なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容



  


2

文学家  奈良 文夫(なら ふみお)

< b.1936 - d.2018 >        
PgUp 『芯の紅 句集』
副題名:平成の100人叢書
著者名:奈良文夫
出版社:本阿弥書店
発行年:2010(平成22)年07月
言語:日本語
句歴五十年余、常に胸中で念じているのは「あせるまじ冬木を切れば芯の紅」— 詩兄・香西照雄のこの句である。ひとりの俳人として、人間として、改めてこう念じつつこれからも行くほかはない。
単行本: 201ページ
サイズ: 19.4 x 13.6 x 2 cm
ISBN-10: 4776807157
ISBN-13: 978-4776807155
芯の紅―句集 (平成の100人叢書)
 
PgUp 『急磴 句集』
著者名:奈良文夫
出版社:ウエップ
発行年:2016(平成28)年07月
言語:日本語
薄氷を押す白鳥の厚き胸 母の忌やなほも余震の夕桜 地を叩き草を叩いて捕虫網 ぶだう食む賜しいのちの粒を食む 平成22年から27年までの389句を収めた第6句集。
単行本: 214ページ
サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
ISBN-10: 4866080248
ISBN-13: 978-4866080246
急磴 句集
 




-  文学家 奈良文夫  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2018 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.3m  To Home- on