋子
出版社:羽鳥書店
発行年:2011(平成23)年04月28日
言語:日本語
「インタートラベラー」の壮大な世界観で話題を呼んだアーティスト鴻池朋子の絵本。 何十億年の時を駆け、想像力をめぐる旅がはじまる――「World of Wonder なんてすばらしいせかい」。鴻池自らが言葉をつむぎ、宇宙のうねりをドローイングのみで描き出す。
単行本: 48ページ
寸法: 29.8 x 25.5 x 1.4 cm
ISBN-10: 4904702204
ISBN-13: 978-4904702208
焚書 World of Wonder
 
PgUp 『根源的暴力』
著者名:鴻池朋子
出版社:羽鳥書店
発行年:2015(平成27)年12月11日
言語:日本語
もはや 同じものでは いられない.鴻池朋子6年ぶりの作品集。寄稿 奥脇嵩大(青森県立美術館学芸員)「裂け目にて」、坂本里英子(セゾン現代美術館学芸員)「迎え入れる手」
単行本: 152ページ
寸法: 21 x 13 x 1.6 cm
ISBN-10: 4904702581
ISBN-13: 978-4904702581
根源的暴力

▲PageTop 
PgUp 『どうぶつのことば』
副題名:根源的暴力をこえて
著者名:鴻池朋子
出版社:羽鳥書店
発行年:2016(平成28)年09月06日
言語:日本語
特異な本である。一言では括(くく)れない。でも、その説明不可能さこそが本書の本質だ。著者は動物をモチーフにした作品で知られる美術家。東日本大震災を境に自分の作るものにまったく興味が持てなくなるという体験をする。子どものころから「動物に対しては全開していて、危ういほど境界」がなく、想像力を駆使して描くのに苦労はなかった。苦しいのはその説明を求められたとき。「現代美術という狭い枠組みでは、自分の中の動物との関係は隠しておいて、護(まも)りたかった」だが大地震により、その覆いがはぎ取られてしまう。自分の内部にあるイメージを広げてくれるのとは異なる、「私を突破し」「二度と表現することなどできない極限へと、私を押しやろうとする」力と遭遇する。それを彼女は「想像力」と呼ぶが、その力に打ち勝って作品を表出する蓄えがないのを自覚、制作から手を引いて旅にでた。本書はその四年半の記録である。
単行本: 384ページ
寸法: 21.8 x 15.6 x 2.4 cm
ISBN-10: 4904702638
ISBN-13: 978-4904702635
どうぶつのことば──根源的暴力をこえて
 


美術家 鴻池朋子 登録数  
プロフィール経歴  0文献  8作品  0資料  0展覧会  1


-  美術家 鴻池朋子  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on