なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


53

画家  平山 郁夫(ひらやま いくお)

< b.1930 - d.2009 >        
PgUp 『アレキサンダーの道』
副題名:文春文庫
著者名:井上靖 平山郁夫
出版社:文藝春秋
発行年:1986(昭和61)年12月
言語:日本語
アフガニスタンからイラン高原を通り抜け、イスタンブールに到る一万キロの道。アレキサンダー大王が大軍を率いて長駆し、チンギス汗のモンゴル軍が侵略をほしいままにした原野へ、作家は古代遺跡を求めて旅立った―。歴史の廃墟に立って悠久の時間に思いを馳せるシルクロード紀行。平山画伯の色刷作品3点を収めた。秀絶の画文集。
文庫: 231ページ
寸法: 15.6 x 10.6 x 1.6 cm
ISBN-10: 4167104288
ISBN-13: 978-4167104283
アレキサンダーの道 (文春文庫)
 
PgUp 『大和路を描く』
副題名:平山郁夫画集 普及版
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論社
発行年:1988(昭和63)年04月
言語:日本語
「仏教伝来」による登場以来、オリエントから西域、中国にわたる壮大な画業を背景に、歴史のふるさと大和路を隈なくめぐり、新たに描く作品25葉を収録。風景・寺院・塔・仏像など、四季の大和路を多彩に描きあげる待望の新作画集。
大型本: 70ページ
寸法: 34.4 x 26 x 0.8 cm
ISBN-10: 4120016668
ISBN-13: 978-4120016660
大和路を描く―平山郁夫画集
 
PgUp 『群青の海へ』
副題名:わが青春譜
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論社
発行年:1988(昭和63)年05月
言語:日本語
広島での被爆、迷いと苦闘、仏教画への第一歩とシルクロードへのはるかな旅立ち、自らの半生の軌跡をたどりながら、「仏教伝来」以来の壮大な画業の内面のドラマをしるす感動の自伝。
文庫: 203ページ
寸法: 15.2 x 10.6 x 1 cm
群青の海へ―わが青春譜 (中公文庫)

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫』
副題名:現代の日本画
著者名:平山郁夫 川口直宜
出版社:学習研究社
発行年:1990(平成2)年12月
言語:日本語
開眼作「仏教伝来」から90年院展出品作「吉備路緑映」まで80点を収録。
大型本: 125ページ
寸法: 29.8 x 23.2 x 1.8 cm
ISBN-10: 4051044076
ISBN-13: 978-4051044077
平山郁夫 (現代の日本画)
 
PgUp 『平山郁夫全集(3)』
副題名:仏教伝来1
著者名:平山郁夫 蟹江征治
出版社:講談社
発行年:1991(平成3)年01月16日
言語:日本語
釈迦の足跡と仏教遺跡を巡る印度の旅の成果仏伝,初期仏教の遺跡,現在のインドの風物に取材し,自らの芸術を支える仏教への思いを注ぎ込んだ作品を収録する.
単行本: 127ページ
寸法: 38.2 x 27.4 x 3.2 cm
ISBN-10: 4061934139
ISBN-13: 978-4061934139
仏教伝来1 ‾平山郁夫全集(3)

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫全集(4)』
副題名:仏教伝来2
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1991(平成3)年05月24日
言語:日本語
平山芸術の全貌を500余点の作品(オールカラー、うち80余点は画集初収録)で明らかにする待望の企画。中国に、朝鮮半島に、日本の仏教は何をもたらし、何を生み出したか。峻嶮を越え、砂漠を横切り、海を渡る仏教東漸の道をたどりながら、画家がとらえた“救いのかたち”。
単行本: 133ページ
寸法: 38.2 x 27.6 x 3.4 cm
ISBN-10: 4061934147
ISBN-13: 978-4061934146
仏教伝来2 ‾平山郁夫全集(4)
 
PgUp 『平山郁夫全集 7巻』
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1991(平成3)年09月
言語:日本語
世界的画家として飛翔する平山芸術の全貌を500余点の作品(オールカラー、うち80余点は画集初収録)で明らかにする待望の企画。ペルセポリスに、バビロンに、パルミラに、征服者のはかない栄華の夢をたどる。中近東の地に根を下ろし、やがて滅びていったヘレニズム文明の跡を描いた作品と、ヨーロッパ風景画を収録。アジア大陸に残る西洋文明の影響の証を辿る。併せて、エジプト等周辺地域、ヨーロッパに取材した作品や、トルコ、法隆寺、高松塚等で手がけた壁画模写の成果も収録した。
大型本: 138ページ
寸法: 38.2 x 28.2 x 3.4 cm
平山郁夫全集 (Vol.7)

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫全集(1)』
副題名:日本の山河
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1991(平成3)年11月
言語:日本語
世界的画家として飛翔する平山芸術の全貌を500余点の作品(オールカラー、うち80余点は画集初収録)で明らかにする待望の企画。湿潤な風土に育まれる木々、花、鳥、人……深い愛着をもって描き上げた日本の美と心日本文化の源流を目指しシルクロードを踏破した画家は、いま、自らの原点を求め故国遍歴の新たな旅に出る。日本に取材した風景・花鳥・肖像画を収録。併せて昭和34年「仏教伝来」で世に出るまでに描いた初期作品も収め、平山芸術の原点を示す作品群を1巻にまとめた。
大型本: 139ページ
寸法: 38.2 x 27.4 x 3.4 cm
日本の山河 平山郁夫全集(1)
 
PgUp 『西から東にかけて』
副題名:平山郁夫画文集
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論社
発行年:1991(平成3)年11月
言語:日本語
ヨーロッパから中東、インド、東南アジア、中国、そして日本へ。東西文化交流やシルクロードを取材して世界中を歴訪してきた日本画の第1人者が、各地の印象や旅の思い出を、風景、遺跡などの多彩な素描とともにつづる、雅趣あふれる画文集。
文庫: 176ページ
寸法: 14.8 x 10.8 x 1.6 cm
西から東にかけて―平山郁夫画文集 (中公文庫)

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫・絹の道から大和へ』
副題名:私の仕事と人生
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1992(平成4)年01月
言語:日本語
『仏教伝来』によって独自の境地を開いた画家は、日本文化の源流を求め、絹の道を踏破。そして、いま、自らの原点を求め故国遍歴の新たな旅へ。飽くことなき美の探求者『平山郁夫』の世界を紹介。
単行本: 151ページ
寸法: 21 x 14.8 x 1 cm
平山郁夫・絹の道から大和へ―私の仕事と人生 (講談社カルチャーブックス)
 
PgUp 『熊野路を描く』
副題名:平山郁夫画集 普及版
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論社
発行年:1993(平成5)年05月
言語:日本語
古代日本の自然と歴史を秘める熊野路の相貌を多彩に描く最新の素描集。那智の滝や瀞峡、熊野三山の本宮・那智大社・速玉神社や補陀洛山寺、熊野古道など、熊野路の素描25葉と本画2点収録。大和路・吉備路に続くシリーズ第3弾。
大型本: 69ページ
寸法: 34.4 x 25.8 x 1 cm
熊野路を描く―平山郁夫画集

▲PageTop 
PgUp 『私の歩いた道』
副題名:自伝素描集
著者名:平山郁夫
出版社:日経
発行年:1993(平成5)年05月
言語:日本語
遥かな少年の日々。赤貧の学生生活。異国での体験。…忘れえぬ日々を回想し、素描と文で綴るヴィジュアルな自伝。
大型本: 94ページ
寸法: 27.6 x 26.4 x 2 cm
私の歩いた道―自伝素描集
 
PgUp 『平山郁夫』
副題名:日経ポケット・ギャラリー
著者名:平山郁夫
出版社:日経
発行年:1993(平成5)年11月
言語:日本語
砂漠の遺跡、異国の風物、美しい日本の自然。古代へのロマン、日本文化への情愛をかきたてる平山芸術の精華。
寸法: 16 x 12.8 x 1.2 cm
平山郁夫 (日経ポケット・ギャラリー)

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫』
副題名:田中穣のアート・ライブラリー
著者名:田中穣
出版社:芸術新聞
発行年:1994(平成6)年07月01日
言語:日本語
雄大なスケールのシルクロードに深い瞑想的な世界を描く祈りの画家・平山郁夫。日本文化の源流を求めインドへ、中国へ、そして故国へ。美の求道者として終わりのない旅を続ける真摯な遍歴の足跡をたどる。
ハードカバー: 142ページ
寸法: 22 x 16.6 x 1.8 cm
平山郁夫 (田中穣のアート・ライブラリー)
 
PgUp 『平山郁夫のお釈迦様の生涯』
副題名:おはなし名画シリーズ
著者名:高田好胤 西村和子
出版社:博雅堂出版
発行年:1995(平成7)年07月
言語:日本語
釈迦族の王子シッダルタの誕生から涅槃までを平山郁夫が描いた数々の仏教画でたどります。人間としてのシッダルタの生い立ちとブッダとなられたお釈迦さまの教えを平山画伯のすばらしい仏教画で紹介。
大型本: 72ページ
寸法: 33 x 25.4 x 1.8 cm
平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)

▲PageTop 
PgUp 『心にのこる仏たち』
副題名:アートルピナス
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1995(平成7)年11月
言語:日本語
自らの命をみつめて描いた独自の仏画の世界。原爆の後遺症に苦しみ、死の恐怖の中でつかんだ仏教との出会い。平山芸術の核ともいえる仏教に取材した作品34点を収録する。
寸法: 18.6 x 17 x 1.2 cm
心にのこる仏たち (アートルピナス)
 
PgUp 『検証 平山郁夫の仕事』
著者名:金田弘治
出版社:秀作社出版
発行年:1995(平成7)年11月
言語:日本語
盗作を疑われ、年商10億を稼ぐといわれる芸大学長の仕事は「芸術」か、「学商」か。10年来、平山批判を繰り返して来た一画商が、意のあるところを存分に書いた検証の書。
単行本: 201ページ
寸法: 19 x 12.8 x 1.8 cm
検証 平山郁夫の仕事

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫・日本画のこころ』
副題名:私が絵画から学んだこと
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1995(平成7)年12月
言語:日本語
画伯が半世紀に及ぶ芸術活動を通して到達した心境を語る。画材、デッサン、鑑賞の心がまえなどを通して日本画とは何かをやさしく解説すると共に平山画伯の最新作も収録。
単行本: 143ページ
寸法: 21.6 x 14.6 x 0.6 cm
ISBN-10: 4061981099
ISBN-13: 978-4061981096
平山郁夫・日本画のこころ―私が絵画から学んだこと (講談社カルチャーブックス)
 
PgUp 『アジアの心 日本のこころ』
著者名:平山郁夫 ひろさちや
出版社:清流出版
発行年:1996(平成8)年04月
言語:日本語
いま必要なのは、その内面から語られる『知恵のある本』。アジアを解くために、38の質問に答える―知的興奮を呼ぶ異色の顔合わせ。アジアの人々の目の高さで捉えた「世界の中のアジア、アジアの中の日本」。「アジアは一つ」は本当か。遊牧民族の「炉辺の幸福」とは。曼茶羅のエロチシズムとアジアの人間の祈りとの関係は。平山画伯はなぜ原爆の絵を一枚しか描かないのか。韓国はどうしてああも日本を憎むのか。日本の常識がアジアの非常識、アジアの常識が日本の非常識というのは。―などなど誰もが知りたい38の質問に答える待望の書。
単行本: 246ページ
寸法: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm
アジアの心 日本のこころ

▲PageTop 
PgUp 『生かされて、生きる』
著者名:平山郁夫
出版社:角川書店
発行年:1996(平成8)年11月
言語:日本語
時代の流れがどう変わろうと、環境がいかに変化しようと、影響されない「自分の型」を持ちたい―。そのためには、より早く多くの失敗を積み重ねることも必要である。失敗を怖れずに、「自分の世界」を、自分で考え、探し当てること。それが、「持続する個性」、「叩かれ強い個性」を作り上げる。日本画壇の巨匠である平山郁夫が、迷い、悩み抜いた末に掴んだ「自分の型」。その道のりを肉声を通して生き生きと伝える、珠玉の人生論。
文庫: 225ページ
寸法: 14.6 x 10.4 x 1.4 cm
生かされて、生きる (角川文庫)
 
PgUp 『平山郁夫の文化財赤十字』
著者名:平山郁夫 谷久光
出版社:芸術新聞社
発行年:1997(平成9)年04月01日
言語:日本語
国境と民族の壁を乗り越え、いま、美を救うために!遙かな歴史と未来に思いを馳せ、人類が残した文化財、文化遺産の保存修復に取り組む、平山郁夫のもう一つの仕事を明らかにする初めての語り下ろし。
ハードカバー: 229ページ
寸法: 21.2 x 15.2 x 2.2 cm
平山郁夫の文化財赤十字

▲PageTop 
PgUp 『私の青春物語』
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:1997(平成9)年04月11日
言語:日本語
平山画伯の修業時代の未発表エピソ-ド。 「仏教伝来」で画壇に登場する迄すごした睦荘アパ-ト六畳一間での十年間を中心に、笑いと涙でつづる平山画伯の青春時代の数々のエピソ-ドを余すところなく紹介
単行本: 246ページ
寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
私の青春物語
 
PgUp 『画文集 サラエボの祈り』
著者名:平山郁夫 右田千代
出版社:日本放送出版協会
発行年:1997(平成9)年11月
言語:日本語
「サラエボの戦火の中で、絵を描き続けた人がいる」1996年放送されたNHKスペシャル「サラエボの光」から生まれた画文集。戦場の画家たちを訪ねた取材の中で描かれたスケッチに現地での思いを静かにつづる。
単行本: 157ページ
画文集 サラエボの祈り

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫』
副題名:悠久の流れの中に 人間の記録 (59)
著者名:平山郁夫
出版社:日本図書センター
発行年:1997(平成9)年12月
言語:日本語
仏教に題材をとった作品などで高い評価を得ている日本画家・平山郁夫。作品に大きな影響を与えている広島での原爆体験も含め、半生をふりかえりつつ自らの人生観、芸術観を語る。1980年刊「悠久の流れの中に」の改題。
単行本: 239ページ
寸法: 19.2 x 13 x 2.4 cm
平山郁夫―悠久の流れの中に (人間の記録 (59))
 
PgUp 『道はあとからついてくる』
副題名:「家計簿」にみる平山画伯家の足跡
著者名:平山美知子
出版社:主婦と生活社
発行年:1997(平成9)年12月
言語:日本語
日本画家・平山郁夫氏夫人美知子さんの42年間83冊にも及ぶ家計簿が語る「さまざまな愛の軌跡」。それは、明日を生きる私たち自身の人生への応援歌でもある。
単行本: 270ページ
寸法: 19.8 x 13.4 x 2.6 cm
道はあとからついてくる―「家計簿」にみる平山画伯家の足跡

▲PageTop 
PgUp 『出雲路古代幻想』
副題名:平山郁夫画集
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論社
発行年:1998(平成10)年08月
言語:日本語
日御碕神社、出雲大社、鰐淵寺、神原神社、宍道湖、竜頭の滝、熊野大社…。画業50年を期に、日本文化の原郷の地・出雲を訪ね、意欲新たに描き下ろした最新素描集。素描25点、本画1点に随筆を加える。
大型本: 42ページ
寸法: 34 x 26.2 x 1 cm
ISBN-10: 4120028232
ISBN-13: 978-4120028236
出雲路古代幻想―平山郁夫画集
 
PgUp 『平山郁夫「シルクロード西へ」』
副題名:日経ポストカードブック
著者名:平山郁夫
出版社:日本経済新聞社
発行年:1998(平成10)年11月
言語:日本語
名画が伝える心の便り。この本で取り上げた地域は、主にアフガニスタンから西方、イラン、イラク、エジプト、トルコと、いわゆる中東と呼ばれる地域で、様々な遺跡を描いた作品が収められている。
寸法: 15.2 x 12.8 x 1.2 cm
平山郁夫「シルクロード西へ」 (日経ポストカードブック)

▲PageTop 
PgUp 『絵と心』
著者名:平山郁夫
出版社:読売新聞社
発行年:1998(平成10)年11月
言語:日本語
私は美というものは、生きることそのものだと思っている。これは人間だけでなく、この世に存在するあらゆるものに言えることである-。道遠く、無限の彼方に画家は何を見たのか。半世紀の心の軌跡を明らかにする。
単行本: 206ページ
寸法: 21.2 x 15.6 x 2.2 cm
絵と心
 
PgUp 『ヨーロッパの街角』
副題名:日経ポストカードブック
著者名:平山郁夫
出版社:日本経済新聞社
発行年:1999(平成11)年04月
言語:日本語
ヨーロッパとの初めての出会いは、若き日の留学だった。西欧文化の層の厚さに圧到されたのも、今は懐かしい。名画が伝える心の便り。
寸法: 15.4 x 12.6 x 1.4 cm
ISBN-10: 4532120608
ISBN-13: 978-4532120603
ヨーロッパの街角 (日経ポストカードブック)

▲PageTop 
PgUp 『永遠のシルクロード』
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:2000(平成12)年06月15日
言語:日本語
平山画伯の歩いた40年間取材記録を初公開画家として文化人として活躍する平山画伯が、ライフワークである薬師寺大壁画の完成を前に百回を超えるシルクロードを始めとする40年間の海外取材の全てを語る
単行本: 508ページ
寸法: 18.6 x 13.2 x 3.8 cm
永遠のシルクロード
 
PgUp 『平山郁夫 薬師寺 玄奘三蔵院 大壁画』
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:2001(平成13)年03月
言語:日本語
少年期の原爆体験から、平和の世を作ることを使命としてきた画家・平山郁夫。常に自分の人生と重ね合わせてきた玄奘三蔵の「大唐西域記」を画題とした薬師寺玄奘三蔵院完成記念画集。スケッチや各界からのメッセージ等も収録。
大型本: 153ページ
寸法: 39.8 x 27.6 x 4 cm
平山郁夫薬師寺玄奘三蔵院大壁画

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫と玄奘三蔵法師ものがたり』
副題名:増補改訂版
著者名:「美術の窓」編集部
出版社:生活の友社
発行年:2001(平成13)年08月
言語:日本語
制作に30年以上を費やした奈良・薬師寺玄奘三蔵院伽藍の大壁画「大唐西域記」。作者である平山郁夫の生い立ちから、玄奘との深い関わり、そしてシルクロードへの取材旅行の記録等をまとめる。2001年1月刊の増補改訂版。
単行本: 103ページ
寸法: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
平山郁夫と玄奘三蔵法師ものがたり
 
PgUp 『平山郁夫平成洛中洛外図』
著者名:平山郁夫
出版社:講談社
発行年:2004(平成16)年12月
言語:日本語
薬師寺の「大唐西域壁画」の完成から3年。現代日本画界の巨匠が描く永遠の古都・京都。「平成洛中洛外図」の4作のほか、京都を描く諸作、素描などを収録。
大型本: 159ページ
寸法: 39.9 x 27.7 x 4.1 cm
平山郁夫平成洛中洛外図

▲PageTop 
PgUp 『日本の心を語る』
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論新社
発行年:2005(平成17)年03月
言語:日本語
日本文化の源流をさかのぼる壮大な画業と世界の文化財・文化遺産の保存活動に取り組む日々…「生かされている」ことへの感謝を込めて語りかける人生論。
単行本: 192ページ
寸法: 19.2 x 13.8 x 1.8 cm
日本の心を語る
 
PgUp 『SOS世界危機遺産』
副題名:小学館文庫
著者名:平山郁夫
出版社:小学館
発行年:2006(平成18)年05月11日
言語:日本語
人類の大切な「宝物」ユネスコの世界遺産。現在、世界遺産の中には武力紛争、自然災害、大規模工事、都市・観光開発、密猟などによって、遺産としての「真実性」や「完全性」を損なっている世界遺産がある。それらは「危機にさらされている世界遺産リスト」(通称「危機遺産」)に登録され、適切な保全計画が立てられる。リストに登録されている全三四件(二〇〇六年三月現在)と危機遺産から脱出した世界遺産、危機が話題にのぼった世界遺産一五件を紹介する。人類共通の財産を守り、未来に引き継ぐのが私たちの使命である。
文庫: 224ページ
寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
SOS世界危機遺産 (小学館文庫)

▲PageTop 
PgUp 『私の履歴書 日本画の巨匠』
副題名:日経ビジネス人文庫
著者名:上村松篁 加山又造 東山魁夷 平山郁夫
出版社:日本経済新聞社
発行年:2006(平成18)年11月
言語:日本語
格調高い花鳥画の名手・上村松篁、日本人にもっとも親しまれている風景画家・東山魁夷、琳派を現代によみがえらせた加山又造、仏教伝来の道・シルクロードを描いて有名な平山郁夫―日本画壇を代表する画家たちの戦前戦後、波乱の時代の自伝。
文庫: 441ページ
寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
私の履歴書 日本画の巨匠 (日経ビジネス人文庫)
 
PgUp 『平山郁夫の旅』
副題名:「仏教伝来」の道 シルクロード
著者名:谷岡清 平山郁夫
出版社:日本経済新聞社
発行年:2006(平成18)年8月
言語:日本語
「聖火、シルクロードを通る」―たった一行の新聞の見出しが、原爆症に悩む若き画家の苦境を救った。そして、玄奘三蔵の足跡を追って、シルクロードの旅が始まった。インドから奈良へ、アジアの遺跡を絵と写真でたどる「仏教伝来」の道。
大型本: 113ページ
寸法: 26.8 x 25.2 x 1.8 cm
平山郁夫の旅―「仏教伝来」の道 シルクロード

▲PageTop 
PgUp 『新版 平山郁夫 私のスケッチ技法』
著者名:平山郁夫 村木明
出版社:実業之日本社
発行年:2007(平成19)年10月19日
言語:日本語
「スケッチは画を描く人にとって、必要不可欠な描写力の日常訓練であるだけでなく、知識も、技術も感覚も、つまりは全人格の鍛錬となるものです」日本を代表する画家・平山郁夫。その偉大な画業の原点となるスケッチを百数十点収録し、平山自身のコメントも収載した絵画愛好家必読の名著を、最新の印刷技術によって新装刊。平山のシルクロード行にも同道した美術評論家・村木明の解説を付す。
単行本: 200ページ
寸法: 20.6 x 18.2 x 1.6 cm
新版 平山郁夫 私のスケッチ技法
 
PgUp 『平山郁夫の世界』
著者名:平山郁夫
出版社:美術年鑑社
発行年:2007(平成19)年8月
言語:日本語
院展出品作を中心に代表作62点を収録。出世作「仏教伝来」(第44回院展)から、第91回院展「神峰黄山雲海図」まで、全掲載作品に美術館学芸員らの解説付。
大型本: 96ページ
寸法: 22.8 x 18.2 x 1.6 cm
平山郁夫の世界

▲PageTop 
PgUp 『芸術がいま地球にできること』
副題名:平山郁夫対談集
著者名:平山郁夫
出版社:芸術新聞社
発行年:2007(平成19)年9月1日
言語:日本語
被爆体験から立ち上がり、文化による平和を旗印に世界を奔走する日本画家・平山郁夫。シルクロード、中国、北朝鮮…と、その行動力は、外交官を顔色なからしめるほど。武力によって世界は平和にはならない。終末的な文明衝突を避けるために、日本が芸術と文化によって、世界に対して未来に向けて何ができるか。著名文化人18人との対論から、行動の芸術家の素顔と思想が明らかになる。
単行本: 301ページ
寸法: 20.8 x 15.2 x 2.4 cm
芸術がいま地球にできること―平山郁夫対談集
 
PgUp 『絵と心』
著者名:平山郁夫
出版社:中央公論新社
発行年:2008(平成20)年2月
言語:日本語
戦争の最中の広島。絵を描くことが私の心のよりどころとなった…。極限状態の中、私は十四、五歳の子どもながら、自分の生きた証を残そうというような気持ちになって絵を描いていた。―絵画と、そして「人」と歩んできた半世紀。平山郁夫の心の軌跡をつづったエッセイ集。
文庫: 220ページ
寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
絵と心 (中公文庫)

▲PageTop 
PgUp 『ぶれない』
副題名:骨太に、自分を耕す方法
著者名:平山郁夫
出版社:三笠書房
発行年:2008(平成20)年8月
言語:日本語
心の奥底に潜む甘えを断ち切り、「ぶれない」生きかたの基準を持つことで、人生はもっと豊かに、思い通りに生きられる。「美しいかどうか」を基準に生きる画伯が説く、「ぶれない自分」をつくるための法則。
単行本: 206ページ
寸法: 19.2 x 13.8 x 2 cm
ぶれない―骨太に、自分を耕す方法
 
PgUp 『月刊 美術 2009年 02月号』
副題名:【巻頭特集】日本がわかり、世界がみえる 平山郁夫のシルクロード展
出版社:実業之日本社
発行年:2009(平成21)年01月20日
言語:日本語
【巻頭特集】
日本がわかり、世界がみえる 平山郁夫のシルクロード展
三越「平山郁夫の大いなるシルクロード」展ダイジェスト
●対談 平山郁夫×高階秀爾
●北京展、パリ展詳報
寸法: 23 x 18.4 x 1.2 cm
月刊 美術 2009年 02月号

▲PageTop 
PgUp 『シルクロード美術展カタログ内容総覧』
著者名:松平美和子
出版社:芙蓉書房出版
発行年:2009(平成21)年12月
言語:日本語
大正期~2009年に日本で開催されたシルクロード美術展のカタログ530点の内容を詳しく紹介。展覧会会場でしか入手できないカタログは年々充実度を増し、今では研究者・専門家にとって貴重な情報源になっている。
大型本: 262ページ
寸法: 26 x 18.6 x 3 cm
シルクロード美術展カタログ内容総覧
 
PgUp 『三蔵法師 祈りの旅 [DVD]』
副題名:NHKスペシャル
著者名:平山郁夫
出版社:NHKエンタープライズ
発行年:2010(平成22)年01月22日
言語:日本語
戦乱の7世紀、救いを求めて命懸けの旅を行った中国の僧・玄奘三蔵の道をたどるドキュメンタリー。薬師寺玄奘三蔵院の壁画制作を行う画家・平山郁夫と18年にも及ぶ苦難の旅に挑んだ三蔵を重ね合わせて描き、後世に伝えるべきメッセージとは何かを探る。
語り:市原悦子
朗読:坂口芳貞
音楽:牟岐礼
歌:佐藤しのぶ
ディスク枚数: 2 DVD-VIDEO
時間: 98 分
ASIN: B002UNEEBG
EAN: 4988066168758
NHKスペシャル 三蔵法師 祈りの旅 [DVD]

▲PageTop 
PgUp 『表紙が平山郁夫の教科書』
著者名:明治書院教科書編集部
出版社:明治書院
発行年:2010(平成22)年05月
言語:日本語
平成7年4月~平成10年3月まで使用された教科書「精選 古典I」(古文編・漢文編)を当時のままに再現。また、解説のしおりには、「平山郁夫先生の思い出」、「本教科書の刊行当時の社会状況と、学習指導要領」、「教育者 平山郁夫」、「平和への思い 平山絵画の原典」、「表紙をかざった絵画の解説」を収録。
寸法: 21.6 x 15.2 x 1.4 cm
表紙が平山郁夫の教科書
 
PgUp 『般若心経手帳』
著者名:平山郁夫 中村元 堀内伸二
出版社:東京書籍
発行年:2010(平成22)年08月07日
言語:日本語
「人生という旅」をテーマに、日本人に最も愛される経典「般若心経」を、中村元の現代語訳や玄奘三蔵をめぐる平山郁夫の壮大な仏教画をともにたどる。初めての手帳形式の書籍。
単行本(ソフトカバー): 143ページ
寸法: 15.4 x 9.6 x 0.6 cm
般若心経手帳

▲PageTop 
PgUp 『新版 古寺巡礼奈良〈9〉薬師寺』
著者名:山田法胤 平山郁夫
出版社:淡交社
発行年:2010年12月16日
言語:中国語
白鳳時代の建築と、昭和・平成の建築が調和して立つ白鳳伽藍。玄奘三蔵の教えと祈りが守り継がれる法相宗の大本山・薬師寺。
単行本: 142ページ
寸法: 21.2 x 15 x 1.6 cm
新版 古寺巡礼奈良〈9〉薬師寺
 
PgUp 『月刊 美術 2011年 01月号』
出版社:実業之日本社
発行年:2010(平成22)年12月20日
言語:日本語
【展覧会プレビュー】
平山郁夫「仏教伝来の道」/ 相原求一朗
寸法: 22.8 x 18.6 x 1.4 cm
月刊 美術 2011年 01月号 [雑誌]

▲PageTop 
PgUp 『文化財赤十字の旗』
著者名:平山郁夫 谷久光
出版社:博文館新社
発行年:2011(平成23)年01月
言語:日本語
家内と二人三脚だったシルクロード。夫、平山のもうひとつのライフワーク迫真のドキュメント。
単行本: 248ページ
寸法: 20.8 x 14.8 x 2 cm
文化財赤十字の旗
 
PgUp 『平山郁夫』
副題名:ちいさな美術館シリーズ
著者名:平山郁夫
出版社:青幻舎
発行年:2011(平成23)年01月20日
言語:日本語
全生涯をかけて制作したシルクロードの連作。まるで交響曲のように奏でる壮大なロマン。
文庫: 32ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
平山郁夫 (ちいさな美術館シリーズ)

▲PageTop 
PgUp 『平山郁夫』
副題名:別冊太陽 日本のこころ
著者名:平山美知子 別冊太陽編集部
出版社:平凡社
発行年:2011(平成23)年05月26日
言語:日本語
仏教画、シルクロード、日本の風景、世界遺産などをテーマに約100点の作品を紹介。教育者やユネスコ親善大使としての活動も含め、その全生涯を網羅。未完の遺作「平城京」の大下図も収載。
ムック: 159ページ
寸法: 28.6 x 21.8 x 1.2 cm
平山郁夫 (別冊太陽 日本のこころ)
 
PgUp 『平山郁夫の真実』
著者名:大宮知信
出版社:新講社
発行年:2012(平成24)年06月22日
言語:日本語
「最後の日本画壇の大家か」あるいは「文化を牛耳る強腕の巨匠か」といわれたビッグネーム、平山郁夫。若き日は、明日の日本画壇を背負って立つ、貴公子然とした期待の超新星。「日本一画料の高い日本画家」の地位を占めてからは、画業ばかりでなく、さまざまな文化事業に大きな足跡を残していく。広島で被爆、九死に一生を得た経験からか、「仏教伝来」を画題とした作品で一気に画壇にデビュー。それからの、日本から西域にさかのぼるオリエントをテーマにした作品は、美術ジャーナリズムばかりではなく、一般の美術愛好家からも人気を博す。また、教育者としては東京芸術大学で異例の再度の学長を勤める。このような大家に対し、これまで世の批評家やジャーナリズムの多くは、称賛の言葉はあれ、その“素顔”に触れようとはしなかった。著者は、この画家の名声の生涯をなぞるのではなく、その“生き方”“行動の形”に焦点を絞る。美という世界の暗黙のタブーに果敢に挑んだ渾身のライフワークの1冊。
単行本: 269ページ
寸法: 19.2 x 13.6 x 3.2 cm
平山郁夫の真実

▲PageTop 




-  画家 平山郁夫  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2017 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.1m  To Home- on