なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


101

実業家  原 三溪(はら さんけい)

< b.1868 - d.1939 >        
PgUp 『原三渓』
副題名:近代日本画を育てた豪商(有隣新書 8)
著者名:竹田道太郎
出版社:有隣堂
発行年:1977(昭和52)年11月
言語:日本語
新書: 189ページ
サイズ: 17.4 x 10.4 x 1.2 cm
ISBN-10: 4896600207
ISBN-13: 978-4896600209
近代日本画を育てた豪商原三渓 (有隣新書 8)
 
PgUp 『三渓園』
副題名:明治数寄者の風雅(日本の庭園美〈7〉)
著者名:白崎秀雄 井上靖 千宗室 岡本茂男
出版社:集英社
発行年:1989(平成1)年08月18日
言語:日本語
臨春閣を筆頭に桃山や江戸時代の古建築と四季の草花が庭園を彩る。贅を尽くした明治の大庭園の美を探る。
大型本: 68ページ
サイズ: 30.2 x 21.4 x 1.4 cm
ISBN-10: 4085980076
ISBN-13: 978-4085980075
三溪園 明治数寄者の風雅 日本の庭園美 (7)
 
PgUp 『三渓園 100周年』
副題名:原三渓の描いた風景
著者名:三渓園保勝会
出版社:神奈川新聞社
発行年:2006(平成18)年06月
言語:日本語
人々に開かれた庭として実業家・原三渓がつくりあげ、今も多くの入園者で賑わう名庭、三渓園。明治39年5月1日の開園から現在に至るまで、その100年の歴史が、ここにひもとかれる!
単行本: 184ページ
サイズ: 21.2 x 20.8 x 1.6 cm
ISBN-10: 4876453802
ISBN-13: 978-4876453801
三渓園 100周年

▲PageTop 
PgUp 『原三溪翁伝』
著者名:藤本實也 三溪園保勝会 横浜市芸術文化振興財団
出版社:思文閣出版
発行年:2009(平成21)年12月
言語:日本語
単行本: 919ページ
サイズ: 22.8 x 16 x 5.6 cm
ISBN-10: 4784214763
ISBN-13: 978-4784214761
原三溪翁伝
 
PgUp 『季刊誌『横濱』No.30』
副題名:2010年秋号
出版社:神奈川新聞社
発行年:2010(平成22)年10月
言語:日本語
特集 三溪園 名園の魅力と原三溪をめぐる人々 名園の魅力
ムック: 100ページ
サイズ: 29 x 20.6 x 0.4 cm
ISBN-10: 4876454620
ISBN-13: 978-4876454624
季刊誌『横濱』No.30 2010年秋号

▲PageTop 
PgUp 『三溪園の建築と原三溪』
副題名:有隣新書72
著者名:西和夫
出版社:有隣堂
発行年:2012(平成24)年12月26日
言語:日本語
横浜市中区本牧にある国指定名勝・三溪園は、生糸貿易で財を成した原三溪(富太郎)が、自邸を開放した庭園である。園内には、各地から移築された多種多様な建築物が散りばめられ、「建築の博物館」とも評されている。 原三溪は、古美術の収集や近代日本画家の育成に重要な役割を果たしたことはよく知られているが、建築に対しても高い見識をもっていた。本書は、明治39年(1906)の開園以来、100年を過ぎた今、忘れかけられた三溪園の建築物の歴史と価値や移築の経緯などを紹介し、園内を散策しながら、それぞれの建築の鑑賞へと誘う。
新書: 200ページ
サイズ: 17 x 10.4 x 1.8 cm
ISBN-10: 4896602145
ISBN-13: 978-4896602142
三溪園の建築と原三溪 (有隣新書72)
 
PgUp 『原 三溪』
副題名:偉大な茶人の知られざる真相
著者名:齋藤清
出版社:淡交社
発行年:2014(平成26)年07月23日
言語:日本語
生糸の貿易商で横浜一の大富豪と謳われた原富太郎(三溪/1868~1939)が愛した「茶」と「美術」とは、どのようなものであったか。交流のあった人々との書簡のほか、会記や文献などを紹介して、今まで語られることの少なかった茶人としての側面に焦点を当てた内容になっています。また、古画や古美術の蒐集家で、自らも書画を描き、若手画家の後援者としての三溪についても紹介し、開園当初の三溪園についても言及し、付録では「三溪に関わる人物」の略歴も掲載しています。
単行本: 391ページ
サイズ: 21.2 x 14.8 x 3.2 cm
ISBN-10: 4473039552
ISBN-13: 978-4473039552
原 三溪: 偉大な茶人の知られざる真相

▲PageTop 
PgUp 『幻の五大美術館と明治の実業家たち』
副題名:祥伝社新書 407
著者名:中野明
出版社:祥伝社
発行年:2015(平成27)年03月02日
言語:日本語
数奇な運命をたどった美術品の物語。 国宝・重要文化財など名品が目白押し! 美術品をめぐる実業家たちの駆け引きも見所の一冊。
新書: 312ページ
サイズ: 17.2 x 10.8 x 2 cm
ISBN-10: 9784396114077
ISBN-13: 978-4396114077
ASIN: 4396114079
幻の五大美術館と明治の実業家たち
 
PgUp 『横濱王』
著者名:永井紗耶子
出版社:小学館
発行年:2015(平成27)年08月04日
言語:日本語
昭和13年、青年実業家の瀬田修司は横濱に降り立った。関東大震災から復興した横濱は、ジャズが流れモガ・モボが闊歩する華やかな文化あふれる国際都市。折しも日中戦争が始まり、軍需景気にあやかりたい瀬田は、横濱一の大富豪である原三渓からの出資を得ようと、三渓について調べ始める。実業家としての三渓は、富岡製糸場のオーナーであり「生糸王」の異名を持っていた。その一方で、関東大震災では私財をなげうって被災者たちの救済にあたった。また、稀代の数寄者としても名を馳せ、茶の湯に通じ、「西の桂離宮、東の三渓園」と言われる名園を築いた文化人。前田青邨や小林古径など、日本画家たちの育成を支援……と、いくら調べても交渉材料となるような醜聞の一つも見つからず、瀬田は苛立つ。やがて「電力王」として知られる実業家、松永安左ヱ門に会った瀬田は、松永の仲介で三渓に会うことが叶う。三渓園の茶室を訪れた瀬田は、そこで原三渓と出会ったことで、少しずつ考え方を変えていく。実は少年時代、瀬田にとっては忘れえぬある記憶があった……。
単行本: 277ページ
サイズ: 19 x 13.2 x 2.3 cm
ISBN-10: 4093864187
ISBN-13: 978-4093864183
横濱王

▲PageTop 
PgUp 『原三溪と日本近代美術』
著者名:三上美和
出版社:国書刊行会
発行年:2017(平成29)年03月06日
言語:日本語
日本近代有数の美術コレクター、芸術のパトロンであった原富太郎(号・三溪、1868-1939)。自筆史料「美術品買入覚」(「買入覚」、三溪園保勝会蔵、全5巻、記載作品は4千百余点)など貴重な一次資料を精細に読み解き、三溪が美術の蒐集と美術家支援にいかに関与し、日本の近代美術史の展開にいかなる意義を有するものであったかを論じる。また、同じく古美術蒐集と芸術家支援を行い三溪とも関わりのあった細川護立との比較、今村紫紅《護花鈴》、安田靫彦《夢殿》の作品論などにより、三溪の活動の特質を複層的に明らかにする。従来の美術史研究では看過されてきたコレクター、パトロン研究を正面から取り上げた画期的論考。
単行本: 338ページ
サイズ: 21.8 x 15.6 x 3.6 cm
ISBN-10: 4336061505
ISBN-13: 978-4336061508
原三溪と日本近代美術
 




-  実業家 原三溪  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on