なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


401

画家  岸田 劉生(きしだ りゅうせい)

< b.1891 - d.1929 >        
PgUp 『美の本体』
著者名:岸田劉生
出版社:河出書房
発行年:1941(昭和16)年
言語:日本語
単行本(ソフトカバー)323頁
ASIN: B078L3V13S
美の本体
 
PgUp 『歌舞伎美論』
副題名:悲劇喜劇選書W
著者名:岸田劉生
出版社:早川書房
発行年:1951(昭和26)年
言語:日本語
サイズ: 18.4 x 12.8 x 1.8 cm : 228ページ
ASIN: B000JB7BQQ
歌舞伎美論
 
PgUp 『岸田劉生 椿貞雄の回想から』
著者名:東珠樹
出版社:雪華社
発行年:1961(昭和36)年09月30日
言語:日本語
岸田劉生―椿貞雄の回想から (1961年)

▲PageTop 
PgUp 『劉生画集』
著者名:武者小路実篤
出版社:平凡社
発行年:1962(昭和37)年
言語:日本語
サイズ: 42.8 x 33 x 8.4 cm : 273ページ
ASIN: B000JAJ7XM
劉生画集
 
PgUp 『父岸田劉生』
著者名:岸田麗子
出版社:雪華社
発行年:1962(昭和37)年
言語:日本語
一連の代表作「麗子像」、そのモデルの回想記。三十八歳で世を去った天才画家岸田劉生を最も身近に見て育った娘が澄んだ眼で記す。
サイズ: 22 x 16 x 2.8 cm : 262ページ
ASIN: B000JAK2DQ
父岸田劉生

▲PageTop 
PgUp 『岸田劉生』
著者名:土方定一
出版社:日動出版部
発行年:1971(昭和46)年
言語:日本語
サイズ: 20.4 x 14.8 x 2.2 cm : 244ページ
ASIN: B000J93JWI
岸田劉生
 
PgUp 『近代の美術 8』
副題名:岸田劉生
著者名:富山秀男 佐藤泰三
出版社:至文堂
発行年:1972(昭和47)年01月01日
言語:日本語
雑誌: 110ページ
サイズ: 23 x 18.6 x 0.8 cm
ASIN: B00NPQ02Z4
近代の美術 8

▲PageTop 
PgUp 『現代日本美術全集 8 愛蔵普及版』
副題名:岸田劉生集
著者名:岡畏三郎
出版社:集英社
発行年:1973(昭和48)年05月
言語:日本語
現代日本美術全集 8 愛蔵普及版 (8) 岸田劉生集
 
PgUp 『岸田劉生とその周辺』
著者名:東珠樹
出版社:東出版
発行年:1974(昭和49)年
言語:日本語
岸田劉生とその周辺 (1974年)

▲PageTop 
PgUp 『劉生の死』
著者名:岩田礼
出版社:劉生の会
発行年:1975(昭和50)年08月31日
言語:日本語
サイズ: 22.6 x 16.4 x 2.4 cm : 234ページ
ASIN: B000J6K3SO
劉生の死
 
PgUp 『岸田劉生T』
副題名:近代画家研究資料
著者名:木村荘八 椿貞雄
出版社:東出版
発行年:1976(昭和51)年
言語:日本語
寸法: 22 x 16.2 x 1.8 cm 244ページ
ASIN: B000J8VQCY
岸田劉生〈1〉 (1976年) (近代画家研究資料)

▲PageTop 
PgUp 『浮世絵板画の画工たち』
著者名:岸田劉生
出版社:東出版
発行年:1976(昭和51)年
言語:日本語
サイズ: 23.6 x 16.4 x 3 cm : 241ページ
ASIN: B000J93FP4
浮世絵板画の画工たち
 
PgUp 『岸田劉生』
副題名:芸術選書
著者名:東珠樹
出版社:中央公論美術出版
発行年:1978(昭和53)年06月
言語:日本語
単行本: 148ページ
サイズ: 19.4 x 13.8 x 1.4 cm
ISBN-10: 4805508132
ISBN-13: 978-4805508138
岸田劉生 (芸術選書)

▲PageTop 
PgUp 『劉生絵日記』
副題名:〈第1巻 第2巻 第3巻〉新訂版
著者名:岸田劉生
出版社:竜星閣
発行年:1978(昭和53)年12月
言語:日本語
劉生絵日記〈第1巻〉 (1978年)劉生絵日記〈第1巻〉
劉生絵日記〈第2巻〉 (1979年)劉生絵日記〈第2巻〉
劉生絵日記〈第3巻〉 (1979年)劉生絵日記〈第3巻〉
 
PgUp 『岸田劉生晩景』
著者名:松本清張
出版社:新潮社
発行年:1980(昭和55)年10月
言語:日本語
貧窮のうちに死んだ祖母の骨壷を探しながら小倉を訪ね、往時を回想する鎮魂の自伝的小説「骨壷の風景」
画壇の主流に背を向け、荒んだ生活を送る天才画家。著者独自の鑑識眼を駆使して、卓抜したテクノロジスト岸田劉生の晩年の悲劇を解明した表題作。
老人の奥底にひそむ性と孤愁を生々しく描き出した「筆写」
画狂人の気負いと孤独を捉えた「北斎」など、その他「鳥羽僧正」の全5編を収める。
岸田劉生晩景 (1980年)

▲PageTop 
PgUp 『岸田劉生画集』
著者名:岸田劉生 梅原竜三郎
出版社:岩波書店
発行年:1984(昭和59)年05月31日
言語:日本語
写実主義を追求した劉生は、日本の近代を代表する画家である。麗子・於松像をはじめとする代表作を網羅し、油彩作品総目録などの資料も収録する本画集は、没後50年記念の限定特装版をもとにして提供する普及版である。
サイズ A3判/ページ数 173p
岸田劉生画集 (1984年)
 
PgUp 『岸田劉生』
副題名:岩波新書334
著者名:富山秀男
出版社:岩波書店
発行年:1986(昭和61)年03月
言語:日本語
「麗子像」「切通しの写生」などで有名な岸田劉生は,はじめ西洋に学びながら執拗に「内なる美」を追求することで,日本の油絵に前人未踏の境地を切り開いた.劉生の画業のダイナミックな変貌の軌跡をあとづけつつ,宗教的情熱と自己顕示欲,「白樺」的反省と人を驚かす奇矯な言動とが交錯する,謎の多い人間像に迫る.
サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
ISBN-10: 4004203341
ISBN-13: 978-4004203346
岸田劉生 (岩波新書334)

▲PageTop 
PgUp 『アサヒグラフ別冊 第44号』
副題名:美術特集:岸田劉生
著者名:岸田劉生
出版社:朝日新聞出版
発行年:1986(昭和61)年05月
言語:日本語
「麗子像」で有名な洋画家、岸田劉生。その38年の生涯と作品を解説した一冊です。
単行本: 98ページ
サイズ: 32.8 x 25.2 x 0.8 cm
ISBN-10: 4022700440
ISBN-13: 978-4022700445
アサヒグラフ別冊 第44号 美術特集:岸田劉生
 
PgUp 『岸田劉生/佐伯祐三 アート・ギャラリー・ジャパン』
副題名:20世紀日本の美術 ジャケット版 (15)
著者名:河北倫明 弦田平八郎 富山秀男
出版社:集英社
発行年:1987(昭和62)年02月20日
言語:日本語
西洋絵画に深く傾斜しながら、独特の油彩技法で濃密な日本美を表現した岸田。繊細な神経と激しい情熱で,異郷の都パリを描き続けた佐伯。大正の洋画壇に光る夭折の2天才。
大型本: 99ページ
寸法: 30.8 x 30.4 x 1.4 cm
岸田劉生/佐伯祐三 アート・ギャラリー・ジャパン/20世紀日本の美術 ジャケット版 (15) (アート・ギャラリー・ジャパン) (アート・ギャラリー・ジャパン 20世紀日本の美術)

▲PageTop 
PgUp 『父 岸田劉生』
副題名:中公文庫
著者名:岸田麗子
出版社:中央公論社
発行年:1987(昭和62)年10月
言語:日本語
劉生の画業のなかで、麗子像の占める位置はきわめて高い。最も身近に接して育った娘が、画家劉生の人と仕事を、私情に溺れることなくつづる愛惜の記。
文庫: 283ページ
寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
父 岸田劉生 (中公文庫)
 
PgUp 『芸術新潮 1991年 06月号』
著者名:新潮社
出版社:新潮社
発行年:1991(平成3)年06月
言語:日本語
特集:生誕百年、今掘り起こす 岸田劉生 劉生はどこがすごいのか、なぜすごいのか
雑誌: 152ページ
サイズ: 28.2 x 20.8 x 0.8 cm
ASIN: B00M8TS2TM
芸術新潮 1991年 06月号 [特集 岸田劉生]

▲PageTop 
PgUp 『岸田劉生と大正アヴァンギャルド』
著者名:北沢憲昭
出版社:岩波書店
発行年:1993(平成5)年11月19日
言語:日本語
「麗子像」で日本絵画史上に名を残す岸田劉生と、大正アヴァンギャルドのイデオローグ村山知義。古典回帰とアヴァンギャルドの間で自己の芸術を模索した芸術家たちを論じ、日本美術史の「モダン」を探る。
ハードカバー: 227ページ
サイズ: 19.8 x 14.2 x 2.2 cm
ISBN-10: 4000037285
ISBN-13: 978-4000037280
岸田劉生と大正アヴァンギャルド
 
PgUp 『岸田劉生随筆集』
著者名:酒井忠康
出版社:岩波書店
発行年:1996(平成8)年08月
言語:日本語
明治24年,ジャーナリスト岸田吟香の息子として生まれた岸田劉生(1891-1929)は,一連の麗子像を中心とする作品で,近代日本を代表する画家の1人となったが,文才にもめぐまれ,画論,随筆を数多くのこしている.明治・大正の銀座をしのぶ「新古細句銀座通」をはじめ,「デカダンスの考察」等19篇を収録.挿絵多数.
文庫: 335ページ
寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
岸田劉生随筆集 (岩波文庫)

▲PageTop 
PgUp 『岸田劉生 内なる美』
副題名:在るということの神秘
著者名:北沢憲昭 岸田劉生
出版社:二玄社
発行年:1997(平成9)年07月
言語:日本語
「いい画は皆、永遠の間に、夢の様にふっと浮かんでいる。」切り通しの遠い空、少女の謎めく微笑…静寂の底にくりひろげられる絵画との果てしれぬ対話。絵と言葉のスリリングな遁走曲がはじまる。美と存在の奥義に迫る画文集。
単行本: 125ページ
寸法: 22.8 x 18.8 x 2 cm
岸田劉生 内なる美―在るということの神秘 (Art & words)
 
PgUp 『岸田劉生』
副題名:新潮日本美術文庫
著者名:日本アートセンター
出版社:新潮社
発行年:1998(平成10)年02月
言語:日本語
単行本: 93ページ
寸法: 19.8 x 13.2 x 1 cm
岸田劉生 (新潮日本美術文庫)

▲PageTop 
PgUp 『岸田劉生』
著者名:瀬木慎一
出版社:東京四季出版
発行年:1998(平成10)年02月
言語:日本語
「麗子像」などで知られる著名な画家・岸田劉生。作品と日記を解読することにより、画家としてのパーソナリティや行動を分析し、周囲の人々との間に生じた複雑な明暗を描き出す。
岸田劉生
 
PgUp 『摘録 劉生日記』
著者名:岸田劉生 酒井忠康編
出版社:岩波書店
発行年:1998(平成10)年1月16日
言語:日本語
大正9年元旦,「今日より余は30歳となる.新しき心地幾らかする」と日記に書いた岸田劉生は,大正14年7月9日まで,1日も休まず克明に日記をつけた.劉生の日記の中で最も興味ぶかいこの時期の日記から摘録した本書は,志賀直哉との交遊,麗子像を描いた時のことなど,劉生の素顔が浮き彫りになる記事が多い.人名索引を付す.
文庫: 493ページ
摘録劉生日記 (岩波文庫)

▲PageTop 
PgUp 『大東京繁昌記』
副題名:毎日メモリアル図書館
著者名:高浜虚子 芥川龍之介 加能作次郎 田山花袋 岸田劉生
出版社:毎日新聞社
発行年:1999(平成11)年05月
言語:日本語
関東大震災のあと、東京はどう変わったのか。地縁ある作家がルポ、回想記、都市論など様々な視点から変貌する東京を捉える。昭和二年に東京日日新聞に連載されたシリーズ企画から高浜虚子など九人の作家による文章をまとめる。
単行本: 263ページ
寸法: 19 x 13.6 x 2 cm
大東京繁昌記 (毎日メモリアル図書館)
 
PgUp 『生誕110年 岸田劉生展』
副題名:展覧会図録
著者名:岸田劉生 愛知県美術館
出版社:東京新聞
発行年:2001(平成13)年
言語:日本語
岸田劉生における「写実」と「近代」 [酒井忠康]
カタログ
銀座時代=後期印象派の洗礼=1970年−1913年 解説:寺門臨太郎
代々木・駒沢時代=写実と内なる美= 1913年−1917年 解説:橋秀文
鵠沼時代=麗子と村娘= 1917年−1923年 解説:長門佐季
京都・鎌倉時代=東洋の美= 1923年−1929年
解説:牧野研一郎
岸田劉生年譜 [梶山孝編]
岸田劉生アルバム
岸田劉生文献目録 [平山淳編]
出品リスト
寸法: 29.6 x 22.6 x 1.8 cm 189ページ
岸田劉生展―生誕110年

▲PageTop 
PgUp 『週刊 日本の美をめぐる no.24』
副題名:岸田劉生 モダン・アートと個性
著者名:島本修二
出版社:小学館
発行年:2002(平成14)年
言語:日本語
製作へのゆるぎない情熱に彩られた大正の巨人 真摯なまなざしで描く 岸田劉生ものがたり 岸田の首狩り 日本画もうまい 麗子まんだら 輝く大正の個性
サイズ: 29.6 x 22 x 0.4 cm
ASIN: B00I4S80XO
週刊日本の美をめぐる no.24
 
PgUp 『初期肉筆浮世絵 絵入』
副題名:岩波美術書初版本復刻シリーズ
著者名:岸田劉生
出版社:岩波書店
発行年:2002(平成14)年02月20日
言語:日本語
近代日本の洋画家として独自の画境をひらいた岸田劉生。晩年宋元画や浮世絵に傾倒した彼が、浮世絵の本質は現代世相のリアルな描写であり、初期肉筆にこそ真に深い観照と卑近美があると論じる。大正15年初版の復刻版。
単行本: 150ページ
寸法: 23.4 x 16.2 x 2.8 cm
初期肉筆浮世絵―絵入 (岩波美術書初版本復刻シリーズ)

▲PageTop 
PgUp 『岸田劉生と現代』
副題名:内なる美をめぐって
著者名:薗部雄作
出版社:六花社
発行年:2003(平成15)年6月
言語:日本語
「内なる美」を核とした岸田劉生の画業と対面し、さらにその核をメスにかえ、劉生を裁いた日本の明治以後の前衛美術的体質を解剖、その病理を突き止め処方を出す。『地球』連載をまとめる。
単行本: 223ページ
寸法: 18.6 x 12 x 1.8 cm
岸田劉生と現代―内なる美をめぐって
 
PgUp 『うごく劉生、西へ東へ 後篇』
副題名:岸田劉生美術思想集成 (3)
著者名:岸田劉生
出版社:書肆心水
発行年:2010(平成22)年07月
言語:日本語
享年38歳、激しくうごくその制作と思索
近代性を卒業した美とは何か。東洋への回帰なのか、世界史的進化なのか。【後篇】 劉生30代、東西の美の内面的融合。「下品の美」とは何か。
単行本: 314ページ
寸法: 22.1 x 16 x 2.8 cm
うごく劉生、西へ東へ 後篇―岸田劉生美術思想集成 (3)

▲PageTop 
PgUp 『うごく劉生、西へ東へ 前篇』
副題名:岸田劉生美術思想集成 (1)
著者名:岸田劉生
出版社:書肆心水
発行年:2010(平成22)年07月
言語:日本語
享年38歳、激しくうごくその制作と思索
近代性を卒業した美とは何か。東洋への回帰なのか、世界史的進化なのか。【前篇】 劉生20代、近代性の習得と離脱。「内なる美」とは何か。
単行本: 316ページ
寸法: 22.1 x 16.1 x 2.8 cm
うごく劉生、西へ東へ 前篇―岸田劉生美術思想集成 (1)
 
PgUp 『岸田劉生 独りゆく画家』
副題名:別冊太陽 日本のこころ
著者名:酒井忠康
出版社:平凡社
発行年:2011(平成23)年06月27日
言語:日本語
肖像画《麗子像》を描き、強烈な自我を礎に独自の写実と美の世界を探求した大正期を代表する画家・岸田劉生。絵画作品のほか随筆・日記・美術論等、数多の文章をも収録し、“人間・劉生”を多面的に示す。
ムック: 175ページ
寸法: 28.8 x 22 x 1.2 cm
岸田劉生―独りゆく画家 (別冊太陽 日本のこころ)

▲PageTop 
PgUp 『花美術館 vol.21』
副題名:美の創作者たちの英気を人びとへ
出版社:花美術館
発行年:2011(平成23)年08月
言語:日本語
特集:岸田劉生
大型本: 191ページ
寸法: 29.8 x 23 x 1.2 cm
ISBN-10: 4881430815
ISBN-13: 978-4881430811
花美術館 vol.21―美の創作者たちの英気を人びとへ 特集:岸田劉生
 
PgUp 『生誕120周年記念 岸田劉生展』
副題名:公式図録
著者名:岸田劉生 酒井忠康 篠雅廣
出版社:大阪市立美術館
発行年:2011(平成23)年09月
言語:日本語
会期:平成23年9月17日(土)〜11月23日(水・祝)
会場:大阪市立美術館
重要文化財として名高い「麗子像」をはじめ、「岸田の首狩り」と評判になった肖像画、さらには風景画や静物画も数多く紹介した回顧展の図録。
サイズ:29.7×22.5cm 271ページ
ASIN: B00R8ZG9PA
生誕120周年記念 岸田劉生展 公式図録

▲PageTop 
PgUp 『「岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜」展』
副題名:公式図録
著者名:鍵岡正謹 酒井忠康 青木茂
出版社:毎日新聞社
発行年:2014(平成26)年02月
言語:日本語
岸田吟香関連の稀少資料多数と劉生の代表作、演劇人・画家として生きた麗子の足跡を紹介することで、岸田親子三代にわたる精神の系譜を探る展覧会の図録。
会期:2014/02/08〜2014/04/06 世田谷美術館
会期: 2014/04/18〜2014/05/25 岡山県立美術館
サイズ: 26.2 x 19.6 x 3 cm
ASIN: B0177F6Q9E
「岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜」展 公式図録
 
PgUp 『リアル(写実)のゆくえ』
副題名:高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの
著者名:土方明司 江尻潔 木本文平 山田真規子 土生和彦
出版社:生活の友社
発行年:2017(平成29)年04月10日
言語:日本語
「リアル(写実)のゆくえ」展の公式図録兼図書。
近年、ブームといえる写実絵画。果たして日本ではいつの頃から描かれてきたのか。またフェルメールやレンブラントといった西洋の写実絵画とは異なる日本独自の写実絵画はあるのか?「迫真に、物狂いに」描き続ける明治の高橋由一からはじまり大正の岸田劉生や、昭和の長谷川潾二郎、そして現代の作家たちの100点を超す作品をカラーで掲載し、本当の写実絵画とは何かを探ります。画家達が語る写実絵画についての言葉も必見。美術ファンから絵を描く作家まで、幅広く楽しんで頂ける内容です。
単行本(ソフトカバー): 320ページ
サイズ: 20.8 x 15 x 2.4 cm
ISBN-10: 4908429111
ISBN-13: 978-4908429118
リアル(写実)のゆくえ

▲PageTop 
PgUp 『もっと知りたい岸田劉生』
著者名:蔵屋美香
出版社:東京美術
発行年:2019(令和1)年08月31日
言語:日本語
日本近代洋画史上、不動かつ特異な位置を占める岸田劉生。絵画や文章の類稀な才能に恵まれ、38歳の若さで没しながら、同時代や後世の芸術家たちに多大な影響を与えました。本書では自画像、肖像画、風景画、静物画、そして麗子像……5つの視点から劉生の芸術を再検証し、日本近代の苦悩する知性に迫ります。
単行本: 80ページ
ISBN-10: 4808711451
ISBN-13: 978-4808711450
もっと知りたい岸田劉生
 




-  画家 岸田劉生  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on