なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


171

画家  岡本 太郎(おかもと たろう)

< b.1911 - d.1996 >        
PgUp 『自分の中に毒を持て』
副題名:あなたは“常識人間”を捨てられるか
著者名:岡本太郎
出版社:青春出版社
発行年:1993(平成5)年08月
言語:日本語
あたりまえの人間なんて屁の役にも立ちゃしない。いつも興奮と喜びに満ちた自分になる。
文庫: 218ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
 
PgUp 『今日の芸術』
副題名:時代を創造するものは誰か
著者名:岡本太郎
出版社:光文社
発行年:1999(平成11)年03月
言語:日本語
「今日の芸術は、うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない」。―斬新な画風と発言で大衆を魅了しつづけた岡本太郎。この書は、刊行当時、人々に衝撃を与え、ベストセラーとなった。彼が伝えようとしたものは何か?時を超え、新鮮な感動を呼び起こす「伝説」の名著、ついに復刻。
文庫: 258ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)
 
PgUp 『芸術は爆発だ!』
副題名:岡本太郎痛快語録
著者名:岡本敏子
出版社:小学館
発行年:1999(平成11)年10月
言語:日本語
岡本太郎もイジメられっ子だった。高圧的な先生に反抗して登校拒否、一年生で四つも学校を変えるがどこにもなじめない。入った寄宿舎では子供たちから酷いイジメを受け、パリ留学の後、三十歳で入隊した軍隊では下士官に毎晩のように殴られる…。しかし、岡本太郎はくじけない。己を貫き、闘いつづける。「誤解される人の姿は美しい」と。鮮烈な印象を与えつづける岡本太郎の言葉と、秘書・養女として約五十年にわたり一挙一動を見守ってきた岡本敏子の解説の組み合わせによる、岡本太郎伝の決定版。
文庫: 263ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
芸術は爆発だ!―岡本太郎痛快語録 (小学館文庫)

▲PageTop 
PgUp 『強く生きる言葉』
著者名:岡本太郎 岡本敏子
出版社:イーストプレス
発行年:2003(平成15)年04月
言語:日本語
岡本太郎が普段の生活の中で動きまわりながら、ふっと洩らす言葉。その中から彼の独特の哲学、人生論というべきものを集める。強烈な強さと優しさで、「生きる力」と「夢をかなえる勇気」を与えるメッセージの数々。
単行本: 176ページ
寸法: 17.8 x 10.2 x 2.4 cm
強く生きる言葉
 
PgUp 『美の呪力』
副題名:新潮文庫
著者名:岡本太郎
出版社:新潮社
発行年:2004(平成16)年02月
言語:日本語
私は幼い時から、「赤」が好きだった。血を思わせる激しい赤が―。取り繕われた芸術品や輸入文化に背を向け、神聖な巨石、鮮血と太陽、マンダラ宇宙、聖なる火、夜と闇、戦慄の仮面、無限の組紐文など、もの言わぬ文化や神秘的な事象に注目する。原始からの鼓動に耳を傾け、中世の色彩に心動かされ、現代世界について深く思考する、恐るべきパワーに溢れた美の聖典が、いま甦った。
文庫: 279ページ
寸法: 15 x 10.8 x 1 cm
美の呪力 (新潮文庫)

▲PageTop 
PgUp 『壁を破る言葉』
著者名:岡本太郎
出版社:イーストプレス
発行年:2005(平成17)年04月
言語:日本語
出口を探している、すべての人へ。なぜ、創るのか。なぜ、生きるのか。岡本太郎から強烈な一撃!ベストセラー「強く生きる言葉」に続く第2弾。
単行本: 180ページ
寸法: 17.8 x 11.2 x 2.4 cm
壁を破る言葉
 
PgUp 『日本の伝統』
副題名:知恵の森文庫
著者名:岡本太郎
出版社:光文社
発行年:2005(平成17)年05月10日
言語:日本語
「法隆寺は焼けてけっこう」「古典はその時代のモダンアート」「モーレツに素人たれ」―伝統とは創造であり、生きるための原動力であると主張する著者が、縄文土器・尾形光琳・庭園を題材に、日本の美の根源を探り出す。『今日の芸術』の伝統論を具体的に展開した名著、初版本の構成に則って文庫化。著者撮影写真、多数収録。
文庫: 292ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
日本の伝統 (知恵の森文庫)

▲PageTop 
PgUp 『愛する言葉』
著者名:岡本太郎 岡本敏子
出版社:イーストプレス
発行年:2006(平成18)年06月
言語:日本語
「好きな人がいたら、真っ直ぐに見つめること」 天才芸術家岡本太郎とそのパートナー岡本敏子。ふたりが遺した、激しく熱く純粋な、男が男のまま、女が女のまま、愛するためのメッセージ。
単行本: 181ページ
寸法: 17.8 x 11.2 x 1.4 cm
愛する言葉
 
PgUp 『岡本太郎 「明日の神話」 再生への軌跡 [DVD]』
著者名:岡本太郎
出版社:バップ
発行年:2006(平成18)年12月
言語:日本語
岡本太郎の代表作「太陽の塔」と対をなす作品といわれる巨大壁画「明日の神話」の修復プロジェクトの模様を追ったTVドキュメンタリー。壁画「明日の神話」の修復に関わった人々とその過程に密着し、一大事業の全貌を記録した貴重映像満載の決定版。
ディスク枚数: 1 DVD-VIDEO
時間: 120 分
岡本太郎 「明日の神話」 再生への軌跡 [DVD]

▲PageTop 
PgUp 『岡本太郎の見た日本』
著者名:赤坂憲雄
出版社:岩波書店
発行年:2007(平成19)年06月
言語:日本語
没後、あらためて再評価が巻き起こりつつある岡本太郎。その芸術家の枠に収まりきらない多様な活動のうち、民族学的側面にわたる仕事、すなわち有名な「縄文土器の発見」から東北、沖縄へと展開されていった独自の日本文化再発見の道行きを、気鋭の民俗学者が鮮やかに読み解く。パリ留学時代にはパリ大学に民族学を学び、バタイユらとも親交を深めた太郎が、その類まれな感性で発見していた「ほんとうの日本」とは何だったのか?画期的岡本太郎論。
単行本: 375ページ
寸法: 19.2 x 13.2 x 3.2 cm
岡本太郎の見た日本
 
PgUp 『人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。』
著者名:岡本太郎
出版社:イーストプレス
発行年:2007(平成19)年11月
言語:日本語
単行本: 312ページ
寸法: 18.6 x 14.2 x 3.4 cm
人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。

▲PageTop 
PgUp 『NHK映像ファイル 「あの人に会いたい」3 [DVD]』
出版社:ポニーキャニオン
発行年:2008(平成20)年07月16日
言語:日本語
NHKに残る膨大な映像音声資料から20世紀の歴史に残る著名な人々の叡知の言葉を今によみがえらせ永久に保存公開する「日本人映像ファイル」をDVD化。
1.棟方志功(版画家)
2.宇野重吉(俳優・演出家)
3.ジャイアント馬場(プロレスラー)
4.三島由紀夫(小説家)
5.高柳健次郎(科学者)
6.佐治敬三(サントリー元会長)
7.岡本太郎(画家)
8.植村直己(冒険家)
ディスク枚数: 1 DVD-VIDEO
時間: 80 分
NHK映像ファイル 「あの人に会いたい」3 [DVD]
 
PgUp 『人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。』
副題名:文庫ぎんが堂
著者名:岡本太郎
出版社:イーストプレス
発行年:2009(平成21)年05月
言語:日本語
「私は誤解のカタマリみたいな人間こそ、すばらしいと思う」自らの純粋さを貫き通し、誤解され世の中に敗れ去るえなかった母、岡本かの子。彼女と運命を共に生きた父、岡本一平。苦悩、孤独、絶望、そして一瞬に煌いた二人の生と死の物語。その他、狂おしい青春と恋愛の日々、過激な男と女論、食べることへの想い、など、岡本太郎の幻の名エッセイ集が初めて文庫版で登場。
文庫: 298ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。 (文庫ぎんが堂)

▲PageTop 
PgUp 『岡本太郎 PHP新書 617』
副題名:「太陽の塔」と最後の闘い
著者名:平野暁臣
出版社:PHP研究所
発行年:2009(平成21)年08月18日
言語:日本語
今なお人気の衰えない岡本太郎。彼の代表作である太陽の塔は、1970年の大阪万博で生まれた。しかし、太陽の塔は万博のシンボルではない。それどころか、万博への反逆にほかならなかった。権力、伝統、常識、既成概念、自分自身……あらゆるものと闘い続けた男が、最後に挑んだものとは? 若き日の苦悩、パリでの運命的な出会い、母国での絶望、縄文へのめざめ、日本人としての覚悟、そして呪術。彼は、太陽の塔に何を賭けたのか。太郎の生涯のパートナー・岡本敏子の甥であり、生前の太郎にも近しかった著者が迫る。
新書: 243ページ
寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
岡本太郎 (PHP新書 617)
 
PgUp 『対極と爆発 岡本太郎の宇宙 1』
副題名:全5巻 第1回配本
著者名:岡本太郎 山下裕二 椹木野衣 平野暁臣
出版社:筑摩書房
発行年:2011(平成23)年02月08日
言語:日本語
20世紀を疾走し、屹立した芸術家、岡本太郎。その多面的な活躍は大きなセンセーションを巻き起こした。しかし彼の活動の軌跡は、さまざまな断片として人々の記憶にしまわれ、全体像を捉えるのは難しくなってしまった。はたして、岡本太郎とは何者だったのか―。いま生誕100年を迎え、遺された著作によって伝説と偶像を解体し、その存在の全貌に迫る、決定版著作集。1巻では「対極」と「爆発」というキーワードを手がかりに、若き日の詩文から、大阪万博参加への決意を記したテクストまで、生涯を貫く思想を掴みだす。
文庫: 594ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
対極と爆発 岡本太郎の宇宙 1 全5巻 第1回配本 (ちくま学芸文庫)

▲PageTop 
PgUp 『岡本太郎新世紀』
副題名:別冊太陽 日本のこころ
著者名:別冊太陽編集部
出版社:平凡社
発行年:2011(平成23)年02月23日
言語:日本語
戦後の日本美術界を疾走し、時代に風穴をあけた岡本太郎(1911~96)。生誕100年を記念し、絵画、彫刻、写真など全方位的な芸術活動とその生涯を、豊富なビジュアルでたどる。
ムック: 192ページ
寸法: 28.8 x 21.8 x 1.4 cm
岡本太郎新世紀 (別冊太陽 日本のこころ)
 
PgUp 『岡本太郎 爆発大全』
著者名:岡本太郎 椹木野衣
出版社:河出書房新社
発行年:2011(平成23)年03月26日
言語:日本語
岡本太郎生誕100年記念出版。絵画、彫刻、写真、ドローイングなど、主要作品約200点収録。ド迫力の大画面!パリ時代に制作され、その後失われた「空間」「コントルポアン」「傷ましき腕」から、戦後日本の芸術に衝撃を与えた「夜」「重工業」「森の掟」「明日の神話」など、代表作を時系列順に大きく掲載。
大型本: 432ページ
岡本太郎 爆発大全

▲PageTop 




-  画家 岡本太郎  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on