なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


10

文学家  金子 兜太(かねこ とうた)

< b.1919 - d.2018 >        
PgUp 『漂泊三人』
副題名:一茶・放哉・山頭火
著者名:金子兜太
出版社:飯塚書店
発行年:1983(昭和58)年12月
言語:日本語
サイズ: 19.8 x 14 x 2.4 cm : 251ページ
ASIN: B000J799RY
漂泊三人―一茶・放哉・山頭火
 
PgUp 『句集 日常』
著者名:金子兜太
出版社:ふらんす堂
発行年:2009(平成21)年06月
言語:日本語
単行本: 229ページ
サイズ: 19.2 x 13.6 x 1.8 cm
ISBN-10: 4781401341
ISBN-13: 978-4781401348
句集 日常
 
PgUp 『美しい日本の季語』
副題名:365日で味わう
著者名:金子兜太
出版社:誠文堂新光社
発行年:2010(平成22)年04月01日
言語:日本語
言葉の響きの美しいもの、めずらしいもの、広く知られていても、なお含蓄が深く面白いものを中心に、一日一季語を紹介。四季の移ろいを繊細にすくい取った日本ならではの美しい“季語”をじっくり味わってください。
単行本: 399ページ
サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
ISBN-10: 4416810288
ISBN-13: 978-4416810286
美しい日本の季語―365日で味わう

▲PageTop 
PgUp 『人間 金子兜太のざっくばらん』
著者名:金子兜太
出版社:中経出版
発行年:2010(平成22)年08月24日
言語:日本語
俳界の巨匠・金子兜太氏は、俳句云々を語る以前に"偉大なる常識人"ともいえる人物ですが、本書は、そんな金子氏の談話を皮切りに、専門的な俳句論ではなく、あくまでひとりの人間としての金子氏の見識を前面に押し出し、俳人としてだけではない、彼の大いなる魅力を読者に伝えていく内容となっています。
単行本(ソフトカバー): 224ページ
サイズ: 19 x 13 x 1.8 cm
ISBN-10: 4806137405
ISBN-13: 978-4806137405
人間 金子兜太のざっくばらん
 
PgUp 『金子兜太自選自解99句』
著者名:金子兜太
出版社:角川学芸出版
発行年:2012(平成24)年05月26日
言語:日本語
「海程」主宰、朝日俳壇選者である金子兜太氏の自選代表句99句を肉筆色紙からの印刷で収める自選自解集。兜太氏の自選による自解集は初めて。作句開始75年、俳誌「海程」の創刊50周年記念出版。
単行本: 206ページ
サイズ: 21.2 x 15.4 x 2 cm
ISBN-10: 4046525355
ISBN-13: 978-4046525352
金子兜太自選自解99句

▲PageTop 
PgUp 『語る 兜太』
副題名:わが俳句人生
著者名:金子兜太 黒田杏子
出版社:岩波書店
発行年:2014(平成26)年06月26日
言語:日本語
30年近く朝日俳壇の選者をつとめ、国民文芸としての俳句の普及に多大な貢献をした俳句界の巨匠が、克明につけ続ける日記を基に95年の生涯を振り返り、俳句とは何かを縦横に語った語り下ろし。生き方とともに、自らの俳句観や句作にあたっての姿勢や心得を思いを込めて語った貴重な証言。敬愛する人々への追憶(書き下ろし)や決定版自選百句、個人史年譜を併載。
単行本: 280ページ
サイズ: 19 x 13.2 x 2.8 cm
ISBN-10: 4000259822
ISBN-13: 978-4000259828
語る 兜太――わが俳句人生
 
PgUp 『私はどうも死ぬ気がしない』
副題名:荒々しく、平凡に生きる極意
著者名:金子兜太
出版社:幻冬舎
発行年:2014(平成26)年10月22日
言語:日本語
「私はどうも死ぬ気がしない。最近では、私は死なないのではないか、とすら思います――」「物心ついたころから十七音に、自分の生活のすべてをのせて生きてきました。日々起こること、感じることを、言葉にして口ずさみ、定型の音に収め、俳句を作ってきました」御年95歳にしてますます矍鑠たる俳人、金子兜太さんが過ごした大正昭和平成にわたる人生から生まれた本音を豊富に収録された俳句とともに語ったエッセイ。これからを生きる世代に効く「本音」が詰まっています。
単行本: 196ページ
サイズ: 17.2 x 11.6 x 1.2 cm
ISBN-10: 4344026667
ISBN-13: 978-4344026667
私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意

▲PageTop 
PgUp 『他界』
著者名:金子兜太
出版社:講談社
発行年:2014(平成26)年12月11日
言語:日本語
俳句界の最長老にして、「朝日俳壇」選者を30年つとめる御年95歳の俳人・金子兜太さん。今もお元気そのもので、2014年3月にはNHKで『94歳の荒凡夫 俳人・金子兜太の気骨』と題して、彼の生き様が1時間番組で放映されるなど、多くのファンを持つ存在です。金子さんは、壮絶な戦争体験や、92歳でのガン手術の克服などの体験を通して、「いのちは死なない」という実感を持つに至りました。他界では自分の親しい人が待っている、その交信を「立禅(立ちながら親しい人の名前を100人以上呼んで唱える)」を毎日して行っている。その親しい人が待っていて、いつか自分が行く世界についての考え方を金子さんは「他界説」と名付けました。これは、金子さんの95歳までの生き方を辿りながら、「生きること」と「死ぬこと」についての書き下ろし作品です。95歳まで生きた人の言葉の重みが、生老病死に思い悩む多くの読者の心に響く一冊。「他界説」は長生きの秘訣です!
単行本(ソフトカバー): 210ページ
サイズ: 18.4 x 13 x 2.2 cm
ISBN-10: 4062191393
ISBN-13: 978-4062191395
他界
 
PgUp 『あの夏、兵士だった私』
著者名:金子兜太
出版社:清流出版
発行年:2016(平成28)年08月04日
言語:日本語
今こそ、伝えたいあの戦場体験! トラック島、数少ない元兵士が語る、戦場の日常、非業の死、食糧難……反骨の俳人は、どのように戦後を生き現在を見るのか?「アベ政治を許さない」のプラカードに込めた意味とは?
単行本(ソフトカバー): 208ページ
寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4860294513
ISBN-13: 978-4860294519
あの夏、兵士だった私

▲PageTop 
PgUp 『存在者 金子兜太』
著者名:黒田杏子 金子兜太
出版社:藤原書店
発行年:2017(平成29)年03月25日
言語:日本語
“存在者"であること、平和であること。日野原重明氏(105歳)、ドナルド・キーン氏(94歳)、推薦!!
2015年度朝日賞を受賞、激戦地トラック島にあって、ありありと“存在者"であった戦友たちの記憶を語った俳句界の最長老、金子兜太。白寿を目前に、権力に決して侵されない生(=平和)を守るため、今なお精力的に活動を続ける、超長寿・現役俳句人生の秘訣とは? 俳人・黒田杏子が明らかに!
存在者 金子兜太
 




-  文学家 金子兜太  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on