なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2021/7/12(月)
緊急事態宣言・新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止または、入場制限などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


19

宗教家  慈雲 (じうん )

< b.1718 - d.1804 >        
PgUp 『雙龍片鱗』
副題名:慈雲尊者遺墨集
著者名:河野幸次郎
出版社:便利堂
発行年:1931(昭和6)年
言語:日本語
 
PgUp 『慈雲尊者』
副題名:生涯とその言葉
著者名:木南卓一
出版社:三密堂書店
発行年:1961(昭和36)年
言語:日本語
江戸時代後期の真言宗の僧侶。京都・奈良で顕・密・禅・律・儒など広く修学。戒律を重視し「正法律」(真言律)を提唱した。雲伝神道の開祖。能書家としても知られる。
ページ数:236p 22cm
ASIN ‏ : ‎ B000JAL7Z8
慈雲尊者―生涯とその言葉
 
PgUp 『慈雲尊者』
副題名:人と芸術
著者名:三浦康廣
出版社:二玄社
発行年:1980(昭和55)年01月
言語:日本語
単行本 ‏ : ‎ 339ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4544010233
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4544010237
慈雲尊者 (人と芸術)

▲PageTop 
PgUp 『特別展 慈雲尊者違芳展』
副題名:生誕二百七十年記念
著者名:東京美術青年会
出版社:東京美術青年会
発行年:1987(昭和62)年09月02日
言語:日本語
展覧会カタログ
会期・会場: 1987昭和62年9月2日-3日
於:東京美術倶楽部
画像197点 印譜集 297x210x15mm
ASIN ‏ : ‎ B01M3VX5OU
特別展 慈雲尊者違芳展
 
PgUp 『墨 第69号』
副題名:1987年11・12月号
著者名:酒井明
出版社:芸術新聞社
発行年:1987(昭和62)年12月
言語:日本語
【特別企画】慈雲尊者の書
ASIN ‏ : ‎ B07CL86HX1
墨 第69号

▲PageTop 
PgUp 『慈雲尊者墨蹟集成 全3冊』
著者名:慈雲 三浦康広
出版社:思文閣出版
発行年:1989(平成1)年07月
言語:日本語
幕藩体制下にあって固定的な空気に支配されていた当時の仏教界にあきたらず、梵語原典研究に邁進し、釈迦の教義の根源に迫った、江戸後期真言宗の高僧、求道と学識の人、慈雲飲光。その遺墨は常に護法の精神によって貫かれ、名利とは無縁の高い理想を掲げて精進した姿を偲ばせる。墨蹟609点を精選し、慈雲研究第一人者による解説を付した。
頁数:272・283・264頁
サイズ:37×26.5cm
ISBN-10 : 4784205632
ISBN-13 : 978-4784205639
慈雲尊者墨蹟集成 全3冊
 
PgUp 『梵字悉曇』
副題名:慈雲流の意義と実習
著者名:静慈円
出版社:朱鷺書房
発行年:1997(平成9)年11月
言語:日本語
古代インドに誕生し、中国を経て日本に伝来した梵字は、仏を表わす神聖な文字として尊ばれ、独自の意義を持つにいたった。江戸中期に慈雲尊者飲光の確立した筆法にもとづいて、その書写の基本から種子・真言の読み方、寺院用書式の書き方などを詳解。
単行本 ‏ : ‎ 316ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4886021727
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4886021724
梵字悉曇―慈雲流の意義と実習

▲PageTop 
PgUp 『真実の人 慈雲尊者』
副題名:釈尊ひとすじの生涯とその教え
著者名:上山春平 木南卓一 小松庸祐 岡村圭真 久馬慧忠
出版社:大法輪閣
発行年:2004(平成16)年03月
言語:日本語
江戸時代、お釈迦さまの正しい仏教を、命がけで守りぬいた日本人がいた。その人の名は、慈雲尊者。釈尊の根本仏教「正法」をかかげ、質素な衣を身にまとい、庶民にやさしく『十善法語』を語った聖僧の、生涯や教えのすべて!名筆家として知られる尊者の墨蹟も、口絵写真で紹介。
単行本: 173ページ
寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
真実の人 慈雲尊者―釈尊ひとすじの生涯とその教え
 
PgUp 『心の書 慈雲尊者 [図録]』
副題名:特別展 二百年遠忌記念
著者名:大阪市立美術館 佐野美術館
出版社:読売新聞大阪本社
発行年:2004(平成16)年04月
言語:日本語
2004年は、大阪出身の高僧、慈雲尊者(じうんそんじゃ)の没後二百年にあたります。これを記念して、墨蹟を中心に尊者の遺徳と芸術を顕彰する展覧会を開催します。 慈雲尊者(1718−1804)は、名を飲光(おんこう)といい、葛城山人(かつらぎさんじん)、 百不知童子(ひゃくふちどうじ)などの号があります。当時の混迷した仏教界にあって、釈迦の説いた仏道の原点への回帰を目指すべき正法律(しょうぼうりつ)を提唱しました。その教えは人のあるべき姿を端的に示したので、大坂商人など多くの人々の共感を呼び、尊敬を集めました。 尊者は書法にも優れ、高い精神が溢れ出た多くの名作を遺しました。この展覧会では、漢字の大字作品をはじめ、小字の和歌や梵字作品のほか、草稿・扁額(へんがく)・石刻など、その書法の多様な姿を取り上げます。また尊者の御影(みえい)・遺品や、ゆかりの法楽寺・高貴寺などに所蔵される仏教美術の名宝も併せて展観いたします。尊者の生涯を偲びつつ、その「心の書」に触れていただきたく存じます。
会期:平成16年4月20日(火)〜5月30日(日)
会場:大阪市立美術館
ASIN ‏ : ‎ B01LTIP9LQ
心の書 慈雲尊者 [図録]

▲PageTop 
PgUp 『高貴寺所蔵 慈雲の書』
著者名:東京国立博物館
出版社:東京国立博物館
発行年:2004(平成16)年11月
言語:日本語
慈雲(1718〜1804)は江戸時代の真言宗の僧です。この展示は、慈雲の没後200年を記念し、彼がその老年期を過ごした高貴寺所蔵の作品による特集陳列です。慈雲の代表的な著作「梵学津梁」をはじめとする梵学関係の自筆の著作や梵字の作品、また求めに応じて揮毫した語や和歌を展示いたします。
会期:2004年11月2日(火) 〜 2004年12月12日(日)
会場:東京国立博物館
 
PgUp 『慈雲尊者神道著作全集』
副題名:復刻版
著者名:慈雲 長谷寶秀
出版社:八幡書店
発行年:2009(平成21)年09月18日
言語:日本語
大正年間に刊行された「慈雲尊者全集」から第10輯「神道篇」を復刻。慈雲は江戸中期の真言宗の学僧。悉曇(古代サンスクリット)研究で業績を残すが、晩年は神道に傾倒して「葛城山人」と号し、雲伝神道を唱えた。両部神道の系譜をひきながら、儒仏による神道解釈を批判し「万国道を建てる者、我神国より分付せる枝葉なり」と論じた側面から、神道学的には同時代の本居宣長と対比して評価されてきたが、それ以上に論じられることはなかった。だが、本書を精読すれば雲伝神道の真骨頂は十種神宝の伝をふくむ秘教的なプラクティスにあることが了解され、なぜニギハヤヒ降臨伝承のある磐船神社が雲伝神道の根本道場と定められたのかも了解されよう。
単行本 : 1126ページ
ISBN-10 : 4893506641
ISBN-13 : 978-4893506641
慈雲尊者神道著作全集

▲PageTop 
PgUp 『慈雲尊者書』
著者名:三浦康廣
出版社:二玄社
発行年:2009(平成21)年10月
言語:日本語
慈雲尊者の研究顕彰に携わる編者が、慈雲尊者の思想の流露ともいうべき遺墨の一転一点を拾い上げ、その精粋を収める。
大型本 ‏ : ‎ 127ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 454401395X
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4544013955
慈雲尊者書
 
PgUp 『慈雲尊者に学ぶ『正法眼蔵』』
副題名:「現成公案」巻
著者名:小金丸泰仙
出版社:大法輪閣
発行年:2009(平成21)年11月
言語:日本語
釈尊の正法を護持し、釈尊に帰れと叫んで江戸時代の仏教を復興した学徳兼備の聖僧・慈雲尊者。尊者を慕う真言僧が宗派の枠を超えて、仏教の根幹を念頭におきつつ、尊者の教えに聞き、確かめながら誠実に素直に『眼蔵』の重要巻を読み解く。『正法眼蔵』と慈雲尊者の法語の重なり。新たな視点からの読解。
単行本 ‏ : ‎ 211ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4804612920
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4804612928
慈雲尊者に学ぶ『正法眼蔵』―「現成公案」巻

▲PageTop 
PgUp 『律から密へ』
副題名:晩年の慈雲尊者
著者名:秋山学
出版社:春風社
発行年:2018(平成30)年05月16日
言語:日本語
江戸時代の真言宗の高僧、慈雲尊者飲光はいかに『妙法蓮華経』を受容したのか。筑波大学附属図書館で2010年に発見された最晩年の直筆本『法華陀羅尼略解』をもとに慈雲の思想を再検討。慈雲における密教と顕教の合一を明らかにする。
単行本 ‏ : ‎ 398ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4861106001
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4861106002
律から密へ―晩年の慈雲尊者
 
PgUp 『十善法語』
副題名:改訂版
著者名:小金丸泰仙 慈雲尊者
出版社:大法輪閣
発行年:2018(平成30)年06月11日
言語:日本語
江戸時代の学徳兼備の聖僧・慈雲尊者!その教えの真髄を、豊富な脚注と見出しを付け、読みやすい形で初めて刊行!単なる十善戒の解説ではなく、道徳を、さらには仏教という枠をも超えていこうとする人間の真の生き方がここに示される。
単行本 : 438ページ
ISBN-10 : 4804614044
ISBN-13 : 978-4804614045
十善法語〈改訂版〉

▲PageTop 
PgUp 『慈雲尊者 その生涯と思想』
副題名:岡村圭真著作集第二巻
著者名:岡村圭真
出版社:法藏館
発行年:2019(令和1)年09月13日
言語:日本語
ひたすらに正法の護持をめざし、「徹底した復古主義者」とされる慈雲尊者。近世中期の戒律復古運動の中核をなした慈雲尊者の足跡を辿り、その思想と魅力に迫る。
単行本 : 346ページ
ISBN-10 : 4831856916
ISBN-13 : 978-4831856913
寸法 : 21 x 14.8 x 2.5 cm
慈雲尊者 その生涯と思想
 
PgUp 『慈雲尊者の『十善法語』を読む』
副題名:現代語訳と解説
著者名:小金丸泰仙
出版社:大法輪閣
発行年:2020(令和2)年04月07日
言語:日本語
「人の人たる道は、この十善にあるじゃ」“日本の小釈迦”と言われた慈雲尊者が説く生と死、人生の意味、人として生きる本当の楽しみ!仏教・儒教・神道の融合と超出、その深遠な『十善法語』の全貌を初めて明かす。
単行本 ‏ : ‎ 301ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4804614249
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4804614243
慈雲尊者の『十善法語』を読む

▲PageTop 
PgUp 『慈雲尊者の仏法』
副題名:この世のまことを生きる (NHKシリーズ NHK宗教の時間
著者名:小金丸泰仙
出版社:NHK出版
発行年:2020(令和2)年09月25日
言語:日本語
慈雲のことばの特徴は、たとえば「人は人となるべし/この人となりて/神ともなり仏ともなる」(人はまず人間らしく生き、人となってこそ、成仏ができるのだ)とあるように、わかりやすく、教えを説くところにある。本書では、知られざる名僧・慈雲尊者研究の第一人者である著者が、慈雲が大衆向けの伝導のことばとして遺した法語集『十善法語』『人となる道』を繙きながら、釈尊の教えをまとめた最古の経典『スッタニパータ』とも照合し、慈雲の法語を引用し、「人とは何か」「人間の生きざまとは」「自然や物と心との関係」といった、さまざまな人生の諸課題について考えるヒントを示す。
ムック ‏ : ‎ 200ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4149110212
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4149110219
慈雲尊者の仏法
 
PgUp 『聚美 Vol.37』
副題名:2020 AUTUMN
著者名:高橋利郎
出版社:聚美社
発行年:2020(令和2)年11月
言語:日本語
特集:慈雲尊者の墨跡
大型本 ‏ : ‎ 112ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4885463882
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4885463884
聚美 Vol.37

▲PageTop 




-  宗教家 慈雲  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2021 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.18.6m  To Home- on