なまえで検索  現存 物故
 


トップログイン 
  TopPage新着情報
     今後の展覧会
     新着文献情報
     新着作品情報
     開催中展覧会
     明日誕生作家
  Artists List作家一覧
     プロフィール
     経   歴
     文   献
     作   品
     資   料
     展覧会
  KeyWord詳細検索
  DataCount登録情報
  Notes凡例内容

おしらせ     
2020/2/28(金)
新型コロナウィルス感染拡大防止のため美術館・博物館・画廊などの臨時休館・企画展変更中止などがございます。詳細は公式サイトなどでご確認ください。




  


7

写真家  砂守 勝巳(すなもり かつみ)

< b.1951 - d.2009 >        
PgUp 『カマ・ティダ』
副題名:大阪西成
著者名:砂守勝巳
出版社:アイピーシー
発行年:1989(平成1)年01月
言語:日本語
沖縄生まれの写真家砂守勝己の写真集「カマ・ティダ -大阪西成-」。
単行本: 157ページ
サイズ: 19 x 12.8 x 1.8 cm
ISBN-10: 4871987906
ISBN-13: 978-4871987905
カマ・ティダ―大阪西成
 
PgUp 『オキナワン・シャウト』
副題名:蒼海を越えたカメラ
著者名:砂守勝巳
出版社:筑摩書房
発行年:1992(平成4)年07月
言語:日本語
フィリピン人を父に持つ著者は、父に逢いたい一心でプロボクサーになる。しかし、フィリピン遠征の夢は挫折。その後、三十年ぶりに訪れた沖縄で、ハーフのロックシンガーたちに出会う。父を求める彼らの姿に、己の血の騒ぎを聞いた著者は、自らも父を探しにフィリピンへと旅立ってゆく。沖縄戦後史を鋭く撃つ、渾身の〈私〉ルポルタージュ。
単行本: 222ページ
サイズ: 19 x 14 x 1.8 cm
ISBN-10: 4480813179
ISBN-13: 978-4480813176
オキナワン・シャウト―蒼海を越えたカメラ
 
PgUp 『漂う島とまる水』
著者名:砂守勝巳
出版社:クレオ
発行年:1995(平成7)年08月
言語:日本語
著者が生まれた屋富祖の町並み、子どものころよく釣りをした名瀬湾、8歳の時から会っていない父親の故郷、マニラ。1987〜91年までに撮影した、沖縄、奄美、フィリピンの風景と人々。
大型本: 114ページ
サイズ: 30.2 x 23 x 2.4 cm
ISBN-10: 4906371884
ISBN-13: 978-4906371884
漂う島とまる水

▲PageTop 
PgUp 『オキナワ紀聞』
副題名:双葉社スーパームック
著者名:砂守勝巳
出版社:双葉社
発行年:1998(平成10)年06月
言語:日本語
人はなぜ、かくも琉球に魅せられるのか。一人一人が違う人生を送りながら、宿命的にこの島にたどりついた男女5人の物語。国籍も性別も、世代も越えたオキナワン・ニューウェーブをカメラとペンで活写する。
サイズ: 21 x 15 x 2.4 cm
ISBN-10: 4575470961
ISBN-13: 978-4575470963
オキナワ紀聞 (双葉社スーパームック)
 
PgUp 『スキャンダルはお好き?』
著者名:砂守勝巳
出版社:毎日新聞社
発行年:1999(平成11)年10月
言語:日本語
覗け、撮れ、暴け。プライバシーなんて、どうでもいい。写真週刊誌全盛期「鬼」と呼ばれた突撃カメラマンが、今だから明かす赤裸々な「密撮」の記録。
単行本: 293ページ
サイズ: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm
ISBN-10: 4620313718
ISBN-13: 978-4620313719
スキャンダルはお好き?

▲PageTop 
PgUp 『沖縄シャウト』
著者名:砂守勝巳
出版社:講談社
発行年:2000(平成12)年02月
言語:日本語
父よ、あなたに逢いたい!少年時代に消えた父を求め、ぼくは2つの海を渡った。感動の実話。母と8歳のぼくを残し、30年前父は姿を消した。リングの上で栄光を掴めば、父を探せる。そう思い定め、ぼくはプロ・ボクサーになった。しかし挫折。いったんは父への思いを断ち切った。だが、父に逢いたい。そしてぼくは海を渡った。圧倒的リアリティで胸に迫る感動の実話。(『オキナワン・シャウト』改題)
文庫: 258ページ
サイズ: 15 x 11 x 1.2 cm
ISBN-10: 4062648172
ISBN-13: 978-4062648172
沖縄シャウト
 
PgUp 『沖縄ストーリーズ』
副題名:ヴィレッジブックス+
著者名:砂守勝巳
出版社:ソニーマガジンズ
発行年:2006(平成18)年01月
言語:日本語
風が、匂いが、沖縄の"何か"が呼んでいる!心惹き寄せられて住み着いた6組の男と女の物語。自分の根っこを追い求めながら南の島を歩き回っていたカメラマンが、沖縄で出会った長期滞留者たち。世代もさまざま、事情もそれぞれ、ナイチャーも外国人もいれば、舞い戻ったウチナンチュもいる。何が彼らをこの島に呼んだのか。なぜこの島を第二の故郷としたのか。やがては自らも沖縄に移住するカメラマンが、出会うべくして出会い、素で触れ合った6組の人間像を活写する。
※本書は1998年6月に『オキナワ紀聞』として双葉社から刊行された書籍を大幅に加筆・修正・改題したものです。「たぼ美の話」は、2003年に琉球新報に連載されたエッセイ「レンズ眼」の「男でもなく女でもなく」をもとに、新たに加えました。
文庫: 223ページ
サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
ISBN-10: 478972736X
ISBN-13: 978-4789727365
沖縄ストーリーズ (ヴィレッジブックス+)

▲PageTop 




-  写真家 砂守勝巳  文献  -

ログインできます  



検索
PR








     - Copyright©2002-2020 Gallery PLIKRE-I. All Rights Reserved. Art-Directory Artis Japan  Ver.2.17.8m  To Home- on