なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


8

画家  宮崎 進(みやざき しん)

< b.1922 - d.2018 >        
PgUp 『宮崎進画集』
副題名:1953‐1986
著者名:宮崎進
出版社:求龍堂
発行年:1986(昭和61)年09月
言語:日本語
単行本: 205ページ
サイズ: 31 x 27.2 x 3.2 cm
ISBN-10: 476308612X
ISBN-13: 978-4763086129
宮崎進画集1953‐1986
 
PgUp 『宮崎進画集』
副題名:私のシベリア
著者名:宮崎進
出版社:文藝春秋企画出版部
発行年:1998(平成10)年11月
言語:日本語
1945年私は中国東北部(旧満州)で敗戦を知りそのままシベリアに抑留された。荒寥とした曠野で過ごした7年余り(軍隊生活3年、抑留4年)、壮絶な運命に翻弄された人間の清冽なまでの赤裸々な姿や、そこから立上がっていく人間本来の生きるための力を知った。私の作品についてよく「どこかにシベリアを感じる」といわれる。そういえばそうだと思うが、それを意識して描くことはなかった。二十代の戦争と俘虜体験は強烈に刻まれ、私の原点として深い影を落としているのは確かだと思う。シベリアで私の見た人間の残像は、今も心に焼きついて忘れられない人間のかたちなのである。その頃、私はラーゲリで払い下げの糧秣用の麻布袋を拡げて絵を描いた。およそ何一つ物のない当時、何かを創り出すというのは想像を絶することだったが、この麻布袋は大変私を助けてくれた。近頃再びこの麻布袋を使って仕事をしているが、私はこの布に特別の愛着と、何よりも物質としての存在感や材質を越えた不思議な生命のようなものを感じるのである。作品は投げ出された自分のすべてである。映し出した自分の全体像と考えているわけで、いわばこれまで歩いた道で私に映ったすべてが透過されて、いうなら私の精神の風景としてありたいのである。
単行本: 235ページ
サイズ: 30.8 x 25.2 x 2.4 cm
ISBN-10: 4160080030
ISBN-13: 978-4160080034
宮崎進画集―私のシベリア
 
PgUp 『宮崎進の仕事 序章』
著者名:ドア・アシュトン 水沢勉 小森佳代子 宮崎進
出版社:生活の友社
発行年:2001(平成13)年10月
言語:日本語
乱雑に、ほとんどお構いなしに、画面につぎはぎされる布や紙。彫刻の塊量性を無視するかのような特異な表面のマチエール…。シベリア抑留という自分の体験を形にした作品の数々を収録した作品集。
大型本: 63ページ
サイズ: 26 x 19.8 x 1 cm
ISBN-10: 4915919420
ISBN-13: 978-4915919428
宮崎進の仕事 序章

▲PageTop 
PgUp 『宮崎進の仕事U』
副題名:イメージと造形
著者名:宮崎進
出版社:生活の友社
発行年:2003(平成15)年03月31日
言語:日本語
単行本: 95ページ
サイズ: 25.8 x 20 x 1 cm
ISBN-10: 4915919463
ISBN-13: 978-4915919466
宮崎進の仕事〈2〉イメージと造形
 
PgUp 『宮崎進の仕事V』
著者名:宮崎進
出版社:生活の友社
発行年:2005(平成17)年12月
言語:日本語
単行本: 103ページ
サイズ: 25.8 x 19.6 x 1.2 cm
ISBN-10: 4915919579
ISBN-13: 978-4915919572
宮崎進の仕事V

▲PageTop 
PgUp 『鳥のように』
副題名:シベリア 記憶の大地
著者名:宮崎進
出版社:岩波書店
発行年:2007(平成19)年05月23日
言語:日本語
いつか、地の果ての地獄の風景をこの眼で見たかった。そう思うようになったのは、いつからだったか。(「冬の鳥」より) 抑留の時代を描いた作品と、画に添えた詩、戦争にまつわる経験を綴る短文を収録する。
単行本: 154ページ
寸法: 21 x 15.2 x 2 cm
ISBN-10: 4000241397
ISBN-13: 978-4000241397
鳥のように―シベリア 記憶の大地
 
PgUp 『旅芸人の手帖』
著者名:宮崎進
出版社:岩波書店
発行年:2009(平成21)年02月20日
言語:日本語
門付、小屋掛け、見世物サーカス、大道芸人、旅役者…。芸人のいる風景の中に生きる人間の命の輝きをとらえた詩画集。見世物小屋の一隅に、生きることの哀しみと喜びを見つめる。
単行本: 143ページ
寸法: 19.2 x 13.2 x 1.6 cm
ISBN-10: 4000237802
ISBN-13: 978-4000237802
旅芸人の手帖

▲PageTop 
PgUp 『冬の旅』
副題名:Winterreise
著者名:宮崎進
出版社:新潮社
発行年:2014(平成26)年04月08日
言語:日本語
シベリア抑留を経験し、90歳を超えた今も創作に挑み続ける創造力の源泉はどこにあるのか。2000年代以降の作品を中心に構成した作家の集大成。
単行本: 189ページ
寸法: 30.2 x 25 x 3.4 cm
ISBN-10: 4109100208
ISBN-13: 978-4109100205
冬の旅 Winterreise
 




-  画家 宮崎進  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on