なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/3/22(月)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止または、入場制限などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


112

陶芸家 十五代 坂倉 新兵衛(さかくら しんべえ)

< b.1949 -     >        
PgUp 『陶工房 (No.9(1998))』
副題名:萩焼十五代坂倉新兵衛の食の器をつくる
出版社:朋文社
発行年:1998(平成10)年06月
言語:日本語
ムック: 111ページ
寸法: 25.4 x 18.2 x 1 cm
ISBN-10: 4416898207
ISBN-13: 978-4416898208
陶工房 (No.9(1998)) (Seibundo mook) 萩焼十五代坂倉新兵衛の食の器をつくる
 
PgUp 『樂と萩』
著者名:樂吉左衞門 板倉新兵衛
出版社:世界文化社
発行年:2014(平成26)年09月20日
言語:日本語
「一樂二萩三唐津」と謳われるように、樂焼と萩焼は茶陶の最高峰として数寄者から古来、好まれてきました。その現当主が自らの系譜、焼きものとしての基本を解説します。そして……本書の見どころは、なんといっても本邦初公開! 異色コラボレーションから生まれた100碗の「誌上公開」です。樂吉左衞門さんが轆轤をひねり、坂倉新兵衛さんが手で捏ねて、お互いの茶碗を焼き上げます。炎が生み出した会心の作品の数々を愛でることができるのは本書だけです。この試みは、東京藝術大学時代からの長い友情から実現しました。樂さんが作った「萩焼」は樂の佇まい、坂倉さんの「樂焼」は萩を感じさせます。ふだんの茶碗作りとは異なる手法を通して、お互いへのリスペクト、プライドなどが垣間見える、直感的に面白い作品たちです。ぜひ、お楽しみください。
単行本: 208ページ
寸法: 24.2 x 18.4 x 1.6 cm
ISBN-10: 4418142347
ISBN-13: 978-4418142347
樂と萩
 


陶芸家 十五代坂倉新兵衛 登録数  
プロフィール経歴  1文献  2作品  0資料  0展覧会  0


-  陶芸家 十五代坂倉新兵衛  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2021 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.3m  To Home- on