なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


18

画家  田中 一光(たなか いっこう)

< b.1930 - d.2002 >        
PgUp 『田中一光のデザイン』
著者名:田中一光
出版社:駸々堂
発行年:1975(昭和50)年
言語:日本語
サイズ: 30 x 23.4 x 3.6 cm : 215ページ
ASIN: B000J92DGG
田中一光のデザイン
 
PgUp 『田中一光のポスター』
副題名:その発想と造形
著者名:田中一光
出版社:講談社
発行年:1981(昭和56)年07月
言語:日本語
グラフィック・デザイナー田中一光のポスター90点を収録した作品集。
サイズ:34×25.7cm
ソフトカバー 134ページ
ASIN: B000J7S14G
田中一光のポスター―その発想と造形
 
PgUp 『田中一光デザインの世界』
著者名:田中一光
出版社:講談社
発行年:1987(昭和62)年01月
言語:日本語
グラフィック・デザイナー田中一光の仕事を一同に紹介するヴィジュアル資料集。装丁デザインを手がけた、細江英公の 『鎌鼬』 なども。田中一光自身によるブック・デザイン。構成・レイアウトを木下勝弘。
大型本: 297ページ 31x23cm
田中一光デザインの世界

▲PageTop 
PgUp 『デザインの周辺』
副題名:新装版
著者名:田中一光
出版社:白水社
発行年:1989(平成1)年10月
言語:日本語
新鮮な発想とみずみずしい感性に溢れる第一線のアート・ディレクターが、そのクロス・オーバな活躍の中から、現代芸術の本質と可能性を発見しようと書き綴った「デザイン文化論」。
単行本: 305ページ
サイズ: 19.8 x 14 x 2.4 cm
ISBN-10: 4560039429
ISBN-13: 978-4560039427
デザインの周辺
 
PgUp 『デザインの仕事机から』
著者名:田中一光
出版社:白水社
発行年:1990(平成2)年08月
言語:日本語
90年代の視座から、デザインの基盤と発想を語る、しなやかな感性のサイド・テーブル。
単行本: 290ページ
サイズ: 19.6 x 13.8 x 2.4 cm
ISBN-10: 4560039437
ISBN-13: 978-4560039434
デザインの仕事机から

▲PageTop 
PgUp 『田中一光 gggBooks』
副題名:世界のグラフィックデザインシリーズ5
著者名:田中一光
出版社:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
発行年:1993(平成5)年04月
言語:日本語
単行本: 63ページ
寸法: 18.4 x 13 x 1 cm
田中一光 gggBooks 世界のグラフィックデザインシリ-ス゛5
 
PgUp 『田中一光の文字とデザイン』
副題名:アート・テクニック・ナウ 増補新版
著者名:田中一光
出版社:河出書房新社
発行年:1994(平成6)年07月
言語:日本語
絵や写真が歌だとすれば字は伴奏のようなものである…。文字をアートに変えるタイポグラフィの技法の基本的なテクニックからハイテクニックまでを全公開。レタリング、ロゴなど新作12点を加えた増補新版。
単行本: 102ページ
寸法: 23.2 x 19 x 1.6 cm
田中一光の文字とデザイン (アート・テクニック・ナウ)

▲PageTop 
PgUp 『デザインの前後左右』
著者名:田中一光
出版社:白水社
発行年:1995(平成7)年03月
言語:日本語
傷ついた地球の再生、非西欧文明の再認識、コンチネンタル・スタイルの快適追求の後退、きれいごとではない国際交流、地球人認識から発生するさまざまな思想の衝突、ツルツル・ピカピカではない美意識の復興、これらきたるべき21世紀のデザインの課題を示す、好評のエッセイ集第3弾。
単行本: 221ページ
寸法: 19 x 13.2 x 2.4 cm
ISBN-10: 4560038619
ISBN-13: 978-4560038611
デザインの前後左右
 
PgUp 『人間と文字』
著者名:田中一光
出版社:平凡社
発行年:1995(平成7)年04月01日
言語:日本語
文字の歴史は5000年以上、300種を数える。本書は、主要な文字の刻まれた資料を世界各地に取材して構成したもの。人類文化遺産の学術と美術の粋が同時に概観できる。
大型本: 198ページ
サイズ: 32.2 x 24.4 x 3.6 cm
ISBN-10: 4582403212
ISBN-13: 978-4582403213
人間と文字

▲PageTop 
PgUp 『デザインと行く』
副題名:白水Uブックス エッセイの小径
著者名:田中一光
出版社:白水社
発行年:1997(平成9)年08月
言語:日本語
最新・高級・本格といった月並な形容詞が人々の共感を失い、以前にも増して個性的で質感の高いメッセージが求められている。そのために必要なものはなにか。本書は、国内外のデザイナーたちから圧倒的な支持と共感をえているアートディレクターが、これからのデザインに必要な感性と発想について、古典から現代環境まで縦横無尽にかけ巡りながら鋭くつづった、精選エッセイ集。
新書: 214ページ
寸法: 17.4 x 11 x 1.2 cm
デザインと行く (白水Uブックス―エッセイの小径)
 
PgUp 『伝統と今日のデザイン』
著者名:田中一光デザイン室 田中一光
出版社:トランスアート
発行年:1999(平成11)年02月
言語:日本語
単行本: 246ページ
寸法: 28.2 x 23.2 x 3.4 cm
伝統と今日のデザイン

▲PageTop 
PgUp 『日本のタイポグラフィックデザイン』
副題名:1925-95
著者名:松岡正剛 田中一光 浅葉克己
出版社:トランスアート
発行年:1999(平成11)年02月01日
言語:日本語
単行本: 203ページ
サイズ: 27.8 x 22.2 x 2.4 cm
ISBN-10: 4924956724
ISBN-13: 978-4924956728
日本のタイポグラフィックデザイン―1925-95
 
PgUp 『聞き書きデザイン史』
著者名:田中一光
出版社:六耀社
発行年:2001(平成13)年05月01日
言語:日本語
クリエイティブ、それは時代を超えたオリジナリティ…。日本を代表するグラフィックデザイナー・25人が語る体験的デザイン観をまとめたエッセイ集。彼らの自伝は、そのまま日本のグラフィックデザインの歴史となる。
単行本: 360ページ
サイズ: 22 x 15 x 2.8 cm
ISBN-10: 4897374162
ISBN-13: 978-4897374161
聞き書きデザイン史

▲PageTop 
PgUp 『田中一光へのオマージュ』
副題名:with and without IKKO TANAKA
著者名:木下勝弘
出版社:デザイン倶楽部
発行年:2003(平成15)年05月
言語:日本語
田中一光デザイン室に十年間在籍して以来の四半世紀あまり…間近で見た師への、私的な思い出を語りおろす、元スタッフの独白。
単行本: 95ページ
寸法: 20.8 x 15 x 0.6 cm
田中一光へのオマージュ―with and without IKKO TANAKA
 
PgUp 『田中一光回顧展』
副題名:われらデザインの時代
著者名:田中 一光 柏木博 東京都現代美術館 サントリーミュージアム 朝日新聞社
出版社:朝日新聞社
発行年:2003(平成15)年07月
言語:日本語
2003~04年に開催される田中一光回顧展の図録集。40年以上にわたって日本のグラフィックデザイン界をリードしてきた田中の、ポスターやブックデザイン、ロゴマークなどの優れた作品をまとめる。
大型本: 348ページ
寸法: 30.4 x 23 x 2.8 cm
田中一光回顧展―われらデザインの時代

▲PageTop 
PgUp 『田中一光の仕事』
著者名:朝日新聞社 東京都現代美術館
出版社:朝日新聞社
発行年:2004(平成16)年01月
言語:日本語
2002年に急逝するまで日本のグラフィックデザイン界の中核を担った田中一光の仕事、約3000点を収録した保存版カタログ。ポスター、ブック&エディトリアル、カレンダー、グラフィックアート、マーク&ロゴに分け掲載。
大型本: 325ページ
サイズ: 30.8 x 23.6 x 3.2 cm
ISBN-10: 4887523351
ISBN-13: 978-4887523357
田中一光の仕事
 
PgUp 『田中一光自伝』
副題名:われらデザインの時代
著者名:田中一光
出版社:白水社
発行年:2004(平成16)年04月
言語:日本語
惜しくも急逝したグラフィックデザイン界の巨匠が、自らの生涯を振り返りながら、グラフィックデザインの歴史とその社会的役割、関西と東京との文化的差異、時代の古典に対する認識など、数多くの提言を盛り込んだ、日本グラフィックデザイン史の副読本。
単行本: 248ページ
寸法: 17.6 x 11.2 x 1.4 cm
田中一光自伝 われらデザインの時代 (白水uブックス)

▲PageTop 
PgUp 『田中一光とデザインの前後左右』
著者名:小池一子 21_21 DESIGN SIGHT
出版社:フォイル
発行年:2012(平成24)年09月25日
言語:日本語
日本を代表するグラフィックデザイナー田中一光の軌跡と功績。今年で没後10年、これまでの彼の偉業を、グラフィックデザイン作品を中心とした豊富の図版と、豪華執筆陣を交えたふんだんなテキストで10章立てで展開します。
単行本(ソフトカバー):96ページ
田中一光とデザインの前後左右
 




-  画家 田中一光  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on