なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


118

彫刻家  舟越 桂(ふなこし かつら)

< b.1951 -     >        
PgUp 『森へ行く日』
副題名:舟越桂作品集
著者名:舟越桂 落合高仁
出版社:求龍堂
発行年:1992(平成4)年02月
言語:日本語
1977年の聖母子像(函館トラピスト修道院)から1991年の最新作「月の箱」(ロンドン・アネリー・ジュダ・ファインアート個展出品)までのすべての木彫作品に、初期のブロンズ作品、ドローイングを加えた舟越桂、初めての作品集。
大型本: 135ページ
寸法: 29.4 x 22.6 x 1.6 cm
森へ行く日―舟越桂作品集 (求龍堂グラフィックス)
 
PgUp 『水のゆくえ』
副題名:舟越桂作品集
著者名:舟越桂
出版社:京都書院
発行年:1995(平成7)年05月
言語:日本語
楠で彫られ、彩色された等身大の人間像を生み出し続ける彫刻家、舟越桂。あくまで新奇を衒うことなく、どこか無国籍的な作品を創出し続ける彼の作品を大判のカラー写真で紹介し、解説を付した。
大型本: 159ページ
寸法: 30.4 x 23.4 x 2.4 cm
水のゆくえ―舟越桂作品集
 
PgUp 『おもちゃのいいわけ』
著者名:舟越桂
出版社:すえもりブックス
発行年:1997(平成9)年07月
言語:日本語
現代美術界に欠かせない彫刻家の知られざる一面。子ども達のために、無心に木片をおもちゃに変える。子どもが喜び驚く顔を思い描きながら、一番楽しんだ父の独白。
大型本: 59ページ
寸法: 28 x 21.6 x 1.4 cm
おもちゃのいいわけ

▲PageTop 
PgUp 『言葉の降る森』
著者名:舟越桂
出版社:角川書店
発行年:1998(平成10)年12月
言語:日本語
遠くをみつめるまなざしの彼方にあるものは自分自身かもしれない―。楠に大理石の目を備えた人物像―今、注目を集める作者の制作背景、家族に対する想い、旅先での思い出などをまとめた初の画文集。
単行本: 93ページ
寸法: 21.2 x 14.8 x 1.4 cm
言葉の降る森
 
PgUp 『版画芸術 (104)』
副題名:巻頭特集:舟越桂全版画
出版社:阿部出版
発行年:1999(平成11)年06月
言語:日本語
単行本: 222ページ
寸法: 22.6 x 18.2 x 1.4 cm
版画芸術 (104)

▲PageTop 
PgUp 『あなたが想う本』
副題名:アートルピナス
著者名:天童荒太 舟越桂
出版社:講談社
発行年:2000(平成12)年06月
言語:日本語
ゴールデン・コンビ共作による初の画文集。天童の文を読み、次に来る舟越の絵を見、読者がいろんな想いをめぐらし、ふくらませてくれるものを意図したと天童は言う。同じ時代、同じ地平からのメッセージ。
寸法: 19.4 x 17.6 x 1 cm
あなたが想う本 (アートルピナス)
 
PgUp 『立ちつくす山』
副題名:舟越桂作品集
著者名:舟越桂
出版社:求龍堂
発行年:2001(平成13)年03月
言語:日本語
「青い遺跡」「山を包む私」「書庫の中の草原」など、1992年から現在までの全作品56点を網羅した、待望の最新作品集。ドローイングや興味深い創作風景も掲載する。
大型本: 159ページ
寸法: 29.6 x 22.6 x 2 cm
立ちつくす山―舟越桂作品集 (求竜堂グラフィックス)

▲PageTop 
PgUp 『水のゆくえ』
副題名:舟越桂作品集
著者名:舟越桂
出版社:青幻舎
発行年:2002(平成14)年05月
言語:日本語
「混沌を鮮明に語ること」―舟越作品の重要な基底を成す作品群を収載。静かな陰影の中での、多角的な撮影が、存在の奥行きを伝える。
ペーパーバック: 159ページ
寸法: 29.6 x 22.6 x 1.8 cm
水のゆくえ
 
PgUp 『リトル・ドラマー・ボーイ』
著者名:舟越桂
出版社:すえもりブックス
発行年:2002(平成14)年12月12日
言語:日本語
貧しい少年がただ一つの持ち物である太鼓と共に、救い主といわれる赤ん坊を賛美しに行く短い物語。作者が、子どもが産まれる以前に妻のために作った、たった一冊の絵本をクリスマス向けに出版。
寸法: 18.6 x 15 x 1.6 cm
リトル・ドラマー・ボーイ

▲PageTop 
PgUp 『舟越桂展 図録』
著者名:東京現代美術館 朝日新聞社
出版社:朝日新聞社
発行年:2003(平成15)年
言語:日本語
展覧会概要 どこか遠い眼差しで静かに佇む人たち―舟越桂がつくる彫刻は、その人物の心の中までもかいま見せるような深い精神性を備えています。 1951年生まれの舟越桂は、東京芸術大学大学院を卒業後、1980年代初めから現代に生きる人間像を等身大の木彫りで制作し、注目を集めるようになります。大理石の眼をもつ繊細な顔だち、全身像でも胸像でもない微妙なバランスの半身像は、具象彫刻の新しい可能性を開くものとして現代美術界に爽やかな風を送りこみました。その後、ヴェネツィア・ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレといった海外の展覧会に日本代表のひとりとして参加することによって世界的にも知られるところとなり、その彫刻がもつ独特の存在感や奥行きのある表現は多くの人々の共感を呼ぶことになりました。 本展は、舟越桂のこれまでの軌跡を初期から最新作までの代表作約40点によってたどる本格的な回顧展です。この複雑な時代において、人間とは何かという根源的なテーマを投げかけてくる舟越桂の彫刻。これまでまとまった形で紹介されることの少なかった舟越桂の世界を存分に堪能していただくとともに、見る人それぞれが人間存在について思いをめぐらせる機会となれば幸いです。
寸法: 29.6 x 22.4 x 2 cm
ASIN: B00K97ID26
舟越桂展図録
 
PgUp 『舟越桂全版画』
副題名:1987-2002
著者名:舟越桂
出版社:青幻舎
発行年:2003(平成15)年06月
言語:日本語
静謐な人物像で知られる彫刻家舟越桂は、版画にもその眼差しをこめる。エッチング、リトグラフ、木版など毎回異なる技法を選び、現在に至るまでにつくった全72点の作品を掲載。インタビューも収録。
ペーパーバック: 159ページ
寸法: 29.6 x 23 x 2.4 cm
舟越桂全版画1987-2002

▲PageTop 
PgUp 『遠くからの声』
副題名:舟越桂作品集
著者名:舟越桂 豊浦正明
出版社:角川書店
発行年:2003(平成15)年08月
言語:日本語
遠くを見つめる半身像…彫刻家、舟越桂の世界を写真家、豊浦正明がドキュメント・タッチで撮り下ろした最新作品集。
単行本: 159ページ
寸法: 17.4 x 12.8 x 1.6 cm
遠くからの声
 
PgUp 『≒(ニアイコール)舟越桂 [DVD]』
副題名:NEAR EQUAL FUNAKOSHI KATSURA
著者名:藤井謙二郎
出版社:ビー・ビー・ビー株式会社
発行年:2006(平成18)年04月30日
言語:日本語
『≒舟越桂』は昨年はじまった裸像シリーズの新作の制作過程を中心に、彫刻家“舟越桂”を浮き彫りにする。「綿密な計算と偶然の調和」と「リアリズムから“舟越的リアリティ”の追求」により生まれる彼の作品は素朴で、暖かく、優しい。また、静かに遠くを見つめている眼差しが不可思議な魅力を宿す。様々な工夫に満ちたアトリエでの創作活動、回顧展、講演会、大学の授業、広告出演と多岐にわたるフィールド、作業中の口笛から合間のスポーツ中継・・・。カメラは“舟越桂”という彫刻家の姿と、彼がクスノキに命を吹き込む過程を丁寧に撮り続けた。
出演: 舟越桂
監督: 藤井謙二郎
ディスク枚数: 1 DVD-VIDEO
時間: 126 分

▲PageTop 
PgUp 『舟越桂 語りかけるまなざし [DVD]』
著者名:舟越桂
出版社:コロムビアミュージックエンタテインメント
発行年:2006(平成18)年12月20日
言語:日本語
天童荒太のベストセラー小説「永遠の仔」の表紙を飾った作品などでおなじみの彫刻家・舟越 桂のドキュメンタリー。彼が2003年に開催した展覧会の模様とその制作現場をリポートする。楠を削って作品を作る舟越が木の内なる声にそっと耳を傾ける姿に注目。
ディスク枚数: 1 DVD-VIDEO
時間: 73 分
舟越桂 語りかけるまなざし [DVD]
 
PgUp 『舟越桂 夏の邸宅』
著者名:舟越桂 塩田純一 今井智己
出版社:求龍堂
発行年:2008(平成20)年09月
言語:日本語
2008年夏、東京都庭園美術館開催「舟越桂 夏の邸宅―アール・デコ空間と彫刻、ドローイング、版画」展では、アール・デコ装飾に彩られた美術館の空間と舟越桂の彫刻の出会いにより、そこに「奇跡の時間」が出現した。最新作をはじめ各時代から厳選された代表作とともに、新たな表現領域として注目される両性具有のスフィンクスのシリーズを収録。本書は、展覧会の感動を永遠にとどめるための記録であり、舟越桂の最新作品集としても堪能できる、写真集的作品集である。
寸法: 29.6 x 22.6 x 1.4 cm
舟越桂 夏の邸宅

▲PageTop 
PgUp 『ヤン・ファーブル×舟越桂』
副題名:Alternative Humanities
著者名:高階秀爾
出版社:淡交社
発行年:2010(平成22)年05月11日
言語:日本語
昆虫や動物を使った作品で知られるベルギーの作家、ヤン・ファーブルと、伝統的な木彫に現代的な人間像を表す彫刻家、舟越桂の展覧会が金沢21世紀美術館で開催されています。展覧会では、二人のアーティストそれぞれの歴史的背景として、フランドル絵画と、河鍋暁斎や狩野芳崖らの明治の宗教画を展示し、東洋と西洋、過去と現代の出会いから、信仰や人間礼讃のかたちを概観しています。本書は、150点以上の作品図版と、作家へのインタビュー、企画アドバイザーの高階秀爾氏ほか国内外の6人による論文を収録した、本展覧会の公式図録です。
大型本: 165ページ
寸法: 24.2 x 19.4 x 1.8 cm
ヤン・ファーブル×舟越桂―Alternative Humanities
 
PgUp 『個人はみな絶滅危惧種という存在』
副題名:彫刻家・舟越桂の創作メモ
著者名:舟越桂
出版社:集英社
発行年:2011(平成23)年09月05日
言語:日本語
現代を代表する彫刻家が30年以上にわたって書き続けた創作メモ。芸術論、人生論、家族論…私たちの生きるヒントが詰まっています!舟越桂氏が30年あまりにわたって残してきた創作メモや海外留学中の日記などをその彫刻作品とともに紹介。独特の芸術論、人生論、また家族や社会についても言及。彫刻作品の背景にある創作の原点を垣間見ることができる。
単行本: 160ページ
寸法: 22 x 15 x 2 cm
個人はみな絶滅危惧種という存在

▲PageTop 
PgUp 『舟越桂 私の中のスフィンクス』
著者名:舟越桂
出版社:求龍堂
発行年:2015(平成27)年06月25日
言語:日本語
解き放たれること。1980年代から最新作までの彫刻32点、ドローイング・版画38点を掲載。
大型本: 159ページ
寸法: 29.6 x 21 x 1.6 cm
ISBN-10: 4763015117
ISBN-13: 978-4763015112
舟越桂 私の中のスフィンクス
 


彫刻家 舟越桂 登録数  
プロフィール経歴  0文献  18作品  0資料  0展覧会  0


-  彫刻家 舟越桂  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2019 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on