なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


321

陶芸家  河井 寛次郎(かわい かんじろう)

< b.1890 - d.1966 >        
PgUp 『富本憲吉 河井寛次郎 浜田庄司 作品録』
著者名:柳 宗悦
出版社:日本民藝協會
発行年:1940(昭和15)年05月
言語:日本語
富本憲吉河井寛次郎浜田庄司作品録 (1940年)
 
PgUp 『化粧陶器』
著者名:河井寛次郎
出版社:西村書店
発行年:1948(昭和23)年
言語:日本語
サイズ:A5
ページ数:60p
ASIN: B000JBMF58
化粧陶器
 
PgUp 『火の誓ひ』
副題名:河井寛次郎随筆集
著者名:河井寛次郎
出版社:朝日新聞社
発行年:1953(昭和28)年
言語:日本語
ペーパーバック: 268ページ
ASIN: B00JRRK6JW
火の誓ひ〜河井寛次郎随筆集

▲PageTop 
PgUp 『六十年前の今』
著者名:河井寛次郎
出版社:日本民芸館
発行年:1968(昭和43)年
言語:日本語
サイズ: 22.8 x 17.4 x 3.4 cm : 256ページ
ASIN: B000J97K96
六十年前の今
 
PgUp 『陶工・河井寛次郎との対話』
副題名:炎の詩人
著者名:河井寛次郎
出版社:河井寛次郎追悼展委員会
発行年:1972(昭和47)年11月
言語:日本語
サイズ: 25 x 23.8 x 1.8 cm
ASIN: B000J8GA84
陶工・河井寛次郎との対話

▲PageTop 
PgUp 『いのちの窓』
著者名:河井寛次郎
出版社:東峰書房
発行年:1975(昭和50)年06月
言語:日本語
日本の民芸運動の草分けの一人、陶磁・書画・木彫など多彩で精力的、しかも他の追随を許さぬ優れた作品宇宙を築いた河井寛次郎(1890年〜1966年)。その作品と同じように個性的な河井の言葉や文章を集めた書。 「前篇 火の願ひ」「後篇 いのちの窓」「自解」の3編で構成。
単行本: 64ページ
寸法: 21.8 x 15.8 x 1.6 cm
いのちの窓
 
PgUp 『河井寛次郎と仕事』
著者名:河井寛次郎記念館
出版社:河井寛次郎記念館
発行年:1976(昭和51)年
言語:日本語
ASIN: B07D6R3B15
河井寛次郎と仕事

▲PageTop 
PgUp 『河井寛次郎』
副題名:日本のやきもの=現代の巨匠〈4〉
著者名:河井寛次郎
出版社:講談社
発行年:1978(昭和53)年02月
言語:日本語
ASIN: B000J8RIMG
日本のやきもの=現代の巨匠〈4〉河井寛次郎
 
PgUp 『河井寛次郎墨画集』
著者名:河井寛次郎 荒川玄二郎
出版社:五月書房
発行年:1978(昭和53)年04月
言語:日本語
河井寛次郎墨画集 (1978年)

▲PageTop 
PgUp 『河井寛次郎作品集』
副題名:Ceramic Art Collection of Kanjiro Kawai Works
著者名:河井寛次郎
出版社:朝日新聞社
発行年:1980(昭和55)年09月
言語:日本語
原色版146点+活版二色刷40点 井上靖:河井さんのこと/河井寛次郎:響応不盡-人と芸術/陶器の所産心他
限600 ハードカバー 布装(龍村美術織物) 二重箱
寸法: 34.0×26.5cm
ISBN-10: 4022547952
ISBN-13: 978-4022547958
河井寛次郎作品集
 
PgUp 『河井寛次郎 陶芸の世界』
著者名:河井寛次郎
出版社:世界文化社
発行年:1980(昭和55)年11月
言語:日本語
寸法: 16 x 11.8 x 2 cm 172ページ
河井寛次郎―陶芸の世界 (1980年) (Culture books)

▲PageTop 
PgUp 『陶技始末』
著者名:河井寛次郎
出版社:文化出版局
発行年:1981(昭和56)年02月28日
言語:日本語
挿画も自身による。製陶技術についてしるされた本でありながら、土に関する記述では「さて土は得た何とこれに挨拶しよう。笑われてもかまわない、一番初心でぶっつかろうではないか。」としてみたり 市販の釉薬を「しばしば清潔冷透に過ぎて、酒の代わりに酒精を呑む様な嫌いがないでもない。」と評していたりと、詩情とユーモアのある先生ぶりに思わず頬もゆるむ器作りの教科書。
サイズ: 22.4 x 15.8 x 2 cm : 128ページ
ASIN: B000J80VKC
陶技始末
 
PgUp 『手で考え足で思う』
著者名:河井寛次郎
出版社:文化出版局
発行年:1981(昭和56)年05月
言語:日本語
サイズ: 22.2 x 15.2 x 2.2 cm : 226ページ
ASIN: B000J7YSAC
手で考え足で思う

▲PageTop 
PgUp 『六十年前の今』
著者名:河井寛次郎
出版社:東峰書房
発行年:1982(昭和57)年06月
言語:日本語
六十年前の今 (1982年)
 
PgUp 『河井寛次郎 川勝コレクション』
副題名:京都国立近代美術館所蔵品目録〈1〉
出版社:京都国立近代美術館
発行年:1983(昭和58)年06月
言語:日本語
サイズ: 135ページ
ASIN: B000J7BJE0
河井寛次郎 川勝コレクション

▲PageTop 
PgUp 『河井寛次郎』
副題名:近代陶芸の巨匠
出版社:日本経済新聞社
発行年:1984(昭和59)年
言語:日本語
東京国立近代美術館工芸館展覧会図録
河井寛次郎展―近代陶芸の巨星 (1984年)
 
PgUp 『ふわりとぴりり』
副題名:河井寛次郎私観抄
著者名:荒川玄二郎
出版社:五月書房
発行年:1990(平成2)年10月
言語:日本語
「河井寛次郎記念館」一般公開に尽力した著者の寛次郎観の集成。人と作品について静かに激しく論じた文章の数々。
単行本: 141ページ
サイズ: 20 x 13.8 x 2.4 cm
ISBN-10: 4772701370
ISBN-13: 978-4772701372
ふわりとぴりり―河井寛次郎私観抄

▲PageTop 
PgUp 『陶工 河井寛次郎』
著者名:橋本喜三
出版社:朝日新聞社
発行年:1994(平成6)年11月
言語:日本語
美の求道者河井寛次郎。“人間国宝”も文化勲章の推薦も断り、民芸の創立、推進者として、ひたすら絢爛たる美の世界を切り拓き、みずからは一陶工としてその生涯を終えた河井の人と芸術に迫る。
単行本: 193ページ
寸法: 20 x 13 x 2.4 cm
ISBN-10: 4022585803
ISBN-13: 978-4022585806
陶工 河井寛次郎
 
PgUp 『炉辺歓語』
著者名:河井寛次郎
出版社:東峰書房
発行年:1995(平成7)年03月
言語:日本語
単行本: 214ページ
サイズ: 22.8 x 16.4 x 2.6 cm
ISBN-10: 4885920124
ISBN-13: 978-4885920127
炉辺歓語

▲PageTop 
PgUp 『火の誓い』
副題名:講談社文芸文庫
著者名:河井寛次郎 壽岳文章 河井須也子
出版社:講談社
発行年:1996(平成8)年06月10日
言語:日本語
間国宝や文化勲章に推挙されても応じることなく、一陶工として独自の陶芸美の世界を切り拓き、ついには焼き物の枠を超えた無私普遍の自在な造形世界に自らを燃焼させた河井寛次郎が、美しい物に隠れている背後のものを求めての歩みを詩情豊かな文章で記した、土と火への祈りの書ともいうべき名エッセイ。
文庫: 284ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
火の誓い (講談社文芸文庫)
 
PgUp 『河井寛次郎の宇宙』
副題名:講談社カルチャーブックス
著者名:河井寛次郎記念館
出版社:講談社
発行年:1998(平成10)年10月05日
言語:日本語
天性の美意識にコーティングされた寛次郎の宇宙(コスモス)を旅してみよう。
単行本(ソフトカバー): 135ページ
寸法: 20.8 x 14.8 x 1 cm
河井寛次郎の宇宙 (講談社カルチャーブックス)

▲PageTop 
PgUp 『河井寛次郎/棟方志功』
副題名:近代浪漫派文庫
著者名:河井寛次郎 棟方志功
出版社:新学社
発行年:2004(平成16)年06月
言語:日本語
文庫: 327ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
河井寛次郎/棟方志功 (近代浪漫派文庫)
 
PgUp 『河井寛次郎作品集』
副題名:京都国立近代美術館所蔵川勝コレクション
著者名:京都国立近代美術館
出版社:東方出版
発行年:2005(平成17)年03月
言語:日本語
川勝コレクションとして京都国立近代美術館に収蔵されている、425点にのぼる河井寛次郎の陶芸作品をオールカラーで収録。初期作品から民芸運動以降の作品まで、幅広く収める。
単行本: 291ページ
寸法: 25.8 x 19 x 2.6 cm
河井寛次郎作品集―京都国立近代美術館所蔵川勝コレクション

▲PageTop 
PgUp 『蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ』
副題名:講談社文芸文庫
著者名:河井寛次郎 柳宗悦 河井須也子
出版社:講談社
発行年:2006(平成18)年01月11日
言語:日本語
生涯一陶工を貫いた河井寛次郎の魂の表白!人間国宝や文化勲章に推挙されても応じず、土と炎が創り出す美の極みを追い求めた河井。柳宗悦、浜田庄司との旅、朝鮮沖縄の美との鮮烈な出会い等を綴る名随筆。
文庫: 242ページ
寸法: 15.2 x 10.7 x 1.5 cm
蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ (講談社文芸文庫)
 
PgUp 『いのちの窓』
著者名:河井寛次郎 河井寛次郎記念館
出版社:東方出版
発行年:2007(平成19)年02月01日
言語:日本語
日本の民芸運動の草分けの一人、陶磁・書画・木彫など多彩で精力的、しかも他の追随を許さぬ優れた作品宇宙を築いた河井寛次郎(1890年〜1966年)。その作品と同じように個性的な河井の言葉や文章を集めた書。 「前篇 火の願ひ」「後篇 いのちの窓」「自解」の3編で構成。
単行本: 64ページ
寸法: 22 x 15.6 x 1.6 cm
いのちの窓

▲PageTop 
PgUp 『不忘の記(わすれじのき)』
副題名:父、河井寛次郎と縁の人々
著者名:河井須也子 鷺珠江
出版社:青幻舎
発行年:2009(平成21)年05月27日
言語:日本語
柳宗悦、バーナード・リーチ、濱田庄司、川勝堅一、黒田辰秋、芹澤(けい)介、棟方志功、保田與重郎、武者小路実篤、新村出、川田順、吉屋信子、山下清…さまざまな文人墨客との交歓のさまを綴ったエッセイ集
単行本(ソフトカバー): 208ページ
寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
不忘の記(わすれじのき)-河井寛次郎と縁の人々
 
PgUp 『生誕120年 河井寛次郎展』
副題名:生命の歓喜 記念図録
著者名:毎日新聞社 河井寛次郎
出版社:毎日新聞社
発行年:2010(平成22)年
言語:日本語
河井寛次郎生誕120周年を記念し、陶芸のほか、木彫や家具調度、文筆や書、自筆のノートなど182点を紹介した展覧会の図録
サイズ:29.7×21cm : 192ページ
ASIN: B071KCSPBR
生誕120年 河井寛次郎展

▲PageTop 
PgUp 『花美術館 vol.14』
副題名:美の創作者たちの英気を人びとへ
出版社:蒼海出版
発行年:2010(平成22)年04月
言語:日本語
特集:無銘、無冠の陶工 河井寛次郎
大型本: 159ページ
サイズ: 29.8 x 23 x 1.2 cm
ISBN-10: 4881430629
ISBN-13: 978-4881430620
花美術館 vol.14
 
PgUp 『季刊 炎芸術 No.102』
出版社:阿部出版
発行年:2010(平成22)年05月01日
言語:日本語
[特集]生誕120年記念
河井寛次郎「生命」のエネルギー
[陶芸を見る]小池頌子/神農巌/安食潤/和田的
近代陶芸の粋 加藤土師萌
大型本: 153ページ
サイズ: 28.8 x 21.1 x 1.4 cm
ISBN-10: 487242302X
ISBN-13: 978-4872423020
季刊 炎芸術 No.102

▲PageTop 
PgUp 『1300℃の歓喜』
副題名:美の行者河井寛次郎
著者名:丸山茂樹
出版社:里文出版
発行年:2013(平成25)年10月01日
言語:日本語
若くして陶芸家としての才能を溌溂と開花させ、民藝の誕生に深く関わった陶工河井寛次郎。名声を振り切り、無冠に徹し、あえて混沌の中に踏みいった苦悩の先に行きついた場所とは…。
単行本: 471ページ
サイズ: 19 x 13.2 x 3 cm
ISBN-10: 4898064078
ISBN-13: 978-4898064078
美の行者河井寛次郎1300℃の歓喜
 
PgUp 『新装版 河井寛次郎の宇宙』
著者名:河井寛次郎記念館
出版社:講談社
発行年:2014(平成26)年01月31日
言語:日本語
芸術と哲学の全貌。生涯一陶工の作品群150点余収録。幼いころから陶工をめざし、民藝運動を経て自らの宇宙を獲得した河井寛次郎。その素晴らしい作品世界を一望できるファン必携の一冊。本書は1998年10月に小社から刊行した『河井寛次郎の宇宙』を加筆・修正し、新装版として再刊行したものです。
単行本(ソフトカバー): 144ページ
サイズ: 21.2 x 14.8 x 1 cm
ISBN-10: 4062187728
ISBN-13: 978-4062187725
新装版 河井寛次郎の宇宙

▲PageTop 
PgUp 『柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし』
副題名:SQ選書05
著者名:丸山茂樹
出版社:社会評論社
発行年:2015(平成27)年11月25日
言語:日本語
軍靴の足音が高くこだましはじめた昭和の初期。兵器を撫で回している男どもがいる一方で、静かにモノをながめ、家族を愛し、人にも自分にも苦しみを与えない生活を善しとして生きる一群の男たちがいました。日本民芸運動の推進者たちです。その中心にいたのが柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司という三人です。日本民芸運動は、アジア・太平洋戦争を挟んだ約50年間、多くの日本人をまきこんだ大ムーブメントになりました。何ゆえに三人の民芸運動が昭和の男たちを魅惑したのか。美が見える経済人、美が見える科学者、美が見える政治家、美が見えるサラリーマン。三本の大樹が吹かせる爽やかな風を受け止めて下さい。
単行本(ソフトカバー): 222ページ
寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 478451726X
ISBN-13: 978-4784517268
柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし (SQ選書05)
 




-  陶芸家 河井寛次郎  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on